fx ローソク足

FXの値動きを表示するローソク足を解説

FXで利用するチャートには3種類が有ります。

1つ目は時系列チャートで、バーチャート、ローソク足、ラインチャートで右に新しい足が作られるチャートです。
2つ目は非時系列チャートで、ポイントアンドフィギュア、新値足、カギ足があります。
3つ目はオシレーター系チャートで、MACD、RSI、ストキャスティクスなどでインジケーターとも言われます。

今回、日本のトレーダーは全員が使っていると言っても過言ではない、ローソク足を取り上げ、詳しく解説をして行きますので、お読みいただけますとトレードの役に立ちます。

ローソク足を詳しく図解

ローソク足は始値、高値、安値、終値の4本値で形成されています。
始値でローソク足の型が作られだし、その後、高値、ないし安値を作り、終値で次の足が始まります。

始値よりも終値が高い値で終わるときは、陽線となり、始値よりも終値が低い値で終わるときは陰線になります。
始値と終値が同じで、高値安値を形成した時は、十字線となり、高値安値を形成せず始値と終値が同値の場合は横━になります。
夏休みや正月休み、相場の閑散期に短期足で現れるケースが多いです。

ローソク足の見方を解説

fx ローソク足解説
上記画像をご覧ください。
始値と終値の間を実体と言い、それの大小で相場の勢いが分かります。
実体が大きいローソク足は、大陽線・大陰線と言います。
実体から上下に伸びた棒をヒゲと言い、ヒゲの出る方向や長さでも、相場の勢いや方向性が分かります。
また、十字線のローソク足は、一回は高値安値を作りますが、始値と終値が同値になり、相場の拮抗を表します。

ローソク足の形を解説

■ローソク足陽線の主要な形

名称 大陽線 大陽線 大陽線 大陽線 中陽線
俗称 陽の丸坊主 陽の大引け坊主 陽の寄付き坊主
線の性質 始値が安値で終値が高値の長い型、上昇の可能性が大 下に短いヒゲが有る型、次の足は上昇の可能性が大きい。 上下に短いヒゲがある型、次の足は上昇の可能性が大 大陽線で上に短いヒゲが出た型、高値圏で出た時には、勢いの減少 上下に短いヒゲがある中陽線、買いと売り方の勢力が等しい
名称 小陽線 下ヒゲ陽線 下ヒゲ陽線 上ヒゲ陽線 上ヒゲ陽線
俗称 コマ陽の極線 カラカサたぐり線 トンカチ塔婆
線の性質 上下に短いヒゲがあり、実体も短い型、静観した方が良い 上下にヒゲが有り、下ヒゲが長い型の場合、次の足は上昇 長い下ヒゲがあるカラカサの様な型、下落トレンド中に出ると、次は上昇 上下にヒゲがあるが、上ヒゲが長く、実体と下ヒゲが短い型は下落 長いヒゲがある、トンカチの様な型、底値圏で出ると上昇の可能性が大、高値圏では下落

■ローソク足陰線の主要な形

名称 大陰線 大陰線 大陰線 大陰線 中陰線
俗称 陰の丸坊主 陰の大引け坊主 陰の寄付き坊主
線の性質 始値が高値で終値が安値の長い型、次の足は下落の可能性が大 大陰線で上に短いヒゲが有る型、次の足は下落の可能性が大きい 大陰線で上下に短いヒゲがある型、次の足は下落の可能性が大 下に短いヒゲが出た長い陰線、安値圏で出た場合は弱い買いサイン 上下に短いヒゲがある中陰線、買い方と売り方の勢力が等しい
名称 小陰線 下ヒゲ陰線 下ヒゲ陰線 上ヒゲ陰線 上ヒゲ陰線
俗称 コマ陰の極線 カラカサたぐり線 トンカチ塔婆
線の性質 上下に短いヒゲがあり、実体も短い型、方向性がハッキリしない為、静観した方が良い 上下にヒゲが有り、下ヒゲが長い型の場合、高値圏で出た場合は下落する可能性が大きい 長い下ヒゲがあるカラカサの様な型、底値圏で出ると、次は上昇となる可能性が高、高値圏では下落の可能性が大きい 上下にヒゲがあるが、上ヒゲが長く、実体と下ヒゲが短い型は下落の可能性が高い 長いヒゲがある、トンカチの様な型、高値圏で出た場合は下落の可能性を意味する

