fxgt-us30-title

【初心者向け】FXGTでダウ平均をトレード!レバレッジやスプレッドは?

FXGTでは株価指数「ダウ平均(US30)」が取引できます。
為替や仮想通貨と違う、株価指数ですが同じ口座で手軽に取引可能です。

「FXGTのダウ平均とはそもそも何?」
「FXGTのダウ平均でレバレッジは何倍?」
「FXGTでダウ平均の取引はアリ?」

今回は「FXGTのダウ平均」をテーマに上記の疑問を解決する内容でお届けします。

<mark>結論から申し上げますと、FXGTのダウ平均は少額でも取引可能。ただし他社に劣る面もあるといった感じです。</mark>

そもそもダウ平均とは?

ダウ平均とは、代表的な米国株の価格を平均した株価指数の1種です。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが、米国の各業種から代表的な銘柄を選び、平均株価をリアルタイムで公表しています。

<mark>ダウ平均株価は業種セクションごとに、3種類と総合平均1種類があり、FXGTで取り扱うのそのうちの1種類です。</mark>

  • ダウ工業株30種平均
  • ダウ輸送株20種平均
  • ダウ公共株15種平均
  • 上記3つを合わせたダウ総合65種平均

具体的にダウ平均は実は4種類あり、<span class=”txt_red”>その中のダウ工業株30種平均がFXGTで取引できるダウ平均となります。</span class=”txt_red”>

FXGTのダウ平均の取引ルールについて

ダウ平均は株価指数です。
為替、仮想通貨の市場とは別なので取引ルールが変わります。

  • 取引時間
  • レバレッジ
  • ロット
  • スワップポイント
  • 平均スプレッド

ここでは上記4つ、FXGTのダウ平均に適用される取引ルールについて解説します。
基本的には、仮想通貨や為替の取引ルールと全て違う仕様です。

<span class=”txt_red”>同じ資金で同じロットを発注すると、想定外のロスカットになりかねないので、事前に確認しておきましょう。</span class=”txt_red”>

【FXGTのダウ平均】取引時間

銘柄 夏時間 冬時間
US30 07:00~翌04:59 08:00~翌05:59

FXGTのダウ平均は上記の取引時間です。
土日に関しては市場が休みのため、新規・予約注文およびチャートの更新が止まります。

<span class=”txt_red”>ただし、日本時間との時差があるため、土曜日の早朝が厳密には取引終了時刻です。</span class=”txt_red”>
夏時間と冬時間については、金融市場はサマータイムを採用しており、シーズン毎に取引時間の切り替えが行われます。

FXGTに関しても、サポートセンターより登録アドレス宛てにメールが届くので確認しておきましょう。

【FXGTのダウ平均】最大レバレッジ

✓FXGTのダウ平均で適用されるレバレッジ
最大100倍/最小10倍

ダウ平均の取引では、レバレッジ制限の発生する証拠金残高に達していなくても最大100倍のレバレッジが適用されます。

また、証拠金残高が増えると、最小で10倍のレバレッジに制限される仕様です。
証拠金残高に関わらず、自由に最大レバレッジを低く設定する事はできます。

FXGTのレバレッジ変更手順については以下の記事を参考にしてください。

【最大500倍】FXGTのレバレッジルールを解説!制限・変更手順をまとめ

FXGTの場合、証拠金残高に応じて有効レバレッジも変更されるため、ダウ平均=100倍のレバレッジと認識すると想定外に証拠金維持率が低くなる可能性があります。

証拠金 レバレッジ
0~10,000USD(0~10万円) 500倍
>10,000~50,000USD(>10万~50万円) 200倍
>50,000~100,000USD(>50万円~100万円) 100倍
>100,000~200,000USD(>100万円~200万円) 50倍
> 200,000USD(>200万円) 20倍

レバレッジ制限は上記の表の通り、証拠金残高に応じて変わります。

<mark>したがって、FXGTでダウ平均を最大100倍レバレッジで取引する場合は「証拠金残高が100万円を超えない」ように調整が必要です。</mark>

【FXGTのダウ平均】最大ロット・最小ロット

株価指数 最小ロット 最大ロット 1ロット当たりの数量
US30 1 100 1

FXGTのダウ平均は、上記のロットが設定されています。
1ロット当たりの数量は、他の株価指数と同様で1ロット=1株価指数です。

最小ロットも共通で、1ロットからの取引になります。
<span class=”txt_red”>ただし、最大ロットが各株価指数で異なり、ダウ平均は最大100ロットなので注意が必要です。</span class=”txt_red”>

【FXGTのダウ平均】スワップポイント

株価指数 ロングスワップ ショートスワップ
US30 -0.5pips -0.1pips

FXGTのダウ平均は上記のスワップポイントが適用されます。
スワップポイントは変更される可能性があるので、FXGTの公式サイトから最新情報をご確認ください。

<span class=”txt_red”>ダウ平均に関しても、FX取引と同様に「3日分のロールオーバー」があります。</span class=”txt_red”>
水曜日のクローズ時点(夏時間6時59分)にポジションを保有していると、3倍のスワップポイントが発生するので注意です。

【FXGTのダウ平均】平均スプレッド

株価指数 平均スプレッド
US30 82.7pips

FXGTのダウ平均はスプレッドが高めの印象です。
最小スプレッドは公式サイトですと2.5pips、しかしダウ平均に関しても同様に変動制となっています。

上記の平均スプレッドは、東京・ロンドン・ニューヨーク市場にてスプレッドを計測し算出しました。

FXGTのダウ平均と他社を比較

FXGTのダウ平均について取引ルールを解説しました。
同じ口座で取引手数料が無料で取引できる手軽さが魅力ですが、他社と比較してデメリットがあります。

<span class=”txt_red”>FXGTのダウ平均は他社より平均スプレッドが高いのが欠点です。</span class=”txt_red”>

ダウ平均を低スプレッドで取引するなら「iFOREX(アイフォレックス)」が良いでしょう。
同条件で計測した平均スプレッドは、iFOREXだと4.1pipsでした。

  • 【FXGT】 82.7pips
  • 【iFOREX】 4.1pips

かなり差があるので、FXGTのダウ平均で取引してみて、本格的に株価指数の取引を検討するなら他社口座と使い分けるのが良いでしょう。

まとめ

今回は「【初心者向け】FXGTでダウ平均をトレード!レバレッジやスプレッドは?」のテーマでした。

FXGTのダウ平均は、同じ口座かつ高い水準のレバレッジで取引できる魅力があります。
少額資金でも国内CFD業者より、現実的にトレードが可能です。

とは言え、海外FX業者として見ると、他社よりスプレッドが広くデメリットもあります。
FXGTが得意なのは仮想通貨取引なので、たまにダウ平均、お試しでダウ平均といった使い方が良いでしょう。

カテゴリー: FXGT