リスク(LISK)の買い方・購入方法、スマートコントラクトを導入した通貨の将来性は?

0
3

スマートコントラクトというとイーサリアムのシェアが圧倒的ですが、実はリスク(通貨単位:LISK)もスマートコントラクト属性の仮想通貨となっています。

特にイーサリアムにはない開発言語の対応、承認アルゴリズムの工夫によるブロック承認周期の短期化など実用性へ考慮された部分もある通貨となっています。

リスク(LISK)の買い方(購入方法)

リスクは2018年2月現在、国内ではbitFlyerや現在取引停止中ですがコインチェックなどがありますが、その他は海外の取引所での取引となります。

国内の取引所でリスクを取引する場合には

1.国内の取引所に登録
2.国内取引所に日本円を入金
3.リスクを購入

海外の取引所でリスクを取引する場合には

1.国内・海外の取引所に登録
2.国内取引所に日本円を入金
3.BTC、ETH、BCH、XRPなど送金用の通貨を購入
4.海外の取引所に送金する
5.海外の取引所でリスクを購入

となります。

国内の口座開設には身分証明できるものが必要です。

また住所確認ではがきが届くものが多いため、それらが完了するまでは取引ができません。

特定の取引所の閉鎖などのリスクや取引所によって価格差が生じることを考えると、主要取引所は取引の予定がなくても登録をしておくと良いと思います。

海外の取引所での身分証明は免許証でもできますが、パスポートの方が無難であると思います。

リスクの取引量が多い仮想通貨取引所ランキング

参照元https://www.coingecko.com/en/coins/lisk/trading_exchanges#panel

全体の40%近くをBinance(バイナンス)が占めています。次点で中国のBit z(ビットジー)、アメリカのBittrex(ビットレックス)、ポーランドのBitbay(ビットベイ)、中国のPoloniex(ポロニエックス)と続きます。

リスクを購入できる取引所

海外の取引所も良いのですが、まずはとりあえずリスクを買ってみたいという方は国内取引所をご利用されることをおすすめします。2018年2月現在ではbitFlyerのみの取引になります。

リスクの場合は取引高が海外の取引所のものが多いため海外の取引所もおすすめです。

取引所 特徴 公式サイト
bitFlyer 日本最大の取引量を誇る仮想通貨取引所 公式サイト
コインチェック 使いやすいアプリで利用者が多い取引所(現在取引停止中) 公式サイト

ビットフライヤー(bitFlyer)

日本最大の仮想通貨取引所ですが、アルトコインを買う場合には価格差(スプレッド)が生じるので注意が必要です。とはいえ流動性はあるので登録しておいて損はないと思います。

Bit z(ビットジー)

中国の取引所で、トレード画面がBinanceに似ていると言われています。セキュリティ面がしっかりしていると言われており、ログインパスワードと別に取引パスワードが必要になります。またBit zはまだ他の取引所に上場していないコインが多く存在しているため、何倍にもなる可能性のある銘柄に投資したい人に向いていると言えます。

Bittrex(ビットレックス)

約200種類のコインを扱っており、取引高も世界第8位に位置する取引所です。

その他の海外の取引所と比べると取引手数料は少し高めで0.25%となっています。とはいえ取り扱っているコインの数は多いです。

また名前、住所、国籍の入力のみで24時間で3BTC分の出金をすることができます。

パスポートや免許証で本人確認すれば最大で100BTCまで出金をすることができます。

免許証を使う場合には名前や住所を英語訳した紙が必要になるので、パスポートの方が無難であると言えます。

Bitbay(ビットベイ)

拠点はポーランドですが、インドでの取引のプラットフォームを立ち上げています。

手数料は0.3~0.43%で高めですが、取引量に応じて少なくなってく仕組みとなっています。

取引量自体は多いですが、その他の取引所を使う方が現状メリットがあるような印象です。

Poloniex(ポロニエックス)

