仮想通貨取引所「GMOコイン」のアプリの使い方や使用方法を徹底解説

0
6

GMOのグループ企業が運営するGMOコインでは、仮想通貨取引のためのスマホアプリを提供しています。株に比べて価格の変動が激しい仮想通貨取引では、いつでもどこでも取引が可能なアプリをぜひダウンロードしていきたいところです。今回はGMOが提供しているスマホアプリについて紹介していきます。アプリを使用する際の注意点などにも触れていくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

GMOコインはこちらから

アプリをインストールしてみよう!

GMOのスマホアプリはiPhoneのiOS版とAndroid版が用意されています。アップルストアまたは、グーグルストアからインストールすることができるので、「GMOコイン」と検索して出てきたものをダウンロードしてみましょう。

アプリのインストールが終わったら、早速アプリを起動してみましょう。

GMOコインアプリを起動すると「メールアドレス」と「パスワード」を記入する箇所がでてきますので、そこに登録してある会員情報を入力してください。これでログインは完了です。

なお、他の取引所ではスマホアプリから口座開設できるところもありますが、「ビットレ君」ではできません。「ビットレ君」の機能を利用するためには、あらかじめパソコン版で銀行口座の登録や、本人確認などの手続きを行っておく必要がありますので注意が必要です。

アプリで二段階認証を登録することも可能なので、まだ登録していない方はセキュリティを高めるためにも設定するようにしましょう。二段階認証を行っておくと、万が一、メールアドレスとパスワードがハックされてしまった場合でも資金の流出を防ぐことができます。

GMOコインのアプリでできることは?

GMOコインのパソコン版での取引所では、ウォレットを開設して仮想通貨の現物取引をすることができますが、スマホアプリの「ビットレ君」では仮想通貨のFX取引のみとなっています。今のところ現物取引はパソコン版の取引所からしかできないため、現物取引をしたいと考えている人にとってはやや不便と感じるかもしれません。

一方で仮想通貨のFX取引を行いたい人にとっては、大変役立つアプリになっています。残念ながら、リップルやイーサリアムなどのアルトコインのFXはできませんが、チャートが非常に見やすくなっており、自分用にカスタマイズをすることもできます。現段階ではアプリの機能は限定的ではありますが、インストールしておく価値はあると言えるでしょう。

豊富なテクニカル指標を使用したチャート分析

GMOコインではFX取引に関する機能が充実しているとご紹介しましたが、豊富なテクニカル指標を使用できるという特徴もあります。チャートの動きをみながらより戦略的にトレーディングするためには、テクニカル指標を使用することがポイントになります。ここでは「ビットレ君」のチャート分析の充実度について紹介していきます。

トレード画面の右上にある赤枠の部分をクリックすると、メニューバーが表示されます。

ここで歯車のマークをタップすると次の画面でテクニカル指標の設定ができるようになります。

テクニカル指標は大きく分けて、「チャートエリア」と「テクニカル」の二部分に分かれています。「チャートエリア」で使用可能なテクニカル指標は「単純移動平均線」、「指数平滑移動平均線」、「ボリンジャーバンド」、「一目均衡表」、「平均足」があります。「テクニカル」で使用可能なテクニカル指標は「MACD」、「RSI」、「DMI/ADX」、「RCI」があります。テクニカルは縦に最大三本、横に最大二本まで表示することができます。

・単純移動平均線
単純移動平均線は、日々のビットコイン投資状況を見るために使う指標です。一定期間における一日の値動きを平均化します。

・指数平滑移動平均線
指数平滑移動平均線の基本は単純移動平均線と同じです。一定期間の日にち単位での値動きを平均化し、日々の投資状況を確認することができます。単純移動平均線と異なる部分は情報への敏感さにあります。計算方法が直近のビットコイン価格に比重を置き、比較的遠い日は値動きにもたらす影響が低く設定されているため、単純に平均しただけの単純移動平均線よりも敏感に値動きに対応することができます。単純移動平均線を補うものとしてより早い売買機会を覗うために使用できます。

・ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドの考え方は標準偏差や正規分布の考え方によく似ています。ボリンジャーバンドでは単純移動平均線を中心に三本の標準偏差の線がひかれています。三本の線は1σ、2σ、3σと言われ2σを超えると確率的に普通ではないので、買いや売りの判断をするタイミングとなります。ボリンジャーバンドで注目するのは次の二点です。

1.為替レートがチャートのバンドの中でどの位置にあるか
2.バンドの広がり具合

1で判断をする場合は為替レートが2σを超えると上昇しすぎと判断して売りにだします。2で判断をする場合はバンドの幅が広がっていると仮想通貨の変動幅が高いと判断します。

