GMOインターネット、2019年度に日本円と連動したステーブルコイン「GJY」を発行

0
5

GMOインターネットは、価値の安定した仮想通貨のステーブルコイン(円ペッグ通貨)を「GMO Japanese YEN(GJY)」として、2019年度を目処にアジア地域で発行することを発表しました。

ステーブルコインは、価値を裏付ける等の方法で価格の安定性を持たせた仮想通貨です。法定通貨に担保された「法定通貨担保型」、他の仮想通貨により担保された「仮想通貨担保型」、資産の担保が無くスマートコントラクト機能により価値を安定させる「無担保型」の大きく3種類に分けられています。

仮想通貨事業の領域で「決済」への参入を見据え、ステーブルコインの発行に向けた準備を本格的に開始することを決定した同社は、日本円に担保された円ペッグ通貨が高い信用力と仮想通貨ならではの送金手数料の安さとスピードを兼ね備えた通貨となる可能性が高いと考えており、日本円に担保された法定通貨担保型(円ペッグ通貨)で、カレンシーボード制の採用を検討しているとのこと。

同社は今後、法定通貨の日本円と連動した円ペッグ通貨を「Z.com」を通じて、GJYとしてアジア地域で2019年度を目処に発行し、仮想通貨のボーダレスな取引を支援していきます。