Aerial Partners、仮想通貨資産の保全、相続のためのサービスをTSS LINKと共同開発

0
3

Aerial Partnersは、ティエスエスリンク(TSS LINK)と提携し、仮想通貨資産の保全、相続手続きのためのサービス提供に向けた共同研究を開始しました。

同社は、行政機関や金融機関などにデジタル情報を安全に活用するセキュリティーのためのソフトウェアやサービスを提供しているTSS LINKとともに、仮想通貨資産の保全や相続に関する問題を解決するサービスを共同で開発するとのことです。

近年、国内外の仮想通貨取引所が相次いでサイバー攻撃にあっていることから、これまで以上に自分で秘密鍵を管理する必要性が高まっており、仮想通貨投資家の多くは資産をハードウォレットなどに移し、資産管理を行っています。

しかし、ハードウォレットを紛失などした場合に、自分の資産にアクセスする際に必要となる秘密鍵やニモニックなどの復元キーの管理を自分でするのは大変でリスクがあるのが現状です。

また、個人向けの仮想通貨資産の保全に関するサービスや、仮想通貨投資家が亡くなった際に、相続人に対し仮想通貨資産を相続する、あるいは仮想通貨資産の存在自体を相続人に伝える実用的な解決策も不足しています。両社は共同開発により、こうした問題の解決を目指します。