Zaif、日本円で約67億円相当のハッキング被害…経緯と今後の対応を発表

0
2

テックビューロは、同社が運営する仮想通貨取引所「Zaif」で発生している仮想通貨の入出金停止に関して、これまでの経緯と今後の対応を公開しました。

同社は、9月14日17時頃~19時頃までの間、Zaifの入出金用のホットウォレットを管理するサーバに外部から不正アクセスがあり、ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されたと発表。

ハッキング被害により失った仮想通貨は「BTC 5966」「MONA 現在調査中」「BCH 現在調査中」となっており、損失の総額は日本円で約67億円相当(MONA、BCHを含む)と思われます。消失した約67億円相当の仮想通貨のうち、同社固有の資産は約22億円相当、顧客の預かり資産に相当する仮想通貨が約45億円です。

被害数量が確定できていない仮想通貨は、二次被害を防ぐため、確実な安全性の確認ができるまでサーバを再稼働させていないことが原因と発表。消失仮想通貨の数量が確定でき次第、報告するとしています。

同社では、9月17日にサーバ異常を検知し、18日にはハッキング被害が確認されたため、財務局への報告、捜査当局への被害申告等を行ったとのことです。現在、仮想通貨の入出金のシステム再稼働に向けて、セキュリティのチェック・強化、サーバの再構築等を行っています。

また、9月20日にフィスコのグループ企業であるフィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、同社に50億円を提供する金融支援、同社株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣を検討する基本契約を締結。カイカとも、セキュリティ向上のための技術提供を内容とする基本契約を締結しています。

今後、カイカの技術者によるサポートを受けながら、システムの再構築を目指すとのこと。なお、仮想通貨の入出金再開日は未定です。顧客の資産に関しては、フィスコデジタルアセットグループから提供される資金によって消失した仮想通貨を調達するとしています。