トレンドの強さを表すDMIの使い方を解説

FXトレードで、トレンドの強弱は収益においても、大変重要と言えます。
トレンドが強く長く続きますと、それだけ収益は伸ばせますし、トレンドが弱ければ直ぐに手仕舞いをしないとなりません。
今回、トレンドの強弱を表す「ADX」と、トレンドの方向性を示してくれる「+DI」と「-DI」の3本の線を一つのサブウインドウに表示するDMIについて解説していきます。

DMIとはどんなインジケーター

DMI は「RSI」や「パラボリック」を開発したJ.W.ワイルダー氏(J. Welles Wilder, Jr.)が1978年に考案し発表しました。
Directional Movement Indexの略になり、日本語で言いますと方向性指数となります。
トレンドの強さを表す「ADX」とトレンドの方向を表す、「+DI」と「-DI」の3本のラインで構成されています。
相場のトレンドを把握するのに、大変役に立つテクニカル指標です。

ADXを解説

では、まずADXの特徴から見て行きます。
ADX(Average-DIrectional Movement Index)はトレンドの強さでラインが上下します。
「アップトレンド」「ダウントレンド」どちらでも、強い場合にラインは上昇をして行き、トレンドが弱いときは下方へラインは低迷し続けます。
表示のさせ方は下記を参考にして下さい。

ADX/DMIの表示方法1
MT4の「挿入」⇒「インディケータ」⇒「トレンド」⇒「Average-DIrectional Movement Index」をクリックします。

ADXを見やすくする為「+DI」と「-DI」は見えないようにNoneに設定変更です。

あるいは

ADX/DMIの表示方法2
MT4の「表示」⇒「ナビゲーター」⇒「インディケータ」⇒「トレンド」⇒「Average-DIrectional Movement Index」を

チャートにドラッグアンドドロップをしても表示されます。

ドラッグアンドドロップ後に設定ウインドウが開きます。

期間は14日を推奨、カラーは任意 +DI-DIは見えない様に設定変更です

◆上記画像はドル/円の4時間足チャートです、ご覧ください。
黄色のラインがADXになります。
上の段のローソク足と比較してご覧ください。

①のエリアでは細かな値幅の変動になっていますので、ADXのライン変動は激しくないです。
②のエリアは強い下落の後、反転急上昇をして、ADXラインは上昇したままでいます。
③のエリアは価格が上昇しきった状態で横ばいになりADXはゆっくりと下降しております。
④のエリアでは、下落が始まり、ADXは強く上昇をしております。
⑤のエリアは下落が終わり、横ばい状態の為、ADXは下降気味です。

「+DI」と「-DI」を解説

ADXでトレンドの強弱が把握できますが、相場が上昇しているのか、下落しているのかはADXを見ているだけでは分かりません。
DMI(Directional Movement Index)は、ADXにレートが上昇なのか下降なのかを知らせる「+DI」(Direction Indicator)と「-DI」のラインを合わせた状態を言います。

+DIと-DIを見えるように変更
プロパティーの設定を変更します。

色の設定タブで+DIと-DIのカラーがNoneになっていますので、任意のカーに変更します。

「+DI」(青色ライン)がレートの上昇を表し、「-DI」(桃色ライン)が下落を表します。

◆上記画像をご覧ください。
「ADX」(黄色ライン)はトレンドの変動幅の勢いを表し、価格の上昇下降に関わらず変動をします。
「+DI」(青色ライン)は上昇トレンドが強いと、青色ラインは上昇し、弱まると下降します。
「-DI」(桃色ライン)は下落トレンドが強いと、桃色ラインは上昇し、弱まると下降します。

