PoliPoli、福岡市長選挙に向けて西日本新聞と連携

0
5

PoliPoliは、福岡市長選挙に向けて西日本新聞と連携し、キャンペーンを実施することを発表しました。

PoliPoli」は、トークンエコノミーという新しいモデルで、政治家と有権者の議論コミュニティを形成するプラットフォームです。良い発言をすると独自通貨「Polin」を貰えるようにすることで、誹謗中傷などが多く荒れやすい政治コミュニティサービスの質を高めることを目指しています。現在は、トークンを絡ませないβ版を提供しています。

今回、テクノロジーを生かした新しい形で政治を盛り上げることを目指し、福岡市長選挙の特設ページなどを開設している西日本新聞との連携を決定。また、将来的にブロックチェーン技術を絡めることもあり、福岡ブロックチェーンコンソーシアムに参加するなど、福岡を実証実験の場とすることを考慮しています。

なお、連携により、ポリポリ内に福岡市長選挙の基本情報や関連する議論を掲載するとのこと。お互いのコンテンツの拡充をはじめ、選挙を盛り上げるための施策を行っていきます。