Social Good、明治大学と寄付先選定にAIを活用する共同研究を開始

0
67

Social Good Foundation Inc.は、消費者が買い物をする度に社会貢献団体に自動的に寄付する仕組みの共同研究を明治大学の高木友博教授と開始しました。

共同研究では、Social Good エコシステム内で利用するアルゴリズムを開発。Social Good エコシステムは、SocialGoodの保有者がSocial Good加盟企業で買い物をするたびに、購買額の一部に相当する額を自動的に仮想通貨SocialGoodで社会貢献団体に寄付し、SNSでその行いを拡散する仕組みを搭載しています。

共同研究により、SNS上での反響を解析し、寄付行為によって本人の「精神的満足」や「社会的評価の向上」につながる最適な寄付先の選定をAIが自動的に行うアルゴリズムを高木友博明治大学教授と開発していきます。AIを社会貢献団体への寄付先選定に活用するのは、世界でも例を見ない試みです。

今回の開発に関係する複数のビジネスモデル特許は2018年9月に国際申請済みで、共同開発の成果は2019年度中にSocial Good エコシステムに実装される予定です。