DMM Bitcoinで仮想通貨を購入する方法!入金から出金まで徹底解説!

0
4

2017年、仮想通貨が爆発的に普及したことに伴い、国内の仮想通貨取引所も増えてきました。そんな中、DMMも「DMM Bitcoin」という取引所を開設しています。DMMは、DMM.com証券で株式の売買事業も行ってきたことから、金融サービスに関するノウハウが豊富にある企業です。これまでDMM.com証券を利用していた人であれば、使い方なども似ているためDMM Bitcoinは利用しやすいかもしれません。

一方で、これまで株などの投資をしたことがない場合、自分にもできるか分からないという人もいるかもしれません。しかし、DMM Bitcoinで仮想通貨の取引をするのは、そう難しいことではありません。そこで今回はDMM Bitcoinでの口座開設と取引の方法を解説していきます。

DMM Bitcoinはこちら

DMM Bitcoinとはどのような取引所か?

仮想通貨取引所のDMM Bitcoinは、DMMのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営しています。DMMはネット販売事業や証券会社、そしてアニメ事業やゲームコンテンツ制作事業など、非常に幅広い事業を展開している企業です。

仮想通貨取引や証券会社以外でも「DMM」という企業名を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。最近ではタレントのローラさんをCMに起用したことでも注目されました。仮想通貨取引所では後発といえるDMM Bitcoinですが、利用者の中では知名度は高いと言えます。その大きな理由としては、アルトコインのレバレッジ取引が可能という点にあります。

アルトコインというのはビットコイン以外の仮想通貨の総称であり、有名なアルトコインでいうと「リップル」や「イーサリアム」などがあります。また、先日コインチェク社から流出した「ネム」も、アルトコインの一種になります。レバレッジ取引というのは、保有する資金以上の金額で取引をすることができる取引方法です。

アルトコインのレバレッジ取引を行っている仮想通貨取引所は少なく、そのほとんどがビットコインのレバレッジ取引でした。しかし、アルトコインでもレバレッジ取引をしたいという人も一定数存在します。そのニーズに応えていることが、DMM Bitcoinが後発ながらもユーザーを集めている理由といえるでしょう。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨は他社にも負けてない!

それでは、DMM Bitcoinではどのような仮想通貨を購入することができるのでしょうか。2018年3月10日現在の取り扱い銘柄の一覧は以下の通りです。

ビットコイン(BTC) 仮想通貨の基軸通貨とも言える仮想通貨
イーサリアム(ETH) 分散型アプリケーションの基盤となる仮想通貨
イーサリアムクラシック(ETC) 現行のイーサリアムがフォークされる前のもの
ライトコイン(LTC) ビットコインから派生した決済用の仮想通貨
ビットコインキャッシュ(BHC) ビットコインから分岐し新機能を付加した仮想通貨
ネム(XEM) エンタープライズ向けのブロックチェーンを標榜する仮想通貨
リップル(XRP) 国際間決済のために開発された仮想通貨

取り扱い通貨の種類は、ほかの仮想通貨取引所と比較しても遜色ないと言えるでしょう。通貨ペアで考えると、以下の14種類になります。DMM Bitcoinに限らず、取引所の取り扱い通貨は変更になることがあります。そのため、口座を開設する前に、改めて確認しておいた方が良いでしょう。

ビットコイン/円(BTC/JPY) イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
イーサリアム/円(ETH/JPY) イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
ネム/円(XEM/JPY) ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
リップル/円(XRP/JPY) リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
ライトコイン/円(LTC/JPY) ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
イーサクラシック/円(ETC/JPY) イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY) ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

DMM Bitcoinは取引手数料の低さが特徴

仮想通貨取引所で通貨を購入すると、売買金額や通貨の種類に応じて取引手数料がかかります。そのため、「仮想通貨の種類」と同じく、「手数料」も仮想通貨取引所を選ぶときに重視されます。DMM Bitcoinでは取引手数料が基本的には「無料」となっています。つまり、どんなに取引しても、手数料を支払う必要がないということです。

ただし、レバレッジ取引をした場合は手数料が0.04%かかるので注意が必要です。レバレッジ取引は自己資金以上の取引ができますが、「お金を借りて」取引をするというイメージに近いです。その点を踏まえると、0.04%の手数料は決して高くないと言えるでしょう。