ローソク足の線の性質を解説

◆ローソク足の実態の大きさで勢いが分かりますので、大陽線が出た次の足は、陽線(上昇)を意味します。
◆大陰線が出た次の足は、陰線(下落)を意味します。
◆実体よりも長いヒゲが出た場合、次の足は転換の可能性があります。
◆始値側で上ヒゲが付かない陽線は、次の足も陽線になる可能性が高いです。
◆同じく下ヒゲがつかない陰線は、次の足も陰線になる可能性が高いです。
◆上下に長いヒゲが出た状況はダマシに遭いやすいので注意です。
◆小さい陽線と陰線が交互に出る相場もダマシに遭いやすいです。

ローソク足の型で相場を見極める

酒田五法はローソク足の発案者とも言われている、山形県酒田市の天才相場師、本間宗久が江戸時代に米相場の分析用に、ローソク足の並びから考案し五法として体系化したものです。

酒田五法はローソク足の型から相場を分析


酒田五法は基本となる足型が「三山」「三川」「三空」「三兵」「三法」の五法になります。
非常に奥が深い手法になりますので、ここでは代表的な物のみを書いておきます。

三山と逆三山の解説


「三山」は、天井圏で現れた場合に、上昇の終焉を意味し下落になります。

特に真中の山が飛び抜けて高い場合は「三尊=ヘッドアンドショルダートップ」といい、より強い根拠の表れとしています。
逆に、底値圏で現れますと「逆三山」となり、下落の終焉を意味しこの後上昇に転じます。

特に真ん中の谷が深い場合は「逆三尊=ヘッドアンドショルダーボトム」といい、強い上昇を意味します。
ネックラインを引いて、3番目の山とネックラインが交差した位置で、ショートエントリーをします。

安全性を考慮する場合は、ネックラインを超えて下落した後に一度戻るケースが多いので、その後、ネックラインを再度割ってきますので、そこでショートエントリーをした方が良いです。
※上記画像ではネックラインを割ってそのまま下落しています。

三川の解説


三川は3本のローソク足から相場の転換点を見つけられます。
今回4パターンを紹介しますが、下記の2パターンは三川の典型的な型です。

相場が下落時に「三川明けの明星」が現れたら、上昇への転換を期待できます。
一方、上昇時に「三川宵の明星」が現れたら、下落トレンドへの転換の可能性が高いです。

三川明けの明星 買いサイン 三川宵の明星 売りサイン
下落基調で大陰線が出た後に下放れて始まり高値で引け、次のローソク足で陽の丸坊主が出た形 大陽線の後に上放れたものの上昇の勢いが弱く、次のローソク足で終値が大陽線の中心を下回る大陰線が出た形
三川川上放れ二羽烏 売りサイン 三川宵の十字星 売りサイン
大陽線後に上放れて始まったものの陰線になり、次のローソク足でも上放れたものの前日安値以下で引けて陰線になる形 三川宵の明星の2本目のローソク足が十字(寄り引け同時値)の時は強力な売サインになる。ただし、十字の次のローソク足が上放れての陽線なら買いサイン

三兵の解説


三兵も3本のローソク足が階段のように続いている型から、相場を分析する足型です。
陽線が前のローソク足を3本上回った型で現れる「赤三兵」は強い上昇が続くサインになります。

逆に陰線で前のローソク足を3本下回った方で現れる「黒三兵(三羽烏)」は下落のサインになります。

赤三兵 買いサイン 黒三兵(三羽烏) 売サイン
ローソク足が3本続けて、前のローソク足の高値を超えた形 ローソク足が3本続けて、前のローソク足の安値を下回った形
赤三線先づまり 買いサイン 同時三羽烏 売サイン
1本目のローソク足は大陽線、2、3本目は勢いが弱くなる形、2、3本目のローソク足に、上ヒゲが出た場合は上値余地が小さい 1本目の終値と2本目の始値、2本目の終値と3本目の始値が、同じになる3本の陰線の型

他に「赤三線思案星」=利食いのサイン、「坊主三羽」=売りサイン、などもあります。

三空の解説


三空は上昇相場や下降相場の途中に、ローソク足とローソク足の間に3ヵ所「空」が挟まります。
上記画像より「「三空叩き込み」=買いサイン、「三空踏み上げ」=売りサイン、などがあります。

三法の解説


酒田五法は休みも重要視しています。

三法には上記画像より
「下げ三法」=休みのサイン、「上げ三法」=休みのサインとなります。
他に「上放れ三法」=休みのサイン、「下放れ三法」=休みのサインなども有ります。
そして、相場格言に「休むも相場」というのがあります。

まとめ

テクニカル分析の基本中の基本である、ローソク足に特化して記事にしました。
ローソク足のみでも、かなり有力なサインが現れますので、研究をされる価値は十分に有ると思います。

そして、ローソク足の型を体系化した酒田五法も記事に含めました。
酒田五法のサインである型を、ローソク足のみで見極めるのは中々訓練が居ると思います。