仮想通貨の売買や入出金もできる!bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を解説

0
7

日本最大級の仮想取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)では、パソコン版の他に扱いやすいスマホアプリも提供しています。仮想通貨はボラティリティが高い投資方法であるため、外出先であっても隙間時間にチャートや取引状況をチェックしたいという方も多いのではないでしょうか。そんな方にとってスマホアプリは最適です。今回はビットフライヤーのアプリの使用方法について最初から最後までご説明します。アプリを使用する上での注意点もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ビットフライヤーのアプリをインストール

ビットフライヤーのスマホアプリはiPhoneのiOS版とAndroid版が用意されています。アップルストアまたは、グーグルストアからインストールが可能です。こちらのリンクからアプリをダウンロードできます。https://bitflyer.com/appinfo

アプリのインストールが終わった後の手順をご説明していきます。アプリを開くと「アカウント作成」と「ログイン」の二つのボタンが表示されます。もともとビットフライヤーのアカウントを持っていた場合には「ログイン」を押して、「Eメール」と「パスワード」を入力すればログイン完了です。二段階認証の設定をしている場合にはここで六桁の認証番号を入力することが必要になります。

初めて利用する際には、「アカウント作成」をタップします。パソコン版と同様にメールアドレスを入力、送信するだけで簡単にアカウントを作成できます。1分もかからないので、まずはアカウントを作成してみましょう。

登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、そこに乗っているURLをクリックして登録完了です。アカウント登録と本人確認を行うには、まずログイン後に左上にあるメニューボタンをタップします。すると一番上にアカウント名が表示されるので、クリックします。

次の画面で「登録内容」と書かれているボタンを押します。本人情報の登録、書類の提出、本人確認書類の確認、転送不要書留郵便の受取という登録内容が並んでいます。最後の書類は本人確認後に受け取る住所確認書類です。申請してから数日で届きますが、ビットフライヤーが書類を確認するまで取引を開始できませんのでご注意ください。

その下にある追加情報も取引開始までに登録しておくと、後々になって便利です。「Facebook連携」はしなくても得に問題はありませんが、「携帯電話認証」は二段階認証に利用する電話番号になるので登録しておいた方がいいでしょう。「銀行口座確認」も出金時に必要になる手続きですので、今のうちに登録しておくと良いでしょう。

 ビットフライヤーのアプリでできることは?

ビットフライヤーのスマホアプリでは、ビットコインやアルトコインの保管先として利用できるだけではなく、仮想通貨の売買や送金等もできるようになっています。パソコン版よりできることは限られますが、アプリであれば常に仮想通貨の値動きを確認できるためインストールしておいた方が良いでしょう。アプリでは主に以下のようなことができるようになっています。

▽ビットフライヤーのアプリでできること
・ホーム画面から仮想通貨の価格を確認できる(ウィジェットの登録ができる)
・日本円や仮想通貨の入出金ができる
・仮想通貨の購入と売却ができる
・損益と総資産の確認ができる
・パスワードや二段階認証の変更ができる
・Lightning web へのリンク

ホーム画面から仮想通貨の金額を確認できるウィジェットの登録ができる

iPhoneにビットフライヤーのアプリを入れておくと、ウィジェットの登録ができます。ウィジェットとはホーム画面にあるアイコンから情報をチェックしたり、アプリの一部の機能が使えたりできるいわゆるアプリのショートカット機能のことを指します。

アンドロイドではホーム画面を長押しすることでウィジェットの編集画面になります。iPhoneでは画面の上部から下にスワイプすることで通知センターが表示されるので、そこにある「編集」ボタンを押すとウィジェットを編集することができます。これにより、アプリを開かなくても価格の確認ができるので隙間時間のチェックに活用できそうです。

日本円や仮想通貨の入出金ができる

ビットフライヤーのアプリから仮想通貨や日本円を入出金することができます。まずはホーム画面から「アカウント」を押し、そこに出てきたメニューの中から「入金」「出金」のうち行いたい方を選択します。仮想通貨の出し入れを行いたい場合は、扱いたい仮想通貨をタップしてください。入金の際には、QRコードとその仮想通貨のアドレスが表示されます。送金の場合には送金先のQRコードを読み取るか、送金先の仮想通貨アドレスを入力することで送金することができます。

