仮想通貨「FCT」(Factom)の特徴、取り扱い取引所、将来性を解説

0
24

Factomは、Fact(事実)が語源の認証することを目的としたサービスで、文章や書類、記録などをブロックチェーンを用いて決して取り消されない形で残すことができるプラットフォームです。ビットコインのブロックチェーン技術を利用し、分散型のセキュリティシステムを提供しています。より強力なブロックチェーンとイメージするとわかりやすいかもしれません。

概要

名称 Factom(ファクトム)
通貨コード(シンボル) FCT
発行開始 2015年9月1日
承認アルゴリズム PoW(proof of works)
マイニング報酬
発行上限 なし
現在の流通量  8,745,102 FCT
ブロック生成時間
公式サイト https://www.factom.com/
取引履歴  https://explorer.factom.com/?source=e2_rewrite
ホワイトペーパー https://www.factom.com/devs/docs/guide/factom-white-paper-1-0

Factom(FCT)の特徴

FCTのプラットフォームは、ファクトムサーバー、エントリーブロック、ディレクトリブロック、ビットコインのブロックチェーンという4つの要素で成り立っています。

FCTの特徴として、ブロックチェーン上に取引データのみならずwordファイルのようなドキュメントの管理ができるという点が挙げられます。イーサリアムは契約書が付帯出来ますが、FCTは契約書の代わりにドキュメントが付帯出来るものになります。

FCTは元々ブロックチェーンの膨大なデータ量や手数料などのコストを削減するために開発されました。改ざんができないというブロックチェーンの特徴を活かし、FCTは様々な書類や記録を安全かつ確実に管理しようとしているのです。

中央集権型

FCTは「Factom.Ink」という企業が管理・運営しています。ほとんどの仮想通貨は管理者が存在しておらず、それが大きな特徴の一つだったわけですが管理者が存在するという点が他の仮想通貨とは異なります。管理者であるFactom.Inkが破綻すれば、それと同時にFCTが機能しなくなるということになります。この中央集権型をFCTのデメリットと言う人もいますが、一方で一つの有能なチームが開発から運営まで行うことが出来るので、ハードフォークなどの混乱を避けられるというメリットもあります。

dLoc

FCTの核となるのがdLocというプロジェクトです。

オンラインとオフラインをつなぐ、というコンセプトのもと、オフラインデータをブロック内に取り込むことにより、必要な個人情報をすべて把握できるようにするための開発を行っています。特にカルテなど、医療系の現場で情報を管理するのに活躍すると期待されています。

例えば、個人情報や医療履歴など紙ベースだったオフラインのデータをDLOCステッカーというものに取り込みます。

このDLOCステッカーにはNFCという、日本ではSuicaなどに採用されている非接触で情報をやり取りする技術が搭載されておりステッカーをスキャンすればその文書の履歴を一括して参照することができます。

このDLOCステッカーによって情報はオンラインのデータになるため、どこの病院に行ったとしても、バーコードやQRコードを読み込めば、個人のアレルギー情報や過去の医療履歴などが把握でき、より的確な診断が可能となるのです。DLOCステッカーはブロックチェーン上に記録されるので、改ざんや不正ができません。

これがあれば、例えば新しい病院に行く度に体の情報を医者か確認する手間を省くことが出来たりするかもしれません。

Factom Harmony

FCTが現在進行させているプロジェクトの一つとして、Factom Harmonyが挙げられます。これは米国の「住宅ローン市場における文書管理」に焦点を当てたプロジェクトです。住宅ローン市場をより効率的にするプロジェクトになります。

米国に限らず、住宅ローンを契約する際には契約書等で、その平均の書類量は一件あたりおよそ500ページあると言われており、莫大な量の書類が発生しております。住宅ローンを契約している人ならば自分の書類だけ管理していれば良いのでそれほど大きな負担ではないかもしれませんが、多くのの契約者を抱えている不動産業者にとっては莫大な書類を抱えることになります。さらに住宅ローンという性質上、何十年という長期に渡って適切に管理しなければならないのでその管理コストは莫大なものになります。毎年不動産業者が書類を管理する費用は5兆円に登るとも言われています。

