イーサリアム・クラシック(ETC)の特徴、上場取引所、将来性を解説

0
23

今でこそイーサリアムはアルトコインでも高い地位にある通貨ですが過去には様々な苦難がありました。イーサリアム・クラッシックはその名前の通り、イーサリアムから生まれてきた通貨です。TheDAO事件という事件をきっかけに誕生しました。これはイーサリアムのみならず仮想通貨の在り方を考えさせられる事件になりました。

仮想通貨「イーサリアム」(ETH)の特徴とは? 価格推移や今後の将来性を解説

イーサリアム・クラッシックが誕生した背景

イーサリアム・クラッシックはイーサリアムのTheDAOという時間のハッキングから始まりました。

TheDAOとはプロジェクトの名前です。このプロジェクトでし使用される通貨(トークン)がDAOです。これは、イーサリアムというプロジェクト、ETHという仮想通貨があることと同じです。

DAOというトークンは、

「decentralized autonomous organization」の頭文字から来ています。「非中央集権で自主的な組織」という意味です。この当時、法定通貨の特徴である中央集権の仕組みに対抗する形で管理者がいなくても成立するような仕組みを作ることが流行りであったのではないかと思います。

TheDAOは投資ファンドを非中央集権で行うプロジェクトです。投資ファンドと言えば投資信託会社等のような運営主体が存在し、そこが投資スタイルを決定しそのスタイルに賛同した投資家から広く資金を集めます。運営が投資先を決め利益が出た時にはその配当を投資家に配分するという流れが一般的でした。

しかし、TheDAOはイーサリアムのスマートコントラクトを使い、投資家全員から投票することによって投資先を決める、という合議制で行うことにより管理者がいなくても成り立つシステムを作り上げました。

当時このプロジェクトは非常に革新的なものと捉えられていましたがシステムが脆弱で投資家に配分するはずの通貨を別の第三者に配るようにプログラムを書き換えたことによりDAOの総発行額の約1/3である50億円相当額が盗まれる事になりました。

そこでイーサリアムの仕様が不完全だと言う意見が持ち上がり仕様をアップデートしようという議論になりました。しかし、元々仮想通貨は管理者がいないことが大きな特徴の一つであったにも関わらず仕様を変更する事はその精神に反するということでそのまま変更しない方がいい、という意見もあり最終的にはイーサリアムをハードフォークすることでイーサリアムとイーサリアム・クラッシックという二つの通貨に分裂することになりました。

ハードフォークとは?
ブロックチェーンは基本的に新しいブロックを作る際に新しいチェーンが一つしか出来ない為に改ざんが出来ない、という性質がありますが今回の分裂ではこれまでのブロックチェーンは変更しませんが、新しく作るチェーンをイーサリアムのチェーンとイーサリアム・クラッシックの二つを作り、それ以降は全く別の通貨として一つずつチェーンを連ねていく方式です。その為、イーサリアム・クラッシックはこれまでの仕様と全く変更ない状態であり、新しいイーサリアムの方はThe DAO事件が起きた時のようなハッキングが二度と起きないようにプログラムが強化されております。その為、非中央集権的な部分は無くなってしまいました。イーサリアムはこのハードフォークによる分裂の形がとられる事によりイーサリアム擁護派の意見も聞き入れる形になっております。ちなみに今回のハードフォークによってそもそも通貨の不正流出を無かったことにしています。

 

ソフトフォークとは?
今回は採用されませんでしたがソフトフォークという選択肢もありました。イーサリアムの生みの親ヴィタリックブリテンがTheDAO事件を受けて最初はソフトフォークを提案しておりました。ソフトフォークがハードフォークと違うのはハードフォークはブロックチェーンが2つに分かれるのに対してソフトフォークはブロックチェーンは1つです。厳密に言えば途中で2つに分かれるのですが最終的に一つになりあます。まず、二つの仕様でチェーンを作りそれぞれ旧ルールと新ルールで繋げていきます。そして投票を行い多数決をとった方のチェーンの方に収束していきます。