なお、取引手数料は変更になることもあるので、定期的に確認しておくようにしましょう。特に、短期取引をメインにする場合は、取引手数料は収益結果に大きな影響を与えることになります。

入出金無料はほかの取引所にはない魅力

DMM Bitcoinの大きな特徴として、日本円の入出金が無料になっています。ちなみに他の仮想通貨取引所では、300円~700円ほどで設定されていることが多いです。しかし、DMM Bitcoinでは、「クイック入金」というすぐに入金できる方法を利用しても、入金手数料はかかりません。この点は、「アルトコインのレバレッジ取引ができる」という点と同じくらい、DMM Bitcoinの特徴と言えるでしょう。

 

DMM Bitcoinに日本円を入金するには?

DMM Bitcoinで通貨を購入するためには、基本的にはまず日本円を入金することになります。すでに他の取引所に仮想通貨を保有している場合は、仮想通貨を送金して購入することも可能です。ここでは、日本円を入金する方法を解説していきます。

クイック入金

クイック入金では、DMM Bitcoinが指定するネットバンキングで入金する形になります。メリットとしては、ほぼタイムラグなく入金できることです。クイック入金の受付時間などは以下のようになっています。

・受付時間:24時間365日
・手数料:無料
・最低金額:5,000円以上
・最高金額:1億円未満
・反映時間:即時反映

銀行振込

クイック入金ではなく、指定の銀行口座へ振り込むことで入金することもできます。手数料や入金スピードを考えると、クイック入金の方がメリットは大きいです。ただしクイック入金はセキュリティ上の観点から、資金移動に制限があります。具体的には、クイック入金で購入した仮想通貨は入金した日から1週間は動かせないようになっています。この制限を加味して、どちらの入金方法にするかを検討しましょう。

・受付時間:24時間365日
・手数料:銀行で入金手数料がかかる場合は負担金あり
・最低金額:制限なし
・最高金額:制限なし
・反映時間:当日~翌営業日

DMM Bitcoinでビットコインを購入する方法

それでは、実際にDMM Bitcoinで仮想通貨を購入してみましょう。DMM Bitcoinで仮想通貨を購入するためには、以下の方法があります。

・ビットコイン、イーサリアム:現物取引もレバレッジ取引も可能
・そのほかの仮想通貨:レバレッジ取引のみ

現物取引とは、レバレッジをかけない取引のことです。つまり、自分が入金した日本円を限度として取引することになります。上記のように、DMM Bitcoinはビットコインとイーサリアムは現物取引ができるのですが、ほかのアルトコインに関してはレバレッジ取引のみとなっています。また、一般的に仮想通貨取引所には取引所と販売所がありますが、DMM Bitcoinには販売所しかありません。

販売所と取引所の違いは、誰と取引するかという点にあります。販売所ではDMM Bitcoinと仮想通貨の売買を行います。それに対して取引所では、他のユーザーと仮想通貨を売買します。販売所の方が簡単に購入できる反面、スプレッドと言われる手数料が高くなります。そのため、できることなら取引所で購入した方が良いのですが、アルトコインでレバレッジ取引をしたい場合は、DMM Bitcoinを利用してみると良いでしょう。

販売所で現物取引する

まず、DMM Bitcoinのホームページを開き、右上にあるマイページボタンを押します。そこで、IDとパスワードを入力すると、入金金額などが表示されているマイページへ飛びます。

 

次に、マイページのサイドバーにある「トレード口座」をクリックすると、以下の画面になります。左上の欄に現物取引かレバレッジ取引、そして取引する通貨を選ぶことができるので、「現物 BTC/JPY」を選択します。

そうすると以下のようなウインドウが出てくるので、数量の欄に購入する仮想通貨の枚数を入力します。購入金額は赤枠で囲われている「買Ask 1,017591」になります。この場合、購入金額は1BTCあたり1,017591円になります。なお、最小購入単位は0.001なので1,000円強から購入できるということになります。

上記のように、「売Bid 978,591」と「買Ask 1,017591」には、39,000円の差があります。つまり、1ビットコインを購入して即売却すると、3.9万円損をするということです。この差額をスプレッドと呼び、取引所の手数料のような扱いになります。

