富士河口湖町のゲストハウス、RAX Mt.Fujiがトークン化

0
40

RAX Mt. Fuji合同会社は、メタップスの韓国子会社「Metaps Plus」、メタップスの子会社「VSbias」のサポートを受け、ブロックチェーン技術を用いた日本で初となる不動産トークン化プロジェクトを公開しました。

プロジェクトではFUJIトークンを発行し、物件のフリーキャッシュフローの権利をトークン保持者に与えます。物件に関する書類、契約、経費、配当金、その他関連情報はブロックチェーンで確認できるとのことです。

FUJIトークンの第一号物件となるのは、2017年からVSbiasにより運営をされている富士河口湖町のゲストハウス。過去の運営実績を基にした予想年間実質利回りは、10~15%です。

FUJIトークンは、限られた数のRAX Mt. Fuji株主にのみ発行されます。これはトークン・オファリングではなく、ブロックチェーンテクノロジーの実用化と不動産資金調達への応用を実証するための株主とパートナーへの内部的な試験発行となります。なお、物件の管理、トークン化用物件の管理と購入の支援は、VSbiasが行います。

また、不動産物件のトークン化に関しては、米国のスタートアップ企業のSamuraiX合同会社とMetaps Plusが、RAX Mt. Fujiへのアドバイスを行っているとのことです。