さらに何かの事情で過去の書類を参照しなければならない事態になった時にその書類を取り出すのは至難の業です。

今は不動産業者のみならず、不動産を証券化したような金融機関も同様の課題を抱えることになります。

これをブロックチェーンによって一挙に解決しようというのがFactom Harmonyプロジェクトです。従来紙の書類や単純な電子データとしてバラバラに保管されていた書類をFactom Harmony上で保管することにより、「莫大な保管コスト」と「参照困難性」を解決しようという試みです。このプラットフォームの導入により、米国のみならず他の国でも不動産業者や金融業者のコスト削減に寄与することが期待されています。


仕組み

まずは個人情報のような情報のうち、残したい情報をエントリーし、その情報をエントリーサーバーに残します。

次にエントリーされた情報達をハッシュ化、つまり暗号化をしてディレクトリサーバーに集約します。

最後にそのディレクトリサーバーを一つのブロックとしてブロックチェーンで繋いでやる、といった仕組みになります。

こうやってドキュメントを一つの単位として情報を取り込むことによりスケーラビリティの問題を解決していきます。

購入出来る取引所

FCTを購入出来る取引所は国内ではcoincheck、海外ではUpbit、Bittrex、Poloniexなどとなっております。

コインチェック(取引停止中)

ビットコインは取引所ですが、アルトコインは販売所のため売買価格に価格差が生じます。

現在取引停止、出金対応のみとなっていますが、扱っている通貨数は多いです。

コインチェック(Coincheck)取引所はこちらから

Upbit

韓国の仮想通貨取引所。カカオトークのグループ会社が運営しています。Bittrexと提携し、非常に多くのコインを扱っているのが特徴。

Bittrex(ビットレックス)

約200種類のコインを扱っており、取引高も世界第8位に位置する取引所です。

その他の海外の取引所と比べると取引手数料は少し高めで0.25%となっています。とはいえ取り扱っているコインの数は多いので、Bittrexに登録だけしておくのは良いと思います。

また名前、住所、国籍の入力のみで24時間で3BTC分の出金をすることができます。

パスポートや免許証で本人確認すれば最大で100BTCまで出金をすることができます。

免許証を使う場合には名前や住所を英語訳した紙が必要になるので、パスポートの方が無難であると言えます。

Poloniex(ポロニエックス)

国内の取引所に比較して取り扱い通貨は70種類以上と多めになっています。

また手数料も安めで基本0.15~0.25%ですが、取引量に応じてどんどん安くなっていく仕組みになっています。

本人確認では免許証・パスポートで行うことができます。

価格

2018年1月に瞬間ですが1万円を超えました。その後は中国のICO禁止や取引所の禁止で1500円円辺りで反発しておりましたが、今は3000円弱のところに落ち着いています。直近はビットコインのみならずNEMなども下げ止まった様相となっておりますので仮想通貨全体が反発する局面も近いかもしれません。

将来性

ビットコインは一つのブロックを作るのに10分かかることで、最近はスケーラビリティの問題が出て来ておりますがこのFCTはドキュメントで管理することによりその問題を解決しようとしております。特に医療に関わる情報や住宅ローンなどに関わる費用が削減される事が期待できます。

住宅ローンに関してはアメリカでは160兆円程度のマーケットになっておりますので期待は大きいです。現状のFCTの時価総額は約2兆円程度になっております。もしこのマーケットを2割取り込めれば32兆円になり時価総額は16倍になる、という計算になります。医療などの用途に使われることになるとさらに上振れする可能性もあります。

一方でこのFCTは発行上限が決まっていませんので仮にFCTの時価総額が10倍になってもFCT1枚辺りの価格が10倍になる、ということではありません。

またFactom.Inkという中央管理者がいるので、もしこの会社が破綻してしまうとFCTにもその影響が及んでしまいますのでここもリスクとなります。