bitbank(ビットバンク)のアプリで仮想通貨を購入しよう!アプリの使い方をわかりやすく紹介

0
6

今回は「bitbank(ビットバンク)」のスマートフォンでの使い方を詳しく解説していきます。ビットバンクは全通貨ペアにおいて板注文できることから取引手数料が安く、セキュリティ対策も万全で密かに人気が高まっています。

仮想通貨は価格の変動が激しいため、特に通貨を保有している場合はなるべくこまめにチャートを確認しておきたいところ

です。そのため、スマートフォンでもチャートの確認がしやすい取引所であれば、場所を問わずに安心して取引することができます。いつでもどこでもスムーズに取引できるように操作方法を確認しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)取引所はこちらから

スマートフォンでbitbankの登録を行う場合

ビットバンクにはコインチェックやビットフライヤーのようなスマートフォン用のアプリがありません。その代わりにビットバンクでは、サイト自体がスマートフォンに最適化されているため、スマートフォンの画面でも見やすいインターフェースになっています。

つまり、アプリを別途インストールする必要はなく、スマートフォンでもスムーズに操作することが出来るようになっています。外出先でもちょっとした時間の合間に取引したいという場合も安心して使えるようになっています。

ただし、アプリではないためコインチェックやビットフライヤーのアプリのようにワンタッチで取引画面を起動する事は出来ず、ブラウザからビットバンクのサイトにアクセスする必要性があります。この作業が気になる場合は、ホーム画面に追加しておくとアプリと同じような感覚でアクセスすることができます。

スマートフォンからビットバンクへログインする方法

まずはビットバンクのサイトにアクセスします。

ビットバンクのトップページにアクセスしたら、画面の右上にある3本線のアイコンをクリックします。

さらにそこから「ログイン」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力後、下にある「ログイン」をクリックします。2段階認証を設定している場合は認証コードの入力を行う必要性があります。

以上でスマートフォンからビットバンクのサイトにアクセスできます。アプリではないものの、スマートフォンに最適化されているので特に違和感なく操作することが出来るでしょう。

ビットバンクのスマートフォン版でできることは?

ビットバンクではパソコンで操作するサイトをスマートフォンでそのまま操作する形になるので、基本的にパソコンで操作するのと同じように仮想通貨の売買や送金を行うことが出来ます。そのため、他の取引所のアプリのように、パソコンでは可能な指値注文ができなかったり、チャートでローソク足が表示されなかったり、レバレッジ取引が出来なかったりということがありません。

ただし、スマートフォンの画面サイズの制約により、チャートと売買画面と注文履歴を一つの画面上で見ることが出来ないという違いはあります。この点でパソコン版よりもスマホ版の方が若干見づらい部分があるかもしれません。

それでは、ビットバンクのサイトをスマートフォンで操作する方法を詳しく解説していきたいと思います。

トップ画面の見方について

こちらがログインした後に最初に表示される画面です。この画面をブックマークに入れておけば、次回からはパスワードの入力不要でここにアクセスすることが出来るようになります。なお、画面の構成は以下のようになっています。

①画面の上部にあるタブからは通貨ペアを選択することができ、選択することでその仮想通貨の現在価格・変動・安値・高値・出来高をそれぞれ確認する事が出来ます。

ちなみに選択可能な通貨ペアは以下のようになっています。

通貨ペア 内容
BTC/JPY ビットコイン(日本円建て)
XRP/JPY リップル(日本円建て)
LTC/BTC ライトコイン(ビットコイン建て)
ETH/BTC イーサリアム(ビットコイン建て)
MONA/JPY モナコイン(日本円建て)
MONA/BTC モナコイン(ビットコイン建て)
BCC/JPY ビットコインキャッシュ(日本円建て)
BCC/BTC ビットコインキャッシュ(ビットコイン建て)

