TIS、カード業界コンソーシアムの分散台帳技術を活用した実証実験の開発パートナーに

0
13

TISは、「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム(カードコンソーシアム)」が開始する分散台帳技術(DLT)を活用した不正に関する情報共有についての実証実験(PoC)に、開発パートナーとして参画することを発表しました。

実証実験では、分散台帳技術を活用し、カード取引での不正に関する情報を関係者間でリアルタイムに共有して不正被害の拡大防止を目指します。分散台帳基盤には、米国のエンタープライズ・ブロックチェーン企業「R3 HoldCo LLC」のプラットフォーム「Corda」を採用し、Cordaを活用した分散台帳基盤の開発をTISが担当。セキュリティと利便性・拡張性の高い情報共有システムを構築するとのことです。

Cordaは、必要な当事者にのみ、必要な情報を共有することができる分散台帳技術で、今回の実証実験では参加カード会社間で情報を共有します。将来的には、カード取扱加盟店や決済代行事業者(PSP)など幅広い当事者への情報共有も想定しており、これらの事業体ごとに適切な範囲・内容で情報を共有することで、不正取引の未然防止により効果を発揮します。

TISでは今後、カード業界のみならず、様々な産業領域で分散台帳技術を利用した事業戦略の策定やシステム開発を支援していくとのことです。