xm-app-title

【便利】XM専用アプリの使い方!スマホ特化の取引ツール。

海外FX業者XM(エックスエム)では、スマホからFX取引が可能です。

  • アプリ版MetaTrader4(MT4)
  • アプリ版MetaTrader5(MT5)

通常は、海外FX業者なら上記の2種類でスマホから取引できるというのは当たり前。
<mark>XMでは、さらに「XM専用アプリ」があり、快適にスマホで取引可能です。</mark>

今回は、XM専用アプリをダウンロード~実際の取引までの使い方をまとめました。

XM専用アプリの取引は「MT5口座」が必須

XM専用アプリだからと言って難しい手順は不要です。
他の一般アプリと同様に、アプリストアからダウンロードして使います。

<span class=”txt_red”>唯一、他のアプリと違うのは「XMのMT5口座を連携させる必要がある」という事です。</span class=”txt_red”>

大前提として、取引で使えるのはXMのMT5口座のみ。
XM専用アプリと連携させる事で、スマホから取引を可能にしています。

口座管理等は、MT4口座も可能ですが取引ができるのは「XMのMT5口座」のみと覚えましょう。

XM専用アプリの使い方【ダウンロード~口座連携】

xm-app-1✓アプリストアで「XM専用アプリ」を入手
→iOSの端末ならAppStoreから「XM」と検索
→Android端末ならPlayストアから「XM」と検索

XM専用アプリをお使いの端末のアプリストアからダウンロード&インストールしましょう。

アプリ名「XMTrading – Tradexfin」開発元は「Tradexfin Limited」がXM専用アプリです。それ以外で、XMと名前にあるアプリもあるので注意しましょう。

xm-app-2✓XM専用アプリにログインする(MT5口座と連携)
XM専用アプリは初回起動だとこのように表示されます。
一番下の「ログインする」をタップしましょう。

xm-app-3次の画面では「MT5で取引」をタップします。
「会員ページ」は、XMの口座で資金移動等を行う場合に使います。

xm-app-4以下の情報を入力してログインしましょう。
・MT5 ID→PC版のMT5口座と同じ口座番号を入力
・パスワード→PC版のMT5と同じログインパスワード

アプリ専用に口座を作る必要はなく、MT5口座ならスタンダードでも、ゼロ口座でもOKです。

FaceID対応のスマホならONにしておくと次回から入力不要でログインできます。

XM専用アプリで取引する方法

XM専用アプリで取引する方法を解説します。
とは言え、操作感はMT4・MT5と似ているので簡単です。

xm-app-5

取引したい通貨ペア・銘柄を「気配値表示」から選んでタップしましょう。
<span class=”txt_red”>※気配値一覧にない場合は、下部の「銘柄」から追加できます。</span class=”txt_red”>

xm-app-6

一番上の赤色ボタンがクイック発注の画面になります。
成行ですぐに取引したい場合は、売りor買いをタップしましょう。

中心に表示されているのは「スプレッド」です。
MT4・MT5のアプリでは、注文画面だけに表示されますが、XM専用アプリはリアルタイムでチャートと一緒に表示できます。

指値注文については、右下のプラスボタンから設定可能です。

XM専用アプリは全口座の管理もできる

XM専用アプリは全口座の管理ができます。
取引自体はMT5口座のみですが、口座管理については全口座が対応です。

xm-app-7
最初の画面で「ログインする」を選択後、「会員ページ」をタップしましょう。
既に、MT5口座でログイン中の場合は、一旦設定からログアウトする必要があります。

xm-app-8「本サイトはクッキーを利用します」と表示されるので「続行する」をタップしましょう。

xm-app-9

MT4/MT5の口座へログインしましょう。

基本的には、ブラウザでXM公式サイトを表示しているのと同じです。
したがって、使い方も普段のPC版サイト・スマホのブラウザと使い方も変わりません。

わざわざアプリ経由で口座管理をするのは「キレイにサイトが表示できる」からです。

XMの公式サイトはスマホによっては、文字がズレで表示されます。
アプリから表示した場合、ズレがなく見やすい仕様です。

XM専用アプリのメリット・デメリット

✓XM専用アプリのメリット
FXアプリの中でもトップクラスに機能が豊富
レイアウトが見やすい

✓XM専用アプリのデメリット
横画面でしかラインが表示できない
MT4口座だと取引できない

XM専用アプリのメリット・デメリットは上記の通りです。

必ずしも、XM専用アプリを使って取引するといったルールはありません。
アナタ自身が一番使いやすい環境でトレードするのが正解です。

個別にXM専用アプリのメリット・デメリットを解説します。

FXアプリの中でもトップクラスに機能が豊富

xm-app-10XM専用アプリは、スマホから取引できるFXアプリの中でも機能性に優れています。

分かりやすいのはインジケーターの種類です。
<mark>全90種類のインジケーターが採用されており、どんな手法・取引スタイルにも適応します。</mark>

例えば、MT4・MT5のアプリでは3分の1程度しかインジケーターがありません。

PC版と違い、カスタムインジケーターがなく、アプリでは後で欲しいテクニカルツールを追加する事ができません。

ようするに、アプリでは標準搭載のインジケーターが全てです。

XM専用アプリのインジケーターは国内・海外のFX業者を問わず、トップクラスの豊富さがあります。

レイアウトが見やすい

xm-app-11XM専用アプリは、スマホから取引するリアルな環境を考えて作られています。

なぜなら、各種情報のレイアウトが実用的に配置されているからです。

例えば、注文画面の右上「ステータス」のボタンを押すと、チャート画面と同時に証拠金残高や証拠金維持率を確認できます。

これは、アプリ版のMT4・MT5にはない機能です。

PC版だと当たり前の機能ですが、口座の状況をリアルタイムで確認しながら発注ができるので便利。

横画面でしかラインが表示できない

横画面・縦画面でチャートを表示できるXM専用アプリ。
縦画面だと、水平線やトレンドラインといった描いたオブジェクトが表示されない欠点があります。

とは言え、多くのトレーダーは縦長より、横長でチャートを分析するので致命的なデメリットとはなりません。

ちなみに、横画面に戻すとオブジェクトが再表示されます。
描いたラインが消えるといった問題はありません。

MT4口座だと取引できない

MT4口座だと、XM専用アプリでは取引ができない仕様です。
もちろん、普通にMT4のアプリ版を使えば解決できます。

とは言え、旅行や出張でスマホのみで取引するシチュエーションではXM専用アプリの方が機能的には使いやすいです。

口座管理で、MT4口座からMT5口座に資金を移動させて使うといった方法もあります。
XMでは、口座間の資金移動は手数料無料で即時反映です。

XM専用アプリから資金移動も、MT5口座を追加で開設できるので利用しましょう。

まとめ

今回は「【便利】XM専用アプリの使い方!スマホ特化の取引ツール。」のテーマでした。

この記事をまとめると

  • XMのスマホアプリは3種類ある。「アプリ版MT4・MT5」「XM専用アプリ」
  • XM専用アプリで取引できるのはMT5口座のみ
  • XM専用アプリは、機能が多く・スマホに特化した取引環境

私自身は、PCを使って取引する時間が9割です。
とは言え、外出先でトレードする場合や相場のチェックをする機会もあります。

スマホだからと言って不便が多く、環境の違いを理由に負けるのは避けたいです。
PCorスマホどちらでも、勝ったお金・負けたお金は同じです。少しでもスマホのトレード環境を良くしたいなら、XM専用アプリは有効活用すべきでしょう。

カテゴリー: XM