・一目均衡表
5つの指標を組み合わせることで仮想通貨の上がり下がりやどこでそのトレンドがストップするのかを予測します。基準線の上昇が伴わない価格の上昇は長続きしないといわれています。

・平均足
平均足はローソク足とは似ていますが、ローソク足と比べて始値と終値を修正したものとなっております。平均足には陽線と陰線があり、陽線が連続すると上昇トレンドで陰線が連続すると下降トレンドとなります。

以上が「チャートエリア」に関しての説明になります。ここからは「テクニカル」について説明していきます。

・MACD
MACDは移動平均収束拡散手法とも呼ばれます。短期、中期、長期の移動を見ることで売りと買いを判断する方法です。

・RSI
RSIは仮想通貨の値上がり幅と値下がり幅を比較することで、現在の仮想通貨が売りと買いのどちらに傾いているのかを判断する手法です。一般的にRSIが25から20より低くなると仮想通貨が売られ過ぎているので、「買い」のシグナルが出されているということになります。

・DMI/ADX
前日の価格の変動幅を当日のそれと比較、分析してトレンドを判断します。当日の高値が前日を上回っている場合、価格が上昇する傾向にあります。当日の安値が前日を下回っている場合には、その反対で価格が下降します。

・RCI
RCIの統計学での呼び名は「スピアマンの順位相関係数」です。当日と前日の差で判断するDMI/ADXとは異なり、一定期間内の仮想通貨の変動に焦点を当てていきます。この指標では価格の上がり下がりが変化するタイミングをつかむことができます。また、計算する日数を相場の動きによって変えることでより効果的な指標になります。

FXの取引方法

次に実際に取引する方法をご紹介します。メニューから「トレード」を押すと売買注文ができる画面が表示されます。購入する場合は「(買)ASK」を選択し、売却する場合は「BID(売)」を選択します。すると注文画面が開くので、まずは注文方法を選択しましょう。

注文方法を選択したら、取引数量・スリッページ・注文レートなどを入力していきます。スリッページは想定取引額と実際の注文額の差額のことです。スリッページを0から999円まで設定しておくことで想定よりも高い・安い金額で取引するのを避けることができます。なお、注文方法には以下のようなものがあります。

・成行注文
売買する数量とスリッページのみを指定する注文方法です。現在の価格でビットコインを売買する形になります。

・通常注文
成行注文とは異なり、売買する金額を指定することができる注文方法です。

・OCO
2つの注文を行い、どちらかの注文が決定すればもう片方の注文が自動的にキャンセルになる注文方法です。

・IFD
IFDではOCOと異なり、1つ目の注文が確定すると、2つ目の注文が自動的に発注される方法です。

・IFDOCO
OCOとIFDの2つを組み合わせた取引方法です。

・スピード注文
取引数量の指定のみでワンタッチで注文することができます。すぐに取引を実行できる反面、誤って取引してしまわないように注意が必要です。

取引を始める前にやっておくべきこと

本人確認手続き

GMOコインのスマホアプリでは口座開設や取引に必要な個人情報、口座情報等の登録を行うことができません。スムーズに取引を開始するためにはアプリのダウンロード前に本人確認などの手続きを済ませておくことをおすすめします。

二段階認証をしよう!

二段階認証はメールアドレスやパスワードなどの登録情報が流出してしまった場合に有効なセキュリティ対策方法です。もしこれらの情報が流出してしまった場合でも、二段階認証を設定しておけば、不正ログインや仮想通貨の盗難を防ぐことができるようになります。

二段階認証の設定はパソコン版から行います。ログイン後にメニューバーにある「口座情報」から「セキュリティ」を選択します。ここで3種類の認証方法から選択できるようになっています。また、ログイン時に二段階認証をするかどうかの設定もできます。

SMSでの認証は、ご自分の電話番号を入力すると入力した電話番号に認証コードが送付されます。これをログイン時に入力する形になります。なお、送付された認証コードの有効期限は5分となっています。

電話番号での認証の場合は、電話番号を入力すると電話がかかってきます。電話を取ると認証コードが自動音声で流れてくるので、それを入力する形になります。

アプリで認証を行う場合は、Google Authenticator を使用する形になります。お持ちのスマホがiPhoneの場合はApp Storeで、Androidの場合はGoogle Playからダウンロードしてください。ダウンロードして起動したら、「+」または「設定開始」ボタンを押して「バーコードをスキャン」をタップします。パソコンに表示されているQRコードを読み込んで「認証する」をクリックして登録完了となります。次回以降のログインの際にGoogle Authenticatorにコードが表示されるようになりますので、それを入力してログインする形になります。

GMOコインはこちらから

仮想通貨取引所「GMOコイン」の口座開設方法、GMOインターネットが運営