xm-historicaldata-title

【XM】MT4から「ヒストリカルデータ」のダウンロード手順

XMでは、MT4を使った自動売買が可能です。

自動売買のロジックを過去検証するのに使うのが「ヒストリカルデータ」になります。

もちろん、有料のバックテストソフトを使って、過去チャートでトレード練習にも必須です。

今回は、ヒストリカルデータのダウンロード手順を解説します。

ヒストリカルデータとは?

ヒストリカルデータとは、過去のチャート記録になります。
価格の推移だけでなく、ローソク足の細かい動きまでの記録です。

なので、単純に静止画として過去チャートを見るだけでなく、当時の価格がどのように動いたか?までを再現できます。

ヒストリカルデータは、あくまでチャートの記録です。
冒頭で申し上げた通り、有料のバックテストソフトが必要になります。

MT4からヒストリカルデータをダウンロードする流れ

  1. ヒストリカルデータの期間設定
  2. ヒストリカルデータの使用許可
  3. ヒストリカルデータをダウンロード

ヒストリカルデータをダウンロードするまで流れは上記の通り。
PCの作業としては、2分程度で終わります。

ダウンロード元は、XMではなくクォンツ社(MT4の開発元)です。
お使いのネット回線によっては時間が掛かる可能性があります。

また、XMとクォンツ社の提供チャートでは微妙なレート差があるので注意です。
スプレッドやカバー銀行による微々たる差で、相場の展開は同じになります。

【ダウンロード前に】ヒストリカルデータの期間設定

ヒストリカルデータをダウンロードする前に、「ヒストリカルデータの期間設定」を行います。

デフォルト設定だと、期間が少なくなっており、ごく短期間のチャート記録しか保存できません。

また、ヒストリカルデータのダウンロードは許可設定も必須です。

  • ヒストリカルデータの期間設定
  • ヒストリカルデータの許可設定

ダウンロード前に2つの作業をします。

ヒストリカルデータの期間設定

xm-historicaldataー1

MT4を起動し、「ツール」→「オプション」をクリックしましょう。

xm-historicaldataー2

オプションの設定画面です。
タブから「チャート」を選択します。

xm-historicaldataー3

「チャートの最大バー数」を変更します。

こちらは、チャートで一度に読み込む最大のローソク足の本数です。
ヒストリカルデータを出力する際に、「チャートの最大バー数」と同じ分が反映されます。

xm-historicaldataー4

最大のローソク足を表示させるのは簡単です。
「99999999999」と、チャートの最大バー数へ入力し、エンターキーを押します。

※自動的にオプション画面が閉じます。

xm-historicaldataー5

もう一度「ツール」→「オプション」と開いてみましょう。

xm-historicaldataー6

チャートの最大バー数が、自動的に最大値で適応されます。

この数字をヒストリーデータにも適応させましょう。

xm-historicaldataー7

チャートの最大バー数をコピーしましょう。

xm-historicaldataー8左側にある「ヒストリー内の最大バー数」へ貼り付けましょう。

これで、リアルタイムチャートだけでなく、ヒストリカルデータにも全てのローソク足チャートが適応されます。

ヒストリカルデータの許可設定

ヒストリカルデータをダウンロードできうよう、許可設定を行います。

xm-historicaldataー9

まずは「オプション画面」を開きましょう。

xm-historicaldataー10

タブから「エキスパートアドバイザ」を選択します。

xm-historicaldataー11

2つのチェック項目に許可を入れます。

「自動売買を許可する」
「DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)」

上記の項目にチェックを入れましょう。

こちらの作業が抜けていると、自動売買や過去検証ツールでヒストリカルデータが使えません。

ヒストリカルデータをダウンロードする

ヒストリカルデータをダウンロードする前の準備を解説しました。
それでは、MT4からヒストリカルデータを実際にダウンロードしましょう。

xm-historicaldataー12

ヒストリカルデータをダウンロードするには、まず「ツール」→「ヒストリーセンター」をクリックしましょう。

xm-historicaldataー13

ヒストリカルセンターの画面が表示されます。
XMの銘柄リストが表示されるので、「ヒストリカルデータが欲しい銘柄」を選択しましょう。

xm-historicaldataー14

銘柄をクリックすると、時間足の設定ができます。

銘柄、時間足を選択したら「ダウンロード」をクリックしましょう。

xm-historicaldataー15

ヒストリカルデータのダウンロードが始まります。
(緑色のゲージが満タンになるのを待ちます)

ダウンロードが完了すると、MT4のデータフォルダに「銘柄名.hst」のファイルが出ます。

こちらがヒストリカルデータです。

まとめ

今回は「【XM】MT4から「ヒストリカルデータ」のダウンロード手順」のテーマでした。

XMのように、MT4に対応しているFX業者なら同様の手順でヒストリカルデータを入手できます。

無料で過去チャートを入手し、自動売買や過去検証に取り組みましょう。
ちなみに、XMはMT4を使った自動売買を公認しており、無料で利用できます。

カテゴリー: XM