通貨ペアの選択後、その通貨のチャート画面・注文履歴画面・注文画面・過去の取引の履歴画面を確認できるようになります。

②チャート
「チャート」をクリックすることで、トップ画面で選択した通貨ペアのチャート画面に遷移することができます。

③履歴
「履歴」をクリックすることで、トップ画面で選択した通貨ペアの注文履歴と取引履歴を確認することができます。

④注文
「注文」をクリックすることで、トップ画面で選択した通貨ペアの注文画面に移ります。この注文画面では各仮想通貨の売買を行うことができます。

⑤歩み値
「歩み値」をクリックすることで、トップ画面で選択した通貨ペアの過去取引された注文の履歴を確認することができます。

ビットバンクのスマホ版サイトでの日本円入出金について

日本円の入出金方法は基本的にパソコン版と同じようなフローになります。日本円の入金方法としては、まずトップ画面の右上にある3本線アイコンをクリックし、その中にあるメニューで「入出金」をクリックします。

すると以下のような入出金の画面に移るので、一番上にある日本円の欄の右側にある「入出金」をクリックします。

この後の画面で振込先が表示されるので、そこに日本円を振込みする流れになります。注意点としては、振込の際に依頼人名義として、名前に前に入金番号を入れる必要があります。入出金番号を記入していない場合、入金が反映されないので注意しておきましょう。

日本円を出金する場合は、画面上部にある「出金」タブを選択することで出金できます。なお、出金にかかる出金手数料は540円となっています。

 

ビットバンクのスマートフォン版での仮想通貨の送金について

仮想通貨の送金も日本円の入出金と同様の流れで行うことが出来ます。具体的な手順は、トップ画面のメニューにある「入出金」を選択し、以下の画面で送金したい仮想通貨を選択して入出金をタップします。

もしビットバンクに送金したい場合は、画面上部の「預入」タブを選択します。ここで預入用アドレスが表示されるので記載されているアドレスへ送金する流れになります。

別の取引所やウォレットなどに送金する場合は、画面上部にある「引出」タブを選択して、送金先のアドレスと送りたい通貨の数量を入力後、画面下の「引出内容を確認」から行うことができます。

ビットバンクのスマートフォン版サイトでの売買の仕方について

仮想通貨の売買を行う場合は、トップ画面の右下にある「注文」をクリックすることで行うことができます。なお、トップ画面を表示させるには、画面右上にある3本線アイコンをクリックして「トレード」を選択すると表示されるようになっています。

スマートフォン版での注文画面は、パソコン版のようにチャート画面などを同時に確認できませんが、以下のように板情報は同時に閲覧できるようになっています。

画面左側が注文板です。この板情報の見方は上側が売り注文で、下側が買い注文となります。一番真ん中にある緑色の文字で表示された額は、その通貨の現在価格になります。

この画面の右側から通貨を売買することができます。なお、注文方法は指値注文と成行注文があります。指値注文はこちらで数量と価格を指定することが出来る分、買うときは安く買い、売るときは高く売ることができます。その反面、数量や価格などの注文が合わなければ売買が成立するまでに時間がかかったりします。

一方で成行注文は数量さえ指定すれば即売買成立となりますが、価格変動が著しい時に行うと予想外の価格で注文が通り、場合によっては損をしてしまうこともあります。

注文方法を決めたら、数量や価格を入力して「注文」ボタンを押すと売買することができます。ちなみに注文ボタンのすぐ上にある緑色の丸いアイコンをスライドさせると、パーセンテージで簡単に数量を調整することができるようになっています。

スマホ版でも高機能チャートツールが利用可能!

