分散型広告レジストリの活用で広告業界を透明化する「MetaX」が日本で本格始動

0
61

BaseLayerは、史上初めてトークンを使ったレジストリーシステムを開発したプロジェクト「MetaX(メタエックス)」が日本で本格始動したことを発表しました。

MetaX」は、Web2.0とブロックチェーン技術を活用し、透明性のある広告ソリューションを開発している企業です。広告業界の諸問題を解決するソリューションを開発し、分散型広告レジストリを活用して広告業界を透明化します。今回、サンタモニカのオフィスに加え、日本にオフィスを設立しました。

イーサリアム上で運用する史上初の分散型広告レジストリ「adChain レジストリ」を開発しており、adChain レジストリはコミュニティからの承認なしに広告を出稿できない仕組みを分散型データベースを元に運用しています。

MetaXが発行しているadToken保有者は、コミュニティ内で特定のドメインによる不正行為の有無やドメイン自体の品質を監査する役割を持ちます。adToken保有者は、adChain レジストリに登録される広告に関する意思決定に承認、異議申し立て、投票によって参画できるとのことです。