「BIX」(Bibox Token)は中国の新鋭取引所Biboxで利用できるトークン 取引所の成長と...

「BIX」(Bibox Token)は中国の仮想通貨取引所「Bibox」が発行したイーサリアムベースの仮想通貨(トークン)です。取引の際に、手数料をBIXで支払えば半額となるため、BinanceのBNBやKuCoinのKCSのように取引所の...

「ERY」(Eryllium)は現金と同じような匿名性を持った仮想通貨 時価総額とチャートも

「ERY」(Eryllium/エリリウム)はビットコインをベースに、2層のネットワークを追加し、現金と同じような匿名性を持った仮想通貨です(公式サイト)。ビットコインは誰でも閲覧可能なブロックチェーンに取引履歴と残高が記録されますが、自分の...

「コインチェック被害対策弁護団」についてまとめ、集団訴訟に参加すべきか? 他の手段は?

1月26日にコインチェックが管理している口座から時価で580億円相当のネム(XEM)が流出した事態を受け、同社では同日から順次取引を停止し、2月3日現在でも仮想通貨の取引や日本円の出金など大部分のサービスが停止しています。 翌27日に...

国産で使い勝手の良い2段階認証用アプリ「IIJ SmartKey」の使い方と設定方法

仮想通貨取引所を利用するに当たって、必ず設定しておきたい、2段階認証。これは、通常のID/パスワードを使った認証に加えて、ワンタイムパスワードを使った認証を行うというものです。取引所ではID/パスワードを突破されることによって、預けていた仮...

仮想通貨取引には必須、2段階認証アプリ「Google Authenticator」(Google 認...

仮想通貨を取引するための取引所では、たびたびセキュリティ上の問題から、仮想通貨が盗まれる被害が報告されています。 通常はID/パスワードで認証を行っていきますが、国内外を問わず、情報漏えいは日常茶飯事となっていて、そうした漏えいの際に...

「MTH」(MONETHA)は商取引向けの決済システムと信用スコアを実現する仮想通貨 上場している取...

「MTH」(MONETHA)はMonetha社が展開する、ブロックチェーンとスマートコントラクトによって信頼のおける商取引を実現しようとするイーサリアムベースの仮想通貨です。 スマートコントラクトとは、契約から執行までの一連の...

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と登録方法を解説 徹底したセキュリティ対策が特徴

QUOINE株式会社が運営するQUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを扱う日本でも有数の仮想通貨取引所です。 QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴 QUOINEXの特徴...

SBIバーチャル・カレンシーズ、XRPの販売を開始も一部顧客限定 本格的な取引所オープンはいつ?

当初は2017年末の開設予定とされていた、金融大手SBIグループが運営する仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズですが、1月30日より一部顧客限定でXRPの販売を開始しています。 一部顧客限定でのオープン 残念ながら一部顧客限定...

「XRP」はリップル社が開発した国際送金のための仮想通貨、世界的に応用が始まる

米国のリップル社(Ripple Inc.)が開発した「XRP」は世界で第3位の時価総額を誇る仮想通貨です。 日本ではbitbank、GMOコイン、BitTrade、SBIバーチャルカレンシー、(コインチェック)の各取引所に上場...

「SRN」(SIRIN LABS Token)は世界初のブロックチェーン対応スマホの基軸となる仮想通...

SIRIN LABSは世界初となるブロックチェーン対応のスマートフォンやPCデバイスを開発しようとしているスイスを拠点とする企業です(ロンドンとテルアビブに開発拠点)。その構想の中核となる仮想通貨が「SRN」(SIRIN LABS Toke...