独自通貨をつくる、あげる、もらうことができるアプリ「カウリー1.0」配信

0
118

ヴヰンテージ(Vintage Corporation)は、小零細企業や個人が独自の仮想通貨(電子マネー)を発行できるiOS版アプリ「カウリー1.0」を公開し、実店舗3店での実証実験を2019年1月4日より開始します。

カウリー1.0」は、既存の仮想通貨や暗号資産と連動しない独立型のプライベートブロックチェーンをホスティングする「島チェーン」で、独自通貨の発行と送受信ができる無償アプリです。独自の仮想通貨(電子マネー)の発行に加え、発行された仮想通貨のワレット(財布)としても使用でき、店頭でのキャッシュレス決済に利用できます。

島チェーンには基軸通貨が存在せず、複数のブロックチェーンが独立してホスティングされており、それぞれのブロックチェーンの作成者が管理者になるとのこと。カウリー1.0で独自通貨を作成すると、島チェーン上に独自のブロックチェーンが作成され、作成した独自通貨の取引内容が島チェーン上の独自ブロックチェーンに追記されます。

カウリー1.0をインストールすると、公開鍵等の作成が完了し、経営者はカウリーで独自通貨(電子マネー)の名称を決め、残高を発行できます。カウリーをインストールした顧客には、独自通貨を「あげる」ことが可能です。顧客は、もらった独自通貨を再度お店に「あげる」ことで電子マネーのように使えます。顧客同士で独自通貨を「あげる」ことも可能です。

カウリーを使った実証実験は、沖縄県豊見城市の「マイトパルタ(独自通貨名 パルタ)」、沖縄県南城市の「いこい整骨院(独自通貨名 いこい整骨院)」、沖縄県八重瀬町の「あぐろローストコーヒー(独自通貨名 AGURO)」の3店で行います。