入出金欄の上部にある「日本円」をタップすると日本円の入出金も可能になります。入金する際の振込先はどこから入金しても「カ)ビットフライヤー」となっています。クイック入金など手軽に入金できるシステムもありますが、手数料が高めになっているので入金前に確認しておくようにしましょう。

 仮想通貨の購入と売却ができる

ビットフライヤーではアプリからでも仮想通貨の売買が可能です。アプリでも販売所と取引所が利用できます。パソコン版と同じく、取引所ではビットコインのみの取り扱いとなっています。取引所の方が購入時の手数料を抑えることができるので、ビットコインは取引所で購入し、アルトコインは販売所で購入するといいでしょう。

仮想通貨の価格を確認するだけであれば、アプリを開くだけでも確認することができますが、実際に売り買いするためにはログインする必要があります。※ログインにはメールアドレスとパスワードが必要です。

ビットフライヤーにログインしたら、販売所と取引所を選択する画面になります。 ここで販売所を選択すると、それぞれの仮想通貨ごとのチャートを開くことができます。販売所でビットコインを購入する場合は次の画面が表示されます。ここで購入する枚数を入力することで簡単に購入ができます。

取引履歴を開くと、購入価格や数量を確認することができます。取引所で指値で注文した場合、すぐに購入が成立しない場合もあります。購入出来ているかどうかは、「取引履歴」を開いてみると確認できるようになっています。

損益と総資産の確認ができる。

「マイアカウント」のメニューにある「損益確認」をタップすると、ビットフライヤーで保有している仮想通貨の損益確認を行うことが可能です。また、アプリにログインしてすぐの画面に総資産が記入されていますので、そこをタップすると総資産の詳細を確認することができます。

パスワードや二段階認証の変更ができる

アプリでパスワードや二段階認証の設定変更もできます。まずホーム画面の右上にあるメニューボタン、次に自身のアカウントをタップします。そうすると以下のような画面になるので、「設定」ボタンを選択します。その中に「パスワード」と「二段階認証」と書かれたボタンがあるのでタップします。

ここで「パスワード」を選択すると、現在のパスワードと新しいパスワードを入力する場所があります。それぞれ入力して、左上にある「パスワードを変更する」を選択して完了です。

二段階認証の設定を変更する場合は、一番下にある「変更」または「4桁の暗証番号」のどちらかを選択します。「変更」を押すと以下のように4桁の暗証番号が現れます。

次に6桁の暗証番号を入力する欄が現れます。なお、6桁の暗証番号はSMSまたはEメールで送付されます。「4桁の暗証番号」を選択した場合は、現在の暗証番号と変更したい暗証番号を入力する欄が表示されます。ここでそれぞれ入力すれば設定完了です。

Lightning web

ビットコインやアルトコインでFXができるサイトです。メニュー画面にある「Lightning web」を押すとパソコンサイトに移行します。

 

ビットフライヤーのアプリはPC版とほぼ同じ

ビットフライヤーのアプリ特有の機能はありませんが、アップルストアでは40000以上の口コミが投稿されており、4.2の評価がついています。(2018年2月時点)基本的な機能はPC版と同じですが、どこでも使える手軽さやウィジェットの登録ができる点が魅力です。

本人確認手続き

取引を始める前にやっておくべきことをご紹介していきます。まずは口座登録です。仮想通貨を売却して日本円で出金する際に必要になるので、今のうちにやっておくようにしましょう。メニュー画面の「口座情報」から口座の登録ができます。以下の情報を登録する画面が表示されるので、全て入力して「保存」を押してください。

・氏名
・性別
・生年月日
・郵便番号
・住所
・電話番号・使用言語(日本語 or 英語)

電話番号認証

次に電話番号認証の手続きをご紹介します。追加情報の上から2番目にある「電話番号認証」というボタンをクリックします。そこに電話番号を入力します。「携帯電話認証をする」を押すとSMSが携帯電話に届き、PC画面には確認コードの入力を促すメッセージが現れます。次にSMSに送られてきた確認コードをPC画面に入力し、「携帯電話登録」を押せば登録完了です。

二段階認証と画面ロックを設定しておこう

二段階認証の設定をしておくとセキュリティを強化することができます。ビットフライヤーではデフォルトで設定しなければならないようになっていますが、まだ設定していない場合は、早めに設定しておきましょう。これにより、不正ログインによる盗難等のリスクを回避できます。また、画面ロックの設定をしておくと、スマホを落としてしまった場合にも安心です。いざという時に備えて、こちらも設定しておくとよいでしょう。