知っておくだけで儲けられる!?仮想通貨の半減期とは

0
14

仮想通貨の半減期というものをご存知でしょうか。仮想通貨を運用している人でもあまり詳しく知っている人は少ないこの半減期ですが、半減期に詳しいだけでどの仮想通貨が高騰するタイミングが分かったり、逆に値動きが落ち着くタイミングが分かるようになっています。

仮想通貨を運用している人にとっては喉から手が出るような知識が手に入るため、「半減期」は覚えておいたほうがより上手く運用できるようになり、更なる利益が期待できるようになること間違いなしです!今回はそんな「半減期」とは一体何なのか、半減期を知っているとどのようなメリットがあるのかを紹介します。

「半減期」とは

仮想通貨の半減期を理解するためには、まず仮想通貨についてしっかりと理解していなければいけません。まず、仮想通貨を入手するには「取引所で取引する」・「人から貰う」・「マイニングをする」という手段があります。一番オーソドックスな方法は「取引所で取引をする」という方法で、多くの人がこの方法で取引を行っているのではないでしょうか。

その一方で、マイニングで仮想通貨を手に入れている人もいます。では実際にマイニングとはいったい何なのでしょうか。マイニングとは仮想通貨に関わる計算問題を処理することです。「仮想通貨の新規発行」や「取引の承認」などがこれにあたります。

マイニングには膨大な計算力が必要となるので、それなりのパソコンが必要となります。超高性能のパソコンを購入するにはそれなりの資金と動かすための電気代がかかります。コストもかかっている分、しっかりとした見返りが必要となっているため、マイニングが成功した人には新しく発行された仮想通貨を報酬として支払うことになっています。

取引の承認は「AさんからBさんに仮想通貨が送られた」という取引がしっかりと成り立っているのか、そのデータが正しいのかというのを検証することです。正しいと検証されたデータは改ざんされることはなくなります。一方で取引の承認にはマイニング報酬はありません。なので取引や人から仮想通貨をもらう以外で仮想通貨を手にする手段は自分自身で新規発行する以外はないのです。

このマイニングによって生まれる新規発行枚数が一定の時期になると半分になります。この半分になるタイミングのことを「半減期」と言います。新規発行枚数が半分になるということはマイニング報酬として受け取ることができる仮想通貨の量も半分になってしまいます。

ではなぜ半減期が起こるのでしょうか?

マイニングで本当に稼げるのか?現在のマイニング事情と今後の展望

なぜ半減期が起こるのか

なぜ半減期が起こるのかというより、「なぜマイニング報酬が半分になってしまうのか」という点に着目してみると分かりやすいです。結論から言うと、「インフレの防止と仮想通貨の価値の上昇」が目的とされています。

仮想通貨には最初から「発行上限枚数」と「新規発行される時間」が決まっています。しかし、新規に発行される枚数を常に一定の量で発行していると、仮想通貨を欲しい人(需要)と発行枚数(供給)が合わなくなってしまいます。

供給がばかりが多くなってしまい、結果的にその仮想通貨の価値は下落してしまいます。
結果的にこぞって多くの人が欲しがっていた仮想通貨が供給量が多すぎて、余り過ぎてしまい、誰も欲しがることがなくなってしまうなんて状態になるのは避けなければいけません。

そこで、意図的に新規発行枚数を減らし、仮想通貨のインフレを抑制して、仮想通貨の価値を上昇させていこうというのが「半減期」の仕組みとなっています。

同様な施策として「仮想通貨のburn」というものがあります。仮想通貨のburnとは、実際に流通している仮想通貨の何割かを消滅させて流通量を意図的に減らすことを言います。

半減期と同様に通貨の流通枚数が減らすことができるため、希少価値が高めることができます。過去に仮想通貨の価値を底上げするために、burnを行い流通量が減らしたために価値が上がった通貨があります。流通量が減ると言う点で、半減期と似ている施策であるため高騰が起きやすいです。

仮想通貨は先程も言ったとおり、無限に発行できるわけではありません。日本円や米ドルのような法定通貨のように無限に発行できるわけではないため、意図的に発行枚数を調整する必要があるのです。

どんな仮想通貨にも半減期はあるのか

今や仮想通貨の数は恐ろしい勢いで増えてきています。その数は1500種類以上あると言われていますが、 日本の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は全部で14種類です。そんな仮想通貨すべてに半減期は存在するのでしょうか。

それは発行当初に発行上限枚数全てを発行しきってしまった仮想通貨もあるからです。こうなると、いよいよマイニングする必要などもなくなってしまい、それと同時に半減期も存在しなくなってしまいます。例えば、仮想通貨のランキングでも上位に入っており、名前が聴いたことのあるようなXRP(リップル)やXEM(ネム)などはこの形態をとっているため、マイニングも行う必要もなく半減期も存在しません。