ビットバンクのチャートは「TradingView」を採用しており、100種類以上の分析機能が搭載されています。

▽テクニカル指標の表示
チャート画面の右上辺りにあるチャートアイコンをクリックすることで、様々なテクニカル機能を使用することができます。

また、70種類ものインディケータが用意されており、この中からお好みのものを選んでテクニカル分析を行うことが出来ます。以下のように一目均衡表を使って雲を表示させてみると、市場のトレンドを確認することができます。

表示させたインディケータをカスタマイズしたり、非表示・削除したい場合は赤枠内の部分を操作するとできます。

▽トレンドラインの引き方
トレンドラインを引くには、まず画面の右上にある拡大アイコンでチャートを拡大させます。

次に画面の左上の赤枠で囲ったアイコンをクリックして、始点をタップした後そのままドラッグしてタップするとトレンドラインを自由に引くことができます。

ちなみに上部に表示されたバーの右端のアイコンをクリックすると、ラインを削除することができます。トレンドラインを引くことにより、売買すべきタイミングを計ることができます。(上の例は、安値と安値を結んだ直線の「下値支持線」です。このラインよりローソク足が下回ればそこが売りのポイントとされています。)

ちなみにこの拡大画面からインディケータを表示させるには、チャート背景部分をニ本指でタップして「インディケータを挿入」をタップすることで使うことができます。

▽時間軸の変更方法
時間軸を変更する場合は、チャート画面上部にある数字をタップすることで切り替えることが出来ます。また、横のプルダウンメニューからは、さらに長期間の時間軸を選択することができます。

▽拡大・縮小・スライド
画面の下の方にある「ー」「+」をタップすることで拡大縮小、「<」「>」をタップすることで横方向にスライドさせることができます。

PC版と出来ることの違い

ビットバンクのスマートフォン版に特有の機能はない?

現時点ではスマートフォン限定の機能というものはありません。あくまでビットバンクのサイトがスマートフォンに最適化されているということになります。

口座開設の方法

ビットバンクの口座開設手続き~会員登録から本人確認までを解説~

スマートフォンでもパソコンでも、ビットバンクを利用するためには、まず口座開設を済ませておく必要があります。口座開設を行うために、まず本人確認書類を用意しておくとスムーズです。以下のような書類を撮影のうえ、ビットバンクへアップロードしていく流れになります。

・運転免許証(裏表の両面)
・パスポート(顔写真生年月日が記載されているページ、および。所有人(住所記載)のページ)
・住民基本台帳カード(裏表の両面)
・在留カード(裏表の両面)

ユーザーアカウント登録

本人確認書類を準備できたら、メールアドレスを登録してユーザーアカウントを作成します。

まずビットバンクのトップページにアクセスして、赤枠にメールアドレスを入力して「新規登録」をクリックします。

すると画面が切り替わり「メールを送信しました」という旨の画面がポップアップされるので、入力したメールアドレス宛にビットバンクからのメールが届いているかどうか確認します。

無事に確認メールが送られてきたら、メールの本文中に本登録用のURLが記載されているので、URLをクリックしてログインしましょう。

遷移した画面ではパスワードを再確認用含めて2回入力した後、規約にチェックを入れて「登録」をクリックするとユーザーアカウント登録完了となります。

本人確認手続き

アカウント登録が完了したら、次に本人確認手続きを行います。そのためにまずは住所・氏名などの基本情報を入力していきましょう。

一通り入力して基本情報の登録が完了したら、次は本人確認書類のアップロードに進みます。運転免許証であれば表面と裏面の2枚の画像をアップロードすれば完了です。その後、ビットバンクによる審査に通過すれば後日ハガキが送られてきます。それにしたがって口座を有効化させると、ビットバンクで仮想通貨を売買することができるようになります。

セキュリティ設定について

パソコンやスマートフォンへ不正にログインされて仮想通貨の流出を防ぐためにも、二段階認証やSMS認証の設定を行っていくと良いでしょう。

これらの設定は、スマートフォンの場合はトップ画面のメニューにある「セキュリティ」を選択すると設定することができます。

ビットバンクではコールドウォレットでの保管や、マルチシグ対応などセキュリティ対策はしっかりしています。しかし、万が一のことを考えて、上記の設定により更にセキュリティを強化しておくと良いでしょう。

bitbank(ビットバンク)取引所はこちらから