Binance(バイナンス)で取引を開始する、日本円からの入金方法から取引画面の使い方まで

0
6

前回の記事では、世界的に支持されているBinance(バイナンス)の登録方法を解説しました。続いては実際にBinanceの自分の口座に入金し、実際の取引を開始してみましょう。

残念がら海外の取引所であるため、日本円から直接入金する方法は2018年1月時点では用意されていません。日本の取引所の口座から、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などBinanceに上場している仮想通貨を送金する方法をとることになります。Binanceで取引する際のおおまかな流れは以下のようになります。

Binanceで取引するための流れ
・日本の取引所に日本円で入金する
・取引所で仮想通貨を購入する
・購入した仮想通貨をBinanceに送金する
・送金されてきた仮想通貨と目的の仮想通貨で取引をする
・Binanceから仮想通貨を出金する

それではさっそく、Binanceでの取引について説明していきます。

入金手数料は無料

日本の取引所からBinanceに送金する際の手数料は、日本の取引所でかかるもので、取引所や送る仮想通貨の種類によって決まります。それぞれの取引所の送金方法の記事を参照ください。Binance側では送金を受ける際の手数料は無料となっています。

日本の取引所での操作

まずは日本の取引所に入金して、仮想通貨を購入する必要があります。この際、購入するのはBinanceで取り扱っているものである必要があります。日本の取引所で扱われている主要通貨では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、リスク(LSK)あたりです。後述しますが、Binanceでは基本的にビットコイン、イーサリアム、バイナンスコイン(BNB)が基軸となりますので、ビットコインやイーサリアムを送金するのが楽です。

具体的な日本の取引所での日本円の入金や仮想通貨の購入方法は個別の記事を参照ください。

Binanceに送金してみる

仮想通貨を別の取引所やウォレットに送金する際は暗号のようなアドレスを指定して行うことになります。アドレスはユーザー毎、仮想通貨毎に用意されています。確認するには、サイトの右上にあるメニューから「Funds」→「Deposits / Withdraws」のリンクを開きます。

すると、Binanceで取り扱いのある仮想通貨が一覧で並びます。その中から、送金を受ける仮想通貨を探します。

目的の仮想通貨を探します。例えば、ビットコインを日本の取引所から送金する場合は「BTC」の欄を探します。送金を受ける場合は「Deposit」というボタンを押します。すると「BTC Deposit Address:」という表示の下に文字列が並んだ箇所があります。これが、Binanceでビットコインの送金を受ける際のアドレスです。これは通貨毎に異なります。ですので、別の通貨を受け取る際には別のアドレスとなりますのでご注意ください。

このアドレスをコピーして、日本の取引所の送金画面に入力し、送金する額を指定し、送金します。アドレスを間違ってしまうと、仮想通貨が消滅するというケースもありますので、慎重を期して、最初は少額送ってみることをオススメします。

送金には時間がかかる場合も

仮想通貨の送金にかかる時間は、その仮想通貨の性能と実際に行われているトランザクションの量に依存します。例えば、ビットコインはトランザクションが多く、取引の遅延が見られます。2018年1月19日現在では約16万件のトランザクションが未了となっていました(こちらのサイトで確認できます)。こういう状態だと送金が完了するまでに約1日を要するケースもあるようです。筆者は送金にはリップル(XRP)を使うようにしています。リップルはトランザクション性能の良さを売りにしていて、実際に試しても5分から10分程度で送金が完了しました。

Binanceでの受け取りが完了したらメールがきます

無事にBinance側で受け取りが完了するとメールで通知があります。メールのタイトルは「BinanceDeposit Success Alerts From (IPアドレス) – (時間)」というようなもので、文面にはどの通貨をどれだけ受け取ったかが記載されています。

(リップルを50受け取った際の通知)

Binanceでの基軸通貨はビットコイン、イーサリアム、バイナンスコイン

前述のように、Binanceではビットコイン、イーサリアム、バイナンスコイン(Binanceの独自コイン)が基軸通貨となります。日本の取引所では原則として、日本円と仮想通貨を交換することになりますが、Binanceでは仮想通貨と仮想通貨を交換することになります。その交換できるパターンはペアと呼ばれていますが、軸となるのはビットコイン、イーサリアム、バイナンスコインの3種類です。つまり、ビットコインとリップル(XRP)、ビットコインとトロン(TRX)、ビットコインとネオ(NEO)という取引は可能ですが、リップルとトロン、というような取引は出来ません。

通貨のペアはビットコインとビットコインの取引であれば「XRP / BTC」というように表されます。イーサリアムとトロンの取引であれば「TRX / ETH」です。

基軸となっていない通貨から、別の通貨に変えようと思った場合は、一度ビットコイン、イーサリアム、バイナンスコインを経由する必要があります。リップルをトロンに変えようとすると、まずリップルを売ってビットコインを買う(XRP / BTC)、その次にビットコインを売ってトロンを買う(TRX / BTC)、という手順になります。最初に、日本から送金する際に、ビットコインやイーサリアムを選ぶと楽、と書いたのはこの手間が省けるからです。

ちなみに、Binanceではビットコインは「BTC」という略称のコードで記され、正式名称たる「Bitcoin」という名前はほとんど出てきません。ですから、この略称についても覚えておくと便利です。