①のエリアではADXが大きく上昇し-DIは+DIを超え上昇をしています、ローソク足は下落しています。
②のエリアはレートの移動平均線を中心に上下動が細かくレンジ相場になります。
③のエリアはADXと-DIのラインが上昇し、相場も下落をしており、途中一度は+DIが上昇して持ち直しますが再度、-DIが上昇して相場は売られ続けています。
④のエリアはADXと+DIが上昇し、+DIの頂上到達と共に-DIが上昇をして来てもみ合い相場になります。
⑤のエリアはADXと+DIが上昇し、ADXと+DIの頂上到達と共にもみ合い相場になります。
⑥のエリアはADX,+DI, -DI、3本のラインが低迷しており⑤エリアの後半からレンジ相場になります。
⑦のエリアはADXと+DIが上昇し、+DIの頂上到達と共に、-DIが上昇をして来て相場は大きく下落をしています。
⑧のエリアはADX,+DI,-DI、3本のラインが低迷しておりレンジ相場になります。

DMIの売買のサイン

ADXの上昇が始まり、+DIの上昇はレートの上昇を表しておりますので、-DIのラインを下から上抜いた位置がロングエントリーのサインになります。
ロングエントリーの決済位置は、+DIの頂上到達と同時に、+DIが減少しADXも減少を始めた位置です。

同じく、ADXの上昇と共に-DIが上昇し、+DIを上抜いた位置は、ショートエントリーのサインになります。
ショートエントリーの決済位置は、-DIの頂上到達と同時に、-DIが減少しADXも減少を始めた位置です。
ADXのラインにも注目をして置いてください、ラインが下降し始めたら相場の勢いは無くなりますので、クローズをします。

DMIの計算式

計算式は、多少ややこしいので参考程度にご覧ください。
<DI(Direction Indicator)の計算式>
+DI=(n日間の+DMの合計)÷(n日間のTRの合計)×100
-DI=(n日間の-DMの合計)÷(n日間のTRの合計)×100

<DM(Direction Movement)の計算式>
+DM=当日の高値-前日の高値
-DM=前日の安値-当日の安値
条件1、+DM<0の時は+DM=0、-DM<0の時は-DM=0
条件2、+DM>-DMの時は-DM=0、-DM>+DMの時は+DM=0

<TR(True Range)の計算式> ※下記3つの中の最大値
①当日の高値-当日の安値=A 
②当日の高値-前日の終値=B 
③前日の終値-当日の安値=C
TR=MAX(A,B,C)

<ADX(Averaege Directional Index)の計算式>
ADX = DXのn日間の平均
DXは+DIから-DIを引いた値の絶対値をDIの合計(+DIと-DIを足した値)で割ることによって求めます。
DX=|(+DI)-(-DI)|÷DIの合計

DMIをチャートで検証

過去チャートで検証をしてみます。

①-DIが+DIを上抜いた位置でロングエントリーをします、クローズはADXが頂点を向かえ下降始めた位置の②のやや手前になります。
②+DIが-DIを上抜いた位置でロングエントリーをします、クローズは-DIが上昇してきた位置になります。
③-DIが+DIを上抜いた位置でショートエントリーをします、クローズは-DIが頂点を向かえ下降を始めた位置になります。
④-DIが+DIを上抜いた位置でショートエントリーをします、クローズは⑤のやや手前+DIが上昇を始めた位置になります。
⑤+DIが-DIを上抜いた位置でロングエントリーをします、クローズは+DIとADXが頂上を向かえ下降を始めた位置です。
⑥-DIが+DIを上抜いた位置でショートエントリーをします、クローズはこれ以降レンジ相場になりますので早めの位置になります。レンジ相場でエントリーを試みる場合は時間足を短期に変えた方が良いです。
⑦+DIが-DIを上抜いた位置でロングエントリーをします、クローズは+DIとADXが頂上を向かえ下降を始めた位置で、ここは大きく取れます。
⑧-DIが+DIを上抜いた位置でショートエントリーをします、-DI とADXが頂上を向かえ下降を始めた位置で、ここも大きく取れます。

まとめ

トレンドの勢いと方向性を3本のラインで知らせてくれる、DMIは使い方に慣れれば、非常に役に立つテクニカル指標です。
エントリー後はADXと±DIのラインに注目をして下さい、ラインが下がりだしたら、速やかに手仕舞いします。

今回は、4時間足で使いましたので、レンジ相場では全くエントリーを考えずに検証をしましたが、短い時間足に変えてデイトレードやスキャルピングにも利用できると思います。
チャート検証は1画面分しかしていませんが十分に使えるインジケーターだと思います。