終了するゲームのキャラクターをブロックチェーン上で閲覧できるDAppsが登場

0
5

モバイルファクトリーの子会社であるビットファクトリーは、ブロックチェーン技術を活用して終了するゲームのアイテムをユーザーの資産にするDApps「HL-Report」の提供を開始しました。

HL-Report」は、ブロックチェーン上に終了するゲームのデータを移行し、サービス終了後にはユーザーがトークンとして財産権利を持ち、データを閲覧することができるDAppsです。モバイルファクトリーが運営し、2018年9年19日にサービスを終了した位置情報ゲーム「レキシトコネクト」でユーザーが育ててきたキャラクター等のゲームデータを閲覧することができます。

ユーザーがゲーム内で育てたキャラクターは、財産権が運営会社にあるため、これまではサービスが終了するとともに消えていました。しかし、「HL-Report」は、ブロックチェーン技術を利用してアイテムを運営会社からの貸与ではなく、トークンとしてユーザーが所有できるため、運営会社がゲームサーバーを停止した後もデータを維持するとのこと。ブロックチェーン上で、「レキシトコネクト」のトークン化されたキャラクター等のデータを閲覧できます。

同社は、事例の先駆けとして、ブロックチェーン上に「レキシトコネクト」ゲーム内の資産を移植する取り組み「HL-Report」を開発したとのことです。なお、対象は「レキシトコネクト」で事前の条件に基づき、ウォレットを登録したユーザーのみとなります。