ビットコインの最小単位 1satoshi とは? 日本円にすると幾らくらい?

120万円程度で取り引きされているビットコイン(2018年1月25日現在)。他の仮想通貨と比べても、1単位あたりの単価は突出して高くなっています。ビットコインの最大発行枚数は2100万枚で、時価総額2位のイーサリアムの9700万枚や、3位の...

バリ島のリゾート地で使える仮想通貨「BALI」発行

アヤナスシグレは、インドネシア共和国バリ島のリゾート地で使える仮想通貨「BALI(バリ)」の発行主体であるPT.AyanasuCryptoCurrencyBaliと業務提携を行い、トークンエコノミーとトークンが使えるリゾート地に関する企画・...

G20で仮想通貨はどう議論された? 仮想通貨規制に与える影響は?

アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた世界主要20か国・地域(G20)財務省・中央銀行総裁会議は、仮想通貨による資金洗浄(マネーロンダリング)への対策を各国で協調してできるかが焦点となっていました。 今回の記事では各国がどのような方...

「SakuraBloom」のウォレット、国内初のスマートコントラクト決済を用いたEC機能を搭載

SakuraBloom(SKB)を発行するNEGTECは、iOS/Androidアプリ「SKB wallet」に、SKBCoinのスマートコントラクト決済を用いたEC機能「SKBコンテンツマーケット」を追加しました。 「SKB wal...

「SRN」(SIRIN LABS Token)は世界初のブロックチェーン対応スマホの基軸となる仮想通...

SIRIN LABSは世界初となるブロックチェーン対応のスマートフォンやPCデバイスを開発しようとしているスイスを拠点とする企業です(ロンドンとテルアビブに開発拠点)。その構想の中核となる仮想通貨が「SRN」(SIRIN LABS Toke...

BITPointがセキュリティソフト「AppGuard」を仮想通貨交換業者として初導入

ビットポイントジャパン(BITPoint)は、シグネチャファイルに依存しない未知のウィルスへの対策が可能なサイバーセキュリティソフト「AppGuard」を仮想通貨交換業者として初めて2018年8月より導入しました。 「AppGuard...

ビットコインのスケーラビリティ問題とは?またそれを解決する技術について解説

ブロックチェーンは中央管理者が存在せず、ネットワーク上の分散型取引台帳で一定期間にあった取引を有志のマイナーを募って、不正・改ざんがないか検証する仕組みです。 この台帳を分散して記帳していく仕組みをマイニングと呼び、ビットコインの場合...

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の特徴、使う上でのメリット・デメリットを解説

ビットコインをはじめとした仮想通貨価格の乱高下により、メディアで仮想通貨の話題が取り上げられることも多くなりました。もしかしたら、身の回りで取引を始めたという人も増えているかもしれません。 仮想通貨取引を始めるためには、まず取...

イーサリアムを取引できるDEX(分散型取引所)を5つ紹介

ビットフライヤーなどの中央集権的な取引所とは異なる、P2P取引を実現するDEX(分散型取引所)のうち、今回はイーサリアムを取引することのできるDEXについて紹介します。 Etherdelta イーサリアムをベースとした初のDEX ...
214,525ファンいいね
65,751フォロワーフォロー
20,322購読者購読
- Advertisement -

Featured

Most Popular

毎年決まった時期に暴落?仮想通貨主要国の納税のタイミングとチャートの関係について

ここ数年のチャートを見てみるとビットコインは毎年1月の中旬ごろに暴落しており、 納税ための現金を残すための利確なのではないかとの見方があります。 納税とチャートにどのような関係があるのか、また申告のタイミングでビットコインがどの...

Latest reviews

豊富な仮想通貨を取引できるBinance(バイナンス)のアカウント登録方法とセキュアな使い方を解説

Binance(バイナンス)は世界でもトップ3に入る規模の仮想通貨の取引所です。 Binanceの特徴 ・約100種類のコインを扱う豊富さ ・決済手数料が激安 ・取引高も世界有数 約100種類のコインを扱う豊富さ ...

仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?取り扱い通貨や手数料を徹底解説!

※コインチェックは現在ほぼ全てのサービスを停止しています ビットコインをはじめとした仮想通貨への投資が注目を集めています。2017年にはビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルといったアルトコインの価格も大きく上昇しまし...

アート×ブロックチェーンで作り出される未来の価値とは~「美術手帖」12月号

美術出版社は、アート×ブロックチェーンを特集した「美術手帖」12月号を発売しました。 特集のテーマは、ブロックチェーンという技術基盤がアートワールドにもたらすものを探る「アート×ブロックチェーン 未来の価値をつくるのは誰か?」...

More News