iforex-cryptcurrency-title

【使える!】iFOREXで仮想通貨を取引するメリットとは?

2020年現在、国内の仮想通貨取引では実質4倍のレバレッジ規制が行われています。
いくら仮想通貨が魅力的なトレード対象でも「<span class=”txt_red”>正直、4倍では取引したくない</span class=”txt_red”>」といった人は多いでしょう。

iFOREXは、海外FX業者ながら仮想通貨を取り扱っています。
最大10倍のレバレッジを含む、「仮想通貨の取引がしやすいメリット」が3つほど。

<mark>今回は、iFOREXの仮想通貨取引について解説をまとめました。</mark>

iFOREXの仮想通貨取引メリット3つ

  • 最大10倍のレバレッジが使える
  • ゼロカット制度が仮想通貨にも適用
  • 他の投資・トレード商品も一緒に取引可能

iFOREXを仮想通貨の取引で使うメリットは上記の3つです。
まとめると、いわゆるビットコインFXの上位互換になります。

2017年では、多くのビットコイン長者を生んだと同時に、大損失で借金を抱える人もいました。
少なくとも、iFOREXではトレードで証拠金以上の損失で借金を抱えることはありません。

仮想通貨でも最大10倍のレバレッジが使える

iFOREXでは、最大10倍のレバレッジで仮想通貨の取引で使えます。
(ビットコインのみ最大20倍)

最初にお伝えした通り、国内の取引所では最大4倍までのレバレッジです。

4倍→10倍ですから、同じ取引に対しても少ないコストで取引できます。

例えば、1BTC=100万円の時、4倍のレバレッジだと25万円が1BTC当たりの必要証拠金です。
10倍なら10万円の必要証拠金、つまり半分のコストで取引できます。

ゼロカット制度が仮想通貨にも適用

ビットコインFXや、仮想通貨のレバレッジ取引で借金を抱える。
その原因は、証拠金以上の損失が出た時に不足分を支払う「追証(おいしょう)」です。

iFOREXでは、すべての取引に対してゼロカット制度を適用しています。
ゼロカット制度により、証拠金以上の損失が出ても支払う必要がありません。

証拠金が-○○円と損失が上回っても、ゼロに自動調整されます。

他の投資・トレード商品も一緒に取引可能

仮想通貨市場が全体的に活気がない時期。
2018年は、ビットコインが60万円割れをするまで、とにかくボラティリティ(変動幅)がありませんでした。

動かない銘柄を無理にトレードすると損失の原因にもなります。
iFOREXはそもそも「海外FX業者で最も取り扱い銘柄が多い」のが特徴です。

常に有利な銘柄、金融市場で新しく口座を契約する必要なく自由に取引できます。

iFOREXの仮想通貨取引はデメリットが3つある

  • 土日は短縮取引時間
  • 板情報がない
  • 取り扱い銘柄は専門業者に劣る

どんな取引所、業者でもメリットと一緒にデメリットがあります。
iFOREXの仮想通貨取引に関しては、上記の3つがデメリットです。

具体的にデメリットを解説しますので、アナタ自身が求める仮想通貨の取引が出来るか?確認しましょう。

iFOREXの仮想通貨は土日の短縮取引時間

仮想通貨 サマータイム サマータイム以外
ビットコイン
月曜日0:15~日曜日20:15
月曜日01:15~日曜日21:15
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
EOS
モネロ
ダッシュ
ビットコイン/イーサリアム
ビットコイン/ライトコイン
ビットコイン(ユーロ)
月曜日05:00~土曜日4:00
月曜日06:00~土曜日05:00
ビットコイン(日本円)
イーサリアム(ユーロ)
イーサリアム(日本円)
ライトコイン(ユーロ)
ライトコイン(日本円)
リップル(ユーロ)
リップル(日本円)

iFOREXの仮想通貨取引の最大デメリットは「土日の短縮取引時間」です。
上記の表が、iFOREXの仮想通貨が取引できる時間になります。

基本的に仮想通貨は、否中央集権の元、国籍を持たない通貨です。
したがって、24時間365日ずっと市場は動き続けます。

例えば、仮想通貨専門の取引所では同じく24時間365日取引可能です。
しかし、iFOREXは土日に取引できない時間帯があります。

万が一、大きな取引チャンスがあれば、土日に発注できない分、ハンデになるでしょう。

また、取引時間外では必要証拠金率が変わるため注意です。
取引画面より「商品情報」から確認できます。

板情報がない

iFOREXの仮想通貨は、CFD(差金決済取引)なので板情報がありません。
iFOREXの提示するレートでのみ、売買が成立します。

仮想通貨の取引所では、板情報が見れます。
そもそも現物売買、レバレッジ取引用に独自の仮想通貨(トークン)を発行しているからです。

これまで、国内のビットコイン取引所などで「板読み」を取引で行っていた人にはデメリットでしょう。

取り扱い銘柄は専門業者に劣る

iFOREXは海外FX業者です。
仮想通貨を専門に取り扱う業者ではないので、本家の取引所には取り扱い銘柄が劣ります。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • EOS
  • モネロ
  • ダッシュ

iFOREXで取り扱う仮想通貨は上記の8種類です。
とは言え、FX業者らしくビットコインと外貨の組み合わせは充実しています。

マイナーなアルトコインを取引したいといった方にはデメリットです。

iFOREXで仮想通貨を取引するなら「短期トレード」

ここまで、iFOREXの仮想通貨取引についてメリット・デメリットを解説しました。
全体的にみると、「iFOREXの仮想通貨は短期トレード向き」と言えるでしょう。

高いレバレッジが使え、少額資金でも取引しやすい反面、現物ではないので長期投資には不向きです。

例えば、仮想通貨では、ハードフォークで○○コインを持っている人には無料配布される仮想通貨があります。

保有枚数に応じて毎月付与されるといった仕組みも。

ですから、仮想通貨の大きな値動きを利用して、短期トレードで稼ぐといった使い方が理想です。

まとめ

今回は「【使える!】iFOREXで仮想通貨を取引するメリットとは?」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • iFOREXの仮想通貨取引は少額でもOK、借金のリスクもない
  • iFOREXの仮想通貨取引は専門業者に劣る面もある
  • 「短期トレードで使う」のがiFOREXの仮想通貨取引ではオススメ

大きな値幅を狙うトレーダーにとって、iFOREXの仮想通貨取引は魅力的と言えます。
頻繁に売買せず、数年先を見越した長期投資には不向きです。

とは言え、近年では仮想通貨の取引休止を実施する海外FX業者が増えています。
今も現役で仮想通貨を取り扱っているだけでも、iFOREXは高評価と言えるでしょう。