取引画面の使い方

日本の取引所は、実際には販売所であるケースも見られ、販売所では間に取引所が入っていて、運営会社に売り、運営会社から買う、という形を取っています。しかしBinanceは純粋な取引所として場を提供しているのみで、売ろうとしている別のユーザーから買い、買おうとしている人に売る、ということになります。この値段で買うよ、この値段で売るよ、という値段を指していくのですが、取引が成立するかは状況次第。これから上がっていくのか、下がっていくのか、その相場を見るのが醍醐味となります。

トップページのリストから取引画面を開けます。タブで「BNB Markets」「BTC Markets」「ETH Markets」「USDT Markets」というものが選べますが、これは先程のどの通貨を軸に取引をするかということです。(USDTは米ドルです、一部はドルでの取引も可能です)

いずれかのペアをクリックすると次のような画面に遷移します。こちらが基本の取引画面です。BinanceではBasicとAdvancedの2つの画面が用意されていて、こちらはBasicです。全て英語ですが、書いてある内容は非常に単純です。

現在価格・・・最後に取引が成立した価格
24時間の変化・・・24時間前との変化をパーセンテージで表したもの
24時間の最高値と最低値・・・24時間で成立した最も高い値段と低い値段
24時間の取引高・・・24時間で取引が成立した数量
買い板・・・現在の買い注文一覧
売り板・・・現在の売り注文一覧
成立履歴・・・直近で取引が成立した価格と数量
買い注文/売り注文・・・こちらから買いや売り注文を出せます

画面を眺めていると次々に取引が成立し、値段が動いていきます。前述のように、売り注文と買い注文の値段が一致したときに取引は成立します。

まずは市場の取引状況を知る

まずは買い板と売り板を見てみましょう。それぞれ、現在出されている買い注文と売り注文をその値段で並べたものです。

上半分の赤い数字が並んでいるのが売り板です。左からPrice(BTC)、Amount(BNB)、Total(BTC)という表記が見えます。それぞれの行は、この金額で(BTC建て)、何個(BNBを)買いたい、あるいは売りたいという事を表しています。

例えば、下記の列は1BNBあたり0.0012031BTCで、15.00個買いたいという人がいることを示しています。

また、下記の列は1BNBあたり0.0011960BTCで、754.13個売りたいという人がいることを示しています。

上の図で真ん中に黒で囲った数字は最後に取引が成立した値段です。図の状態だと1BNBあたり0.0011985でという取引が最後に成立したことになります。数字が赤ければ、その前のタイミングより値段が下で成立した、緑であれば上で成立したことを示します。売り板の一番下は、この値段なら売ってもいい、という人の下限となります。買い板の一番下は、この値段なら買ってもいい、という人の上限になります。これを見ていれば、現状の市場のニーズがどの当たりにあるかが見えてきます。

下記のTrade History(取引成立履歴)を見れば、実際にどのくらいの金額で取引が成立したかをチェックできます。赤い数字は上った、低い数字は下がった、となります。どのくらいの頻度で取引が成立しているか(この通貨が活発か)ということも見れますね。

売り買いの注文方法

さて、それでは注文の仕方です。BinanceではLimitMarketStop-Limitという3つの注文方法が用意されています。

Limitは「この金額で買う(売る)」という指定です。Priceは1BNBあたり、いくらで(BTC換算で)買うかということを入力します。Amountは数量です。それぞれBuy(買う)、Sell(売る)という欄がありますので、間違えないように入力して最後に「Buy BNB」「Sell BNB」のボタンを押しましょう。取引が成立するかはマーケット次第。取引が成立している近辺の値段を刺せばすぐに成立するでしょうが、離れた値段であればその後の動き次第となります。

注文を入れてから、成立するまでの間は、Open Ordersという画面下部に出ます。取引が成立するまではキャンセルすることもできます。

一方のMarketは「今の値段で買う(売る)」です。こちらはすぐに成立します。実際には、売る場合は、買い板から高い値段順に成立する、ということになります。買う場合は、売り板から安い値段順に成立することになります。今すぐ買いたい(売りたい)という際にはこちらでも良いでしょう。

Stop-Limitは少々特殊なため、追って説明します。

Binanceから別の取引所やウォレットに送金する方法

最後に、Binanceの残高を別の取引所やウォレットに送金する方法です。メニューから「Funds」→「Withdrawls」が出金です。次の画面で出金したい通貨を選択します。

すると下記の画面に出ます。「BTC Withdrawal Address」に出金先のアドレスを記入します。これは取引所やウォレットによって異なりますので、きちんと確認してから入力します。誤ったアドレスを記入してしまうと取り戻せません。「Amount」は数量です。BinanceはBTCの場合は0.002BTCからしか出金できないようです。筆者の全く入ってない口座だと出金不能ですね・・・。手数料は「Transaction Fee」という欄にあります。0.001BTCのようです。「Submit」で決定です。

ちなみにBinanceの初期状態では1日に出金できるのは2BTCに制限されています。それでも数百万円分になりますので、現状では十分と言えそうです。

 

Binance(バイナンス)の新規上場コインまとめ(5/11更新)