利益を狙うならココ!仮想通貨の”バーン”とは?

0
9

仮想通貨には定期的にその価値を調節するために人工の手が加えられる瞬間があります。それはシステム上そうなっているため、上手くその瞬間を狙えば、自分の資産を大きく伸ばすことができる可能性があります。

そこで今回はそんな資産を増やすタイミングでもある仮想通貨のバーンについて紹介します。

仮想通貨の”バーン”とは

バーンとは、市場に出回っている仮想通貨の枚数を減らすことを言います。仮想通貨を減らすことでその仮想通貨の価値は高まります。

一般的に運営がバーンを行う場合、バーン専用のウォレットを用意して、一部の仮想通貨をそのウォレットに入れます。そして、そのウォレットの秘密鍵を誰もわからない状態にすることで、事実上ウォレットからの仮想通貨の出し入れができない状態にします。こうすることによって、市場から仮想通貨が”消えた”という状態にするのです。

バーンが行われると、市場に出回っている仮想通貨の枚数が減るので、希少価値が高まります。そのため、投資すべきタイミングであり、利益を得られやすいタイミングでもあります。

バーンを行う理由は様々ですが、仮想通貨の価値を高めて資金の流入を増やすことが大きな目的です。そうすることによって、運営はうまく資金を集めることができ、その資金を元にプロジェクトを進めることができます。

そして、仮想通貨のバーンには2種類あります。一つ目は「Proof of Burn」と呼ばれておりとは、直訳すると『燃やしたことの証明』で、より詳しくいうと、「誰も秘密鍵がわからないアドレスに仮想通貨を送金し、ブロックチェーン上で誰もが送金したことを確認できる」というものです。

Proof of Burnはカウンターパーティというビットコインのプラットフォームで実行されました。カウンターパーティでは、「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」という秘密鍵が誰もわからないアドレスに、ビットコインを送金することで行われました。

その代償として、カウンターパーティでは、バーンしたビットコインの枚数に応じて独自通貨XCPを発行しました。ビットコインのシステムを「間借り」して独自の仮想通貨発行していたことになります。また、カウンターパーティのプラットフォームを利用するためにBTCとXCPが必要です。

ユーザーが率先してビットコインをバーンしたのは、XCPを獲得するためということになります。

1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVrのアドレスには、約2130BTCが送金されており、多くの人がXCPを手にしていることが分かります。送金記録は誰でも気軽に確認することができます。ちなみにこのXCPは現在国内の仮想通貨取引所であるzaifで購入することができます。

Proof of burnが行われた理由としては、「仮想通貨を平等に再分配する」ということです。アルトコインは最初から分配率が決まっているものがあります。開発陣が自身が開発したコインを最初から所有しているなんていうこともありました。

そこで、その分配率を崩すためにカウンターパーティが公式リリースされました。カウンターパーティはXCPを平等に分配するというシステムがあるため、平等性が高まるということになっています。

二つ目はここでいう、仮想通貨のバーンとは、市場に流通しているコインのうち一定数のコインを使えないようにするというものです。

バーンをすることにより、発行上限のある仮想通貨は、総発行枚数が減ることになり、仮想通貨の希少性が高まるので、それに比例して通貨の価値が高まると考えられます。

つまり、仮想通貨のバーンは「コインの価値を高めるために行われている」ということです。

このバーンが実際に行われていたのが中国の仮想通貨取引所であるBinanceで利用されているBinance coinです。Binance coinはBNBとも訳されており、Binance内で取引手数料に利用することができて、Binanceへの上場する仮想通貨の選挙の際にも利用することができます。

Binance内では非常に利用する幅が広いトークンと言えるでしょう。

Binanceでは、四半期毎に利益の20%を使ってBNBの買い戻しを行なって、買い戻したコインをdestroy(破壊、バーン)すると公言しており、最終的には全発行数量の50%である、1億BNBになるまで買い戻しを行う予定のようです。

バーンとロックアップの違い

バーンと似たような意味の用語としてロックアップがあります。ロックアップは一時的、バーンは永久というキーワードを覚えておくとよいでしょう。

ロックアップとは運営側が保有している仮想通貨を一時的に凍結することで市場に出回らなくする手法のことで、一時的にその仮想通貨の希釈性を出すことができます。これによって仮想通貨の価値は一時的に上がることになります。

これによって一定の供給量の確実性と流動性を増すことができるため、運営側にはそこまで利益はありませんが投資家たちにとってはその仮想通貨の信頼は増すのではないでしょうか。

有名なところで言うと、リップルが資産の一部をロックアップしました。これによってリップルの希釈性が増しました。

一方でバーンは一時的ではなく、永久的に資産の一部を凍結するというものになります。なので一定の期間が過ぎても凍結した資産が復活することはありません。

バーンによって高騰した仮想通貨一覧

それでは今までバーンが行った仮想通貨はどのようになっているのでしょうか。実際に価格が高騰したものをピックアップして紹介します。

ALIS

日本の仮想通貨としてそこまで有名ではないですが、かなり注目が集まっている仮想通貨です。国内でICOが行われて生まれた数少ないトークンです。ALISはもともと5億枚まで発行枚数を高めていましたが、そこまで需要が伴わず、かなり売れ残ってしまいました。

そこでバーンを行うことを決断して、5億枚から7500万枚まで減らすことを決断しました。約8割をバーンするということでかなり話題になりました。

バーンが行われる3日前から常に高値を更新するようになり、ALISを所有していた人たちがかなり利益を出したということが明らかになりました。チャートもかなり大荒れとなっており、上下の幅がかなり大きいチャートになりました。

