iforex-losscut-rule-title

【まとめ】iFOREXのロスカットルール「証拠金維持率0%」は意味があるのか?

今回は、iFOREXのロスカットルールについて解説します。
iFOREXは、<span class=”txt_red”>証拠金維持率0%がロスカット水準</span class=”txt_red”>です。

ロスカット水準が証拠金維持率50%~20%一般的になります。

<mark>他社とiFOREXのロスカット水準の違いでどんな変化があるのか?
また、細かいロスカットに関わる注意点までをまとめました。</mark>

iFOREXのロスカットルールについて

最初にお伝えした通り、iFOREXのロスカット水準は証拠金維持率0%です。
つまり、強制ロスカット=資金が0円になります。

  • 良い面は「長くポジションを持ち続けられる事」
  • 悪い面は「強制ロスカットでは資金が全額なくなる事」

iFOREXが提供するロスカット水準のメリット・デメリットは上記の通りです。

重要なのは「ロスカット水準は証拠金維持率0%は必ずしも、トレードで勝ちやすくなる」とは別問題と言う事。

長くポジションが持てても、最終的に利益が出せるトレードでなければ意味がありません。

強制ロスカットで資金がゼロになっても、結局は他社でも資金の大半を強制ロスカットでは失います。

大前提として、強制ロスカットされない適切なリスク管理が必要です。

iFOREXでロスカットの損失額を計算する方法

iFOREXでは、ロスカットされた場合の損失額を自動計算できます。
取引画面から、ストップロス注文を設定してみましょう。

①ストップロスを有効にする(チェックを入れる)
②取引数量を入力する
③右側にロスカットされた場合の損失額が表示される

iFOREXの証拠金維持率0%ロスカットは危険なのか?

強制ロスカットされないリスク管理が大切とお伝えしました。
証拠金維持率0%ロスカットが危険ではなく、強制ロスカットされるトレードが危険です。

とは言え、「少額資金から成り上がりたくてFXを始めた」といった人も多いはず。

証拠金維持率0%のロスカット水準は、ロスカットされた場合に資金を全額失うリスクがあります。
しかし、資金が0円になるまで「少額資金をフル活用したトレード」が可能です。

もちろん、負ければ資金の全てを失うのでギャンブルトレードになります。
失っても困らない少額資金をリスクに、利益を狙うといった方法です。

ちなみに、iFOREXのロスカットルールを使い、少額資金で稼ぐ人を「アイフォ戦士」と呼ぶ俗語もあります。

リスクを取りつつ、チャンスを狙う人にiFOREXは人気です。

iFOREXのロスカット水準と他社を比較

FX業者 iFOREX XM TitanFX Axiory FBS Tradeview is6com GEMFOREX
ロスカット水準 0% 20% 20% 20% 20% 100% 50% 20%

人気の海外FX業者を7社ほどピックアップしました。
他社と比較してもiFOREXのロスカット水準が最も低いです。(証拠金維持率0%なので当たり前ですが)

やはり、少額資金でリスクを取りつつトレードするならiFOREXと言えるでしょう。

iFOREXのロスカットは「トレーディングチケット」に注意

iFOREXのボーナスを受け取り、トレーディングチケットが口座にある場合は注意です。
ロスカットされると利益が受け取れない可能性があります。

なぜなら、ロスカットでトレーディングチケットが減ると「次の利益から自動補填される」からです。

少し難しいので、具体例を出しつつ解説をします。

①口座残高10万円+トレーディングチケット10万円分
②ロスカットされた→口座残高は0円+トレーディングチケット10万円分(そのまま)
③トレードで負ける→トレーディングチケットから損失が計上
④トレードで勝つ→減ったトレードチケットの金額分へ補填される

このような流れになります。
つまり、トレーディングチケットのみの口座で負けると、損失がトレーディングチケットから減る仕様です。

したがって、減った分のトレーディングチケットを補填する必要があります。

仮に、10万円中1万円を減らした場合、次に2万円を稼いでも1万円しか現金で計上されません。
トレーディングチケットだけの口座には、少なからず新しく資金を入金するのがオススメです。

まとめ

今回は「【まとめ】iFOREXのロスカットルール「証拠金維持率0%」は意味があるのか?」のテーマした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • iFOREXのロスカット水準は「証拠金維持率0%」
  • ロスカットルールは「少額資金でリスクを取りつつ利益を狙う使い方」ができる
  • ロスカット後にトレーディングチケットから損失が出るのは面倒

iFOREXのロスカットルールを良く言えば、少額資金をフル活用できる環境と言えます。
とは言え、強制ロスカットは資金を失うので基本的には避けるべきです。

自分がいくらのリスクを許容できるのか?キチンと考えた上でトレード戦略を組み立てましょう。