国内の取引所に比較して取り扱い通貨は70種類以上と多めになっています。

また手数料も安めで基本0.15~0.25%ですが、取引量に応じてどんどん安くなっていく仕組みになっています。

本人確認では免許証・パスポートで行うことができます。

リスクの特徴

冒頭で触れたとおりリスクはイーサリアムと同じくスマートコントラクトを実装することのできる通貨となっています。

イーサリアムと違う点としてはサイドチェーンと呼ばれる、メインのブロックチェーンとは別にリスクの分散型アプリケーション上にブロックチェーンを用意しコードを書いて動作させていくことができます。

この技術によりビットコインがブロック形成の周期が10分であるのに対し、リスクでは約10秒で行うことが可能になっています。

したがってアプリケーション上に問題が発生した場合に開発者がそれを解決することができるようになります。

また特徴としてマイニングでDPoS (Delegated Proof of Stake)が用いられている点もあります。投票により選ばれた101人の承認者がマイニングをすることにより、取引履歴の管理・ネットワークを運営します。そして投票自体にも報酬が発生する仕組みとなっています。

そして開発言語についても一般的によく使われるJavaScriptやNode.jsが採用されているため、システムエンジニアが手軽に開発をすることができる点もイーサリアムより優れる点となります。

またこのようなエンジニアが開発に関わりやすく発展性が見込まれるため、2016年3月のセールではマイクロソフトから約19億円相当のビットコインがリスクに投資されています。

概要

名称 リスク(LISK)
通貨コード(シンボル) LSK
発行開始 2016年3月
承認アルゴリズム Delegated Proof of Stake(DPOS)
マイニング報酬
発行上限 118,495,488 LSK
現在の流通量 102,278,708 LSK
ブロック生成時間 10秒
公式サイト https://lisk.io/
取引履歴 https://explorer.lisk.io/
ソースコード https://github.com/LiskHQ

リスクの利用方法

送金や決済のために作られた通貨ではなく、リスクのプラットフォームを使ったサービスの作りやすさから実用性を担保されているため、決まった使い方が現状あるわけではないのですが、マイクロソフトのAzureのシステムにリスクの機能を取り入れることが決まっています。

リスクのチャートと将来性

参照元https://coinmarketcap.com/ja/currencies/lisk/

リリース直後に期待感から高騰もしたのですが、一時的なものだったので以下の2点に絞って分析したいと思います。

2017年11月に高騰した理由

まず半減期を迎えたことがあります。

半減期とはある期日になるとマイニングでもらうことのできる報酬額が減額されることを指します。なぜ半減期になると価格が上がるかというと、マイニング報酬よりも直接リスクを買うことにメリットが出るためです。

また11月22日にドイツ・ベルリンでリスクのミートアップがありました。このミートアップで新たな上げ材料の情報がリリースされるのではないかという期待感から価格が上がったことが考えられます。

2017年12月に高騰した理由

この時期に関しては仮想通貨全体として新規ユーザーのお金が入ってきていた時期にも重なるのでその影響もあるかと思いますが、市場全体の過熱感からビットコインの処理能力の限界による送金詰まりなどから、代替物として上げ幅も多いアルトコインに注目が集まり、サイドチェーンによる処理能力の高さや開発言語のJavascript採用など高い機能性によるから、実用性に優れるリスクが再注目されたことがあります。

また2018年のアップデート、リスクのリブランディングなど上げ材料があることから期待されている部分もあります。

そして最後にビットコインの送金詰まりから代替物としてイーサリアムがとても使われるようになったことからの高騰で同じスマートコントラクトのリスクに対し、市場が割安と判断した側面もあると思います。

このように現状ビットフライヤーのみでしか国内は扱われていませんが、同じスマートコントラクトを実装することのできるイーサリアムと比較しても割安感は2018年2月現在でもあるかと思います。またサイドチェーンやJavascriptの採用など開発者に対して開発・管理しやすい環境をプラットフォームとして提供している点からも、これから実用化される過程で価格が高騰することへ期待が集まります。

2018年は上げ材料が存在するので注目してみても良いかと思います。

リスクに関する情報収集

リスクはLisk Foundation(リスク財団)が普及の促進を図っていて、各種ソーシャルメディアなどインターネットを使った情報発信が積極的に展開されています。

公式サイト https://lisk.io/
ブログ https://blog.lisk.io/