イーサリアム・クラシック(ETC)の特徴

イーサリアム・クラシックは元々はイーサリアムと同じ仕様だった為、基本的な性能はイーサリアムと同じです。ですので違う部分を見ていきます。

当初に作成させた仕様を重要視する考え方で code is lawと呼びます 。一方のイーサリアムは参加者の意見を重要視している為、community is law という呼び方をします。

イーサリアムは将来PoWからPoSに移行することが決まっておりますがクラッシックはPoWのままになります。

また「旧イーサリアムの価格」=「新イーサリアムの価格」+「イーサリアムクラシックの価格」となっており、分裂直後は特に通貨が2つになったからといって利益が出ている訳ではありません。

更なるハードフォーク

これまでの経緯かによりイーサリアムから分裂したイーサリアム・クラッシックですが、2018年3月にまたハードフォークを行う予定になっております。

新しいプロジェクトは Callistoと呼び、トークンはCLOとなっております。こちらは実験的に行われたプロジェクトですが、イーサリアム・クラッシックのブロックチェーンに補助的なサイドチェーン(CLO)を生成し、ブロック生成に係るコストを削減していくという試みです。

今回はイーサリアム・クラシック1枚につきCLO1枚が配布される予定です。このように無料で仮想通貨が配布されることをエアドロップと言います。(先ほどの件でもありましたがコインの枚数は増えますがそのタイミングでは価値は増えているわけではありません。)

概要

名称 イーサリアム・クラシック
通貨コード(シンボル) ETC
発行開始 2016年7月20日
承認アルゴリズム Ethash、Proof of Work
マイニング報酬
発行上限 なし
現在の流通量 100,577,615 ETC
ブロック生成時間  約15秒
公式サイト https://ethereumclassic.github.io/
取引履歴 https://gastracker.io/
ソースコード https://github.com/ethereumproject

イーサリアム・クラシック(ETC)の購入出来る取引所

イーサリアムが購入出来る取引所は国内ではbitFlyer、コインチェックとなっております。コインチェックは2018年2月から取引停止となっております。海外の取引所ではBittrex、Poloniexが代表的ですが、多くの取引所に上場されています。

取引所 特徴
bitFlyer 日本最大の取引量を誇る仮想通貨取引所
コインチェック 使いやすいアプリで利用者が多い取引所(現在取引停止中)

ビットフライヤー(bitFlyer)

日本最大の仮想通貨取引所ですが、アルトコインを買う場合には価格差(スプレッド)が生じるので注意が必要です。とはいえ流動性はあるので登録しておいて損はないと思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所はこちらから

コインチェック(取引停止中)

ビットコインは取引所ですが、アルトコインは販売所のため売買価格に価格差が生じます。

現在取引停止、出金対応のみとなっていますが、扱っている通貨数は多いです。

コインチェック(Coincheck)取引所はこちらから

イーサリアム・クラシック(ETC)のこれまでのチャートと将来性

TradingView.comよりイーサリアム・クラシックとイーサリアムの比較チャート

イーサリアム・クラッシックはイーサリアムから派生した通貨であるのでイーサリアムとの比較をするのがいいかと思います。ハードフォークが行われた直後は0.5ETHを付けましたが現在は0.03ETH程度になっており、徐々に弱くなっているのが現状です。

将来性は?

イーサリアム・クラシックは機能面でもチャートを見ても正直イーサリアムに劣後するのではないかと思いますので長期的にはイーサリアムを保有していくのがいいのではないかと思います。したがって、イーサリアム・クラシックに投資する場合には、短期的な値上がりを求めていくのがいいのではないかと思います。

ただし、これはあくまで現状の話です、現状ではイーサリアムの下位可換の位置づけになっておりますが Callisto等のこれまでにはない試みを行っておりますので何か新しいイノベーションがあればその限りではないかと思います。