bitFlyer(ビットフライヤー)ってどうなの?評判、口コミを徹底調査!

0
4

最近テレビを見ていると、成海璃子さんが出演しているbitFlyer(ビットフライヤー)のCMを良く目にします。たまにテレビCMの音楽が頭の中でループしてしまう時があります(汗)。
しかしCMだけだとbitFlyerってどうなの?イマイチ良くわからない!そもそもなに?なんていう方もいらっしゃると思います。

今回はbitFlyerの評判や口コミを徹底的に調べてみました!!

bitFlyer(ビットフライヤー)はこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

“bitFlyerとは仮想通貨の取引所の一つです。設立は2014年1月なのでまだ設立して間もない株式会社のようです。「そんな歴史が浅い会社で取引して大丈夫なの?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。しかしbitFlyerは国内最大の仮想通貨取引所であり、多くの方がbitFlyerを利用して仮想通貨の取引を行っています。先にも言いましたがテレビCMも流しており、知名度としては一番高い仮想通貨取引所だと思います。

仮想通貨と言えばビットコインを思い浮かべると思いますが、ビットコイン以外の仮想通貨もいくつか取引されています。

2018年2月現在、以下の7つの仮想通貨が取引出来ます。

ビットコイン(BTC) 仮想通貨の基軸通貨とも言える仮想通貨
イーサリアム(ETH) 分散型アプリケーションの基盤となる仮想通貨
イーサリアムクラシック(ETC) 現行のイーサリアムがフォークされる前のもの
ライトコイン(LTC) ビットコインから派生した決済用の仮想通貨
ビットコインキャッシュ(BHC) ビットコインから分岐し新機能を付加した仮想通貨
モナコイン(MONA) 日本発のコミュニティ主導で作られている仮想通貨
リスク(LISK) 分散型アプリケーションのためのプラットフォーム

仮想通貨もたくさん種類がありますね。

bitFlyerで取り扱いが無い仮想通貨もまだまだあるみたいです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴は?

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットは?

1.国内最大ならではの安心感

ユーザー数、取引量、資本金金額がナンバーワンです!!(2018年2月現在)

仮想通貨の存在を知った方もbitFlyerがきっかけと言う方も多いと思います。それぐらいテレビCMや広告をたくさん出しています。

そして資本金は40億円以上という点も安心感を与えてくれます。(ただし、ビットコインの取引量はさらに桁が増える量なので絶対安心という事ではございません!ご注意ください!)
そしてなにより安心なのは補償制度が付いていることです。ビットコインを含め仮想通貨はインターネット上に存在している通貨です。すべての登録にはIDやパスワードが割り振られていますが、その登録の情報が不正ログインされん日本円が盗まれた時に、一定の上限や条件がありますが補償してくれる制度が付いています。実はこの補償制度は各取引所で任意となっているため他の取引所には補償制度が無い場合もあります。

世の中を騒がせているコインチェック社の仮想通貨流出の件もあって、補償制度は必要!と考える方も増えているようです。
最大手ならではのサポートや安心感が最大のメリットと言えるかもしれません。

https://twitter.com/hikari_tsuji/status/956847258770726912

補償制度が付いている分、安心して仮想通貨の取引が始められます。資本金の額も安心感になっているようです。

https://twitter.com/hikari_tsuji/status/956874933904142336

同じように仮想通貨が盗まれた時も大丈夫と思っている方も多いと思います。ビットフライヤーの口座にある日本円だけが対象となっていますので確認しましょう!

他の取引所ではさまざまな問題が起きていますが、たしかにビットフライヤーは大きな問題はないですよね。

2.使いやすさ

取引方法はとてもシンプルです。

①アプリで取引所に個人情報、口座を登録する。(審査あり)
②口座に入金
③仮想通貨を購入

おおまかに以上のステップで簡単に購入できます。私はbitFlyer を使用して1週間程度で購入できました。アプリも使いやすく、簡単に入金や購入ができます。チャートも見やすく、日次、月次、年次の損益も見る事ができます。
使いづらいと思って敬遠されている方はアプリだけでもインストールしてみてはいかがでしょうか。”

https://twitter.com/shin_1972/status/969381722541273088

取引のしやすさ、シンプルで使いやすいみたいです。

使い方は良くも悪くもなくといったようですね。使い方に慣れてしまえば使いやすいようです。

3.実用的

bitFlyerを使えばサービスや物を買う時に仮想通貨を使用する事ができます。

実は大手家電量販店のビッグカメラでは仮想通貨を使用した料金の支払いができます。

ビッグカメラはbitFlyerのシステムを導入して仮想通貨での買い物を可能にしています。(bitFlyer以外の取引所のアプリだと着金の遅れやシステムが上手く連動しない可能性があります。)
大手の量販店と連携する事で日常の買い物でも便利に使用する事ができます。

使い方は簡単で、レジに商品を持って行き、アプリを起動。店舗からQRコードが提示されるのでアプリでQRコードを読み込むだけです。現金やクレジットカードが完全に無くなる時代もそう遠い未来ではないかもしれません。

楽天もビットフライヤーと提携でビットコインがもらえるサービスを開始!連携が深まればこれからもっと便利になると思います。

ZOZOTOWNでも楽天同様、買い物するとビットコインがもらえちゃいます!

bitFlyerのデメリットは?

“bitFlyerの最大のデメリットといえば手数料でしょう。無料の取引所もいくつかあります。これは最大手ならではの補償やサポート、安全性のためと言われてしまえば仕方無いかもしれません。入金などにかかる手数料は高いと言っても数百円の手数料です。頻繁に入金する方は手数料が気になるかもしれませんが・・・。また、払い出しの手数料も微々たるものです。しかし、仮想通貨の購入の際、話は別です。販売所ではすぐに購入できますが手数料がかかります。金額により手数料の利率が変動しますがビットコインは0.01%~0.15%かかってしまいます。
(販売所より手間がかかりますが、手数料をかけたくない方は取引所での購入がおすすめです。)”

https://twitter.com/x_c_o_i_n/status/956128747819712512

なるほど、やはりデメリットである手数料が気になるみたいですね!それに伴ってサービスなどは満足のいく評価みたいです。

私もこの口コミの評価にほぼ同意見です。良くも悪くもです。サーバーが弱いっていうのは本当かどうかわかりませんが。

メリット、デメリットそれぞれあり、自分に合っているか使ってみないとわかりませんね。

bitFlyerを調べて使ってみた感想

いかがだったでしょうか?bitFlyerについていろいろと調べてみました。bitFlyerは仮想通貨初心者の方におすすめという事が分かりました。国内最大の取引所ですが、まだまだ仮想通貨に対しての不安な点も出てきました。もちろんメリットもたくさんありましたね。これから仮想通貨取引を少額でいいから始めたい、少し興味が湧いてきた!と言う方は一度bitFlyerで仮想通貨の口座を作ってみてはいかがでしょうか?今度は別の取引所についても調べてみたいと思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこちらから

ビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨の取引方法や入金から出金までを解説!

仮想通貨の売買や入出金もできる!bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリの使い方を解説