Einstenium

Einsteniumのバーンは凄まじいものとなりました。2017年12月9日に実行されましたが、二度に渡って、バーンが延期されてしまったため、あまり期待していなかった人も多かったです。

しかし、いざバーンが決定されると11月14日に初期の高騰が行われましたが、12月6日にはバーン前と比べると20倍以上の値段を指し示していました。

バーン終了後はじわじわ下がっていき、落ち着いた状況になりました。しかし、バーンされた仮想通貨の中ではかなり値動きを見せた仮想通貨と言えるでしょう。

TRIG

TRIGは2017年9月16日にburnが実施されましたが、burnに近づくと倍以上に高騰しました。

TRIGのburnはあまり公に発表されたわけではなく、コミュニティ内での発表になっていましたが、初動の段階で4倍近くになっていました。

高騰したあとも大して価格を下げずに維持しており、そのまま上昇していくように値動きしていきました。バーンの3~4日前ぐらいになると、さらに高騰しバーン発表前と比較して10倍以上の値段を更新していました。

2018年のバーン

2018年にはTRONという仮想通貨がバーンを迎えることとなります。TRONはブロックチェーンの技術を利用して音楽や、映像ゲームなどのコンテンツなど、エンターテインメントのコンテンツを配信するためのプラットフォームを構築することを目指しています。

GoogleやAppleなどが対抗企業としてありますが、ブロックチェーン技術を利用するという点では異なっています。しかし、TRONのプロジェクトが動き出した後には、多くのエンターテインメント企業が参画してくるはずです。

今のうちに所持しておくのも未来に対する投資なのではないでしょうか。

TRONのバーンの正確な時期はわかっていませんが、値動きが激しくなることはほぼほぼ確定していると言えるでしょう。

日本に上場されていない仮想通貨であるため、日本に上場した際には価格高騰する可能性はあるので、今のうち所持しておくこともオススメします。

バーンのリスク

バーンが行われる際に乗っかって利益を得ようとする人たちがいますが、タイミング次第では損失になってし舞う可能性があるので、しっかり知識を持って挑むようにしましょう。

バーンに乗っかる際には初動で乗っかるのはリスクが高いので控えておいたほうがよいでしょう。仮に初動で高騰した結果、乗っかるというのは損失を生むきっかけになります。バーンの高騰はとても一瞬で、それからは下落していきます。それで再度高騰、ゆっくり下落を繰り返すのがチャートです。

そのため、高騰したから乗っかろうというのはとてもリスキーな行為なのです。なので初動では動かずに一度様子を見てみるとう我慢強さも重要です。

また、仮想通貨投資では長期的な目線で見るのも重要なため、リスクを犯してまで利益を得たいのかという点においてはバーンにかける必要もないという意見もあります。

まとめ

今回は仮想通貨のバーンについて紹介しましたが、仮想通貨の価値が高まるタイミングでもあり、しっかりとしたタイミングもつかめれば、利益上げるきっかけにもなるでしょう。

もし、自分が所持している仮想通貨がバーンするとなった際にはしっかりと情報を整理して利益を出す準備はしたほうがよさそうです。

Oracle 1Z0-803 PDF With Low Price

But also in accordance with Hong Kong style and signs of the new style of production, especially for you to wear. On behalf of Ruijuan, as well as Yaya, her mother and daughter miss you, Yaya want to go to school for the grave of the revolutionary martyrs, her Oracle 1Z0-803 PDF mother to http://www.passexamcert.com cook to look after her. After a moment of quiet, 1Z0-803 PDF I said, oh, I remembered it.I was angry with you saying, Do not mention Yang Zhigang again. His first impression of brother in law Java SE 7 Programmer I was excellent and full of trust.Too poor is too mediocre, bitter sister life too rich too smart, sister may have been beaten or abandoned only this small asset both craft workers, the most suitable with the most suitable and reliable. Ruijuan Java and Middleware 1Z0-803 regret should not be under the injustice of Jia Cheng, if there is really a long and short, not as a widow himself, it is destined to do, most afraid of others still behind the spine Oracle 1Z0-803 PDF that is the evil woman, forced Blind husband with his own night to sell socks outside, the result was a car accident. He feared that this stuff was appearing in the mountain village and could not be guaranteed without causing a grave robbery incident.

Ah Oracle 1Z0-803 PDF San Oracle 1Z0-803 PDF is a soldier and is a demobilized soldier. WWw. xiAbook Oracle 1Z0-803 PDF After Java SE 7 Programmer I a beer was finished, the 1Z0-803 PDF brain of the leaves was groggy, and his heart was sullen and swelled. When I saw these things, Oracle 1Z0-803 PDF Java and Middleware 1Z0-803 I was shocked and I wanted to burn them.

There to 1Z0-803 PDF tell the truth can not get in there, the guard whistle hate to put 5 km away, although fewer local people, but Java SE 7 Programmer I not without ah. At that time, I found that the fucking fourth, fifth, seventh, tenth and eleven are Oracle 1Z0-803 PDF not black heart brick, that can be heard, it is a special steel heart brick building pool, the same sound and red brick. In other words, this Oracle 1Z0-803 PDF piece raided one work and I Little Zhuang 1Z0-803 PDF is like a Oracle 1Z0-803 PDF bird who is not famous will die. And then I found Oracle 1Z0-803 PDF out how common my usual ah was outdated.Because the Java and Middleware 1Z0-803 training ground has been silent.