 販売所でレバレッジ取引する

次に、販売所でレバレッジ取引をする方法をご紹介します。レバレッジ取引も基本的には上述した現物取引の流れと変わりません。まず、マイページに入り、「トレード口座」をクリックします。その後、以下の画面にて、「レバ BTC/JPY」を選択します。

 

そうすると以下の画面になりますので、後は現物取引と同じです。「買Ask」の金額を確認し、数量を入力して購入するという流れになります。レバレッジ取引では、保有する資金よりも大きな金額の取引ができることから、短期間で収益を上げることが可能になります。その一方で、相場の急変などにより多額の損失を被る危険もあります。いわゆるハイリスク・ハイリターンの投資方法となるため、利用方法だけでなく取引上のリスクを十分に確認してから利用するようにしましょう。

 

DMM Bitcoinから仮想通貨を送金する方法!

仮想通貨を購入したら、その仮想通貨を他の取引所へ送金することも可能です。例えば、DMM Bitcoinで取り扱っていない通貨を購入するために、DMM Bitcoinに保有する仮想通貨を他の取引所へ送金するというパターンがあるかもしれません。仮想通貨を送金する方法は、まずマイページを開いて以下の項目をクリックします。

ここで「BTC出庫」をクリックすればビットコインが送金できますし、「ETH出庫」をクリックすれば、イーサリアムを送金することができます。少し分かりづらいですが、出庫は送金と同じ意味と考えて良いです。なお、DMM Bitcoinから送金できるのは、ビットコインとイーサリアムのみとなっています。

「BTC出庫」を選択すると以下の画面になります。

・出庫アドレス:送金する先の仮想通貨取引所のアドレスを入力
・出庫数:送金するビットコインの枚数を入力
・出庫手数料:送金時にかかる手数料
・出庫の目的:選択肢ができるので選定
・二段階認証:設定している場合はアプリのコードが必要

上記を入力して、一番下にある「出庫する」をクリックすれば、仮想通貨の送金手続きが完了となります。また、イーサリアムを送金する場合も同じ手順になります。

日本円の出金方法

 

最後にDMM Bitcoinで購入した仮想通貨を日本円に替え、その日本円を出金する方法を解説します。仮想通貨を日本円に替えるためには、仮想通貨を販売所で仮想通貨を売却する必要があります。売却の方法は、先述した購入方法とほとんど同じで「買 Ask」ではなく「売 Bid」を選択すると売却できるようになっています。

仮想通貨を売却すると日本円の出金ができるようになります。まずは振込先の口座を登録してみましょう。マイページにある「各種設定」の「出金口座の銀行設定」をクリックします。

そうすると以下の画面が出てくるので、銀行名、支店名、口座タイプ、口座番号、口座名義、そして二段階認証のコードを入力します。その後、下部にある「新規口座登録」をクリックすれば、銀行口座が登録されます。

次に、同じくマイページにある「出金・出庫」の「日本円出金」をクリックします。

 そうすると、以下のような画面になるので、まずは先ほど登録した金融機関がきちんと登録されているかを確認しましょう。その後、以下のように出金額と認証コードを入力して、「出金申請する」をクリックするという流れです。

日本円の出金が反映される時間は、金融機関によって異なってきます。DMM Bitcoinのホームページに記載されている概要は以下の通りです。

・受付時間:24時間365日
・手数料:無料
・最低金額:2,000円/1日1回
・最高金額:1億円未満/1日1回
・所要時間:出金ご依頼後3銀行営業日以内

まとめ

今回はDMM Bitcoinで取引する方法をご紹介しました。比較的知名度のある企業が運営する取引所ですが、知名度だけでなくアルトコインのレバレッジ取引ができることや、取引手数料と入出金手数料が無料という大きな特徴がある取引所です。取引所は長期間にわたって利用することもあるため、手数料が無料という点は非常に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。口座開設の手続きは簡単にできてしまうので、まずは登録してみると良いでしょう。

DMM Bitcoinはこちら

仮想通貨取引所のDMMビットコインとは?運営会社・取り扱い通貨・手数料を徹底解説!