こういった種類の仮想通貨もあるため、一度自分が所持している仮想通貨を調べてみると良いかもしれません。

半減期を知っていると何のメリットがあるのか

半減期がなんなのか、半減期が起こる理由については理解できたかと思いますが、それではこの知識がどこで活かせるのか、何のメリットがあるのかを説明します。結論から言うと、だいたいの仮想通貨は半減期の前後では値上がりします。

これは先ほど説明した仮想通貨の価値の上昇をイメージして頂ければ簡単に想像がつくかと思います。半減期を迎えてマイニング報酬が減ると、世の中に出回る仮想通貨の量は減少します。仮想通貨の枚数が減っていけば価値が上昇し、高騰するという流れになります。

新規で仮想通貨を得る方法はマイニング以外には存在しないため、マイニングができない人にとっては手に入りにくくなるも同然なのです。ですが半減期には価格が上がるということを多くの人が考えるようになった現在では、半減期前後の値動きはそう単純なものとはなっていません。

仮想通貨の種類にもよりますが、1週間前後で変化があるので自分が所持している仮想通貨の半減期は把握しておくと良いでしょう。

半減期はどのタイミングでくるのか

半減期はある一定のタイミングで訪れると言われており、そのタイミングを知っていれば投資のタイミングなども見計らうことができます。

仮想通貨の基礎とも言えるビットコインにも半減期はあり、半減期の周期もある程度明らかになっています。
最もメジャーな仮想通貨であるビットコインは21万ブロックごとに半減期を迎えると言われており、時間で言うと約4年毎と言われています。

この4年という周期がある程度どの仮想通貨でも指標となっており、4年に1回半減期は来ると言われています。しかし、ブロックを作る速度には必ず誤差が生じるので、半減期が訪れる周期にも必ず誤差があります。4年に1回は確定事項ではなく、あくまで目安だということを覚えておきましょう。

だいたいの仮想通貨の半減期は少しだけ早まることが多く、タイミングを間違えると半減期を上手く活かせないこともあるので注意しましょう。

2018年に半減期が来る仮想通貨

2018年中に半減期を迎える仮想通貨もいくつかあります。これから取引して所持しておくのも良いのではないでしょうか。

・LISK
日本の取引所で頻繁に取引されているLISKですが、今年の年末である12月に半減期が訪れると予想されています。そもそもが2016年の5月発行の仮想通貨となっており、まだまだ若い仮想通貨であるため、今回が初めて半減期になります。

Java Script というプログラミング言語を用いられており、「発行上限枚数がない」というのが最大の特徴です。

ネット上のトラブルに柔軟に対応できて、承認時間が約10秒と承認スピードが非常に高速なことなども特徴の一つと言えるでしょう。

下記のサイトで次の半減期のカウントダウンも行われています。
http://www.liskdelegate.io/

・NAMECOIN
NAMECOINは2011年の4月に以前の半減期がきています。そのため、以前の半減期よりはかなり時間が空いた半減期の到来となっています。しかし、この仮想通貨の半減期はLISKの1ヶ月後に来ると言われており、2018年の12月に半減期が来るという予想になっています。

DNS技術を活用して、ビットコインの欠点を改善して自由なインターネットの空間を作り出すことが目的の仮想通貨となっています。

・Vertcoin
この仮想通貨もNAMECOIN同様に2018年12月に半減期が来るので、2018年は年末にはこれらの仮想通貨を思い出し、しっかりと所持しておくとよいでしょう。

Vertcoinは「Lyra2RE」というアルゴリズムを用いることでマイニングが一部に集中することを防いで、平等に分配される環境を作り、通貨の分散化を行っています。

今年半減期を迎える仮想通貨の中でもLISKは初回の半減期ということもあり、注目が集まっており、値動きが激しくなる可能性も高いと言えるでしょう。

まとめ

おそらく仮想通貨を所持している人は仮想通貨が高騰することを望んでいる人が多いと思います。当たり前な話ですが、自分が所持している仮想通貨が高騰して利益を得ることができれば、自分の資産を増やすことができます。

仮想通貨で利益を得るにはこれから所持している仮想通貨が高騰しなければいけませんが、そのタイミングやきっかけを掴むことは簡単ではありません。

そんな仮想通貨運用の中でも半減期は高騰のタイミングやきっかけが最も掴みやすいといっても過言ではありません。

そのため、仮想通貨初心者でも簡単に利益を得ることができる貴重なタイミングです。
半減期を知るためのカウントダウンのサイトなどもあるため、しっかりと情報収集を自分の手で行うことが欠かせないことではないでしょうか。
しっかりと情報を把握してスケジュール管理なども行い、利益獲得を狙っていきましょう。