全世界が注目のICO!?LIQUIDの概要を全網羅!

0
23

仮想通貨は常に増え続けてきており、最近ではかなり期待が持てるようなプロジェクトを引っさげている仮想通貨や、バックに大きな機関を率いている仮想通貨なども現れ始めました。常に増え続けてきており、これに合わせて世間でも仮想通貨を様々なところで採用する動きも見られてきています。

今回はそんな新しい仮想通貨の中でもとても期待されている「QASH」を利用するICOである「LIQUID」を紹介します。

LIQUIDとは

LIQUIDは、仮想通貨市場の「非流動性」を解決することを目的にしています。これだけを聞いてもあまりイメージはわかないことでしょう。

一言でいうとLIQUIDとは、世界中の取引所をつなげて、どんな国の通貨でも取引がスムーズに行えるようにするプラットフォームのことです。仮想通貨はグローバルな取引に関して、とても優位性を示すものとなっていますが、それに加えてさらに世界の取引所すらつなげようというプラットフォームとなっています。

仮想通貨QASHは、このLIQUIDでの使用を主な目的としています。

LIQUIDは「非流動的な状態」の解決を目指すというものとなっていますが、「被流動的な状態」というのはその名のとおり流動性が低い状態のことを言います。

現在の仮想通貨の業界において、仮想通貨とトレードできる法定通貨は決まっており、取引所毎にその価格も異なってきます。そのため、取引をする人や所持している情報量によってもその利益は異なり、最良価格での取引も担保されていません。

また、多くの主要取引所では、メジャーな法定通貨である米ドルや日本円などの法定通貨などはトレードの対象となっており、流動性は高くなっています。それに対して、マイナーな通貨であるフィリピンペソなどは流動性が低い状態です。

マイナーな通貨の国で仮想通貨を行うには一度為替を行って、メジャーな法定通貨に変えてから取引を行う必要があります。ここに通貨間の格差があるとも言えるでしょう。

これらの格差を解決し、仮想通貨経済に流動性を提供するのが「LIQUID」です。

現状、仮想通貨の取引は取引所の中にあるオーダーブックと呼ばれる売買が記される板があります。これによって、多くのユーザーの売り注文と買い注文が管理されています。

しかし、LIQUIDにはこれをさらに拡大したワールドブックというシステムがあり、取引所ごとによって分かれているオーダーブックを一元化することによって、世界中の仮想通貨の流動性を上げていこうというものになっています。

仮想通貨QASHとは

それではLIQUIDで使用することができる仮想通貨であるQASHとはどういったものなのでしょうか。

QASHは2017年に日本の大手仮想通貨取引所であるQUOINEXを運営しているQuoine(コイン)社が発行したトークンです。

2017年11月6~9日の3日間、ICOを行ない、1QASHあたり0.01ETHと引き換えにトークンセールが行われました。その結果として、日本でのICOの最高額となる約124億円を達成しました。

QASHはあくまでLIQUIDというプラットフォームでの送金や支払いを行うために利用されるためにできたトークンとなっています。

しかしQASHはかなりの将来性が期待されており、有望株として多くの人が注目しています。その理由をいくつか紹介します。

大手の取引所とのパートナーシップ

QASHは日本だけではなく、世界中からも期待されている技術で、Quoine社は海外の大手取引所であるBitfinexやBINANCEと戦略的パートナーシップを組んでいます。

LIQUIDプラットフォームはとにかく流通量を上げていかなければいけないため、仮想通貨の流通量が多い大手取引所との提携が必要不可欠となっています。これによってQASHは実用化に向けて大きく前進したことになります。

ジブラルタル証券との提携

Quoine社は、さらに大物とも提携を組んでいます。それはイギリス領の自治区域であるジブラルタルのジブラルタル証券取引所です。

ジブラルタル証券と提携を結んだことによって、このプロジェクトの存在が欧州に知れ渡ったといっても過言ではありません。

ジブラルタル証券取引所が運営する仮想通貨取引所もこれによって、LIQUIDプラットフォームに参加するということになります。当然QASHも上場されることになるので、LIQUIDが目標としているプラットフォームに更に近づく一歩となるでしょう。

ロードマップ

ロードマップによると、今年2018年に、QUOINE LIQUIDの公式公開が決まっていて、実用化に向け着々と計画が進んでおり、来年2019年には正式な銀行免許の取得も予定されていて、将来性が非常に高いプロジェクトとなっています。

ワールドブックを支えている技術

先程出てきたLIQUIDのプラットフォームを支える技術であるワールドブックですが、この技術がLIQUIDプラットフォームの鍵ともなっています。

ではこの技術はどのような構造をしているのでしょうか。この技術の真髄を紹介します。

マッチングエンジン

マッチングエンジンは、一秒当たり数百万件の取引を処理することができる最先端のマッチングエンジンです。

このマッチング・エンジンにより、迅速にワールドブック上の取引を成立させます。世界中の取引ができるようなプラットフォームを目指すのであれば、とても多くの取引を行うため、世界中の取引を処理する力がなければあっという間にパンクしてしまいます。

こういったパワーのあるエンジンも必要不可欠で、ワールドブックを支えている技術の一つです。

スマートオーダールーティン

スマートオーダールーティングは、世界の取引所からリアルタイムの情報を維持する方法です。

世界中の取引所を一元化するため、それぞれの取引所の変化を随時取り入れていかなければいけません。しかし取り入れるスピードが遅かったり、その数値に差異があると不完全なプラットフォームと淘汰されしまいます。そこでこのスマートオーダールーティンがあるのです。

このスマート・オーダー・ルーティングは、銘柄や取引所の垣根を越えて取引が可能となります。

銘柄などの換算はこれから説明する技術を利用して行っています。

クロスカレンシー換算エンジン

クロスカレンシー換算エンジンは、瞬間的かつ自動的に通貨換算を行なうシステムです。

さきほど言ったとおり、LOQUIDは通貨の垣根なども越えて流動性を拡大しようとしています。そこには為替という壁がありますが、それを壊すのがこのシステムです。

例えば、Aさんがユーロを利用してイーサリアムを購入したいとします。本来なら一度じbん自身で為替を行わなければこの取引は成立しませんが、こういった換算も自動で行うのが、クロスカレンシー換算エンジンです。

逆にBさんはビットコインを売って、フィリピンペソにしたいとなっても、これを使えば同様のことが可能となります。

クロスカレンシー換算エンジンがあって、初めてワールドブックの流動性を作りだせると言っても過言ではないでしょう。

QASHの購入の仕方

すでにICOは終わっているため、トークンセールに参加するということは不可能ですが、トークンセールが終わりいくつかの取引所では取引が開始されています。取引が開始されているのは

・QUOINEX(コインエクスチェンジ)
・QRYPTOS(クリプトス)
・Bittrex(ビットレックス)
・Bitfinex(ビットフィネックス)
・Huobi(フオビー)

の5つの取引所となっています。

これらの仮想通貨取引所では購入することが可能ですが、国内で取り扱いがある仮想通貨取引所は唯一発行元であるQUOINEXだけとなっています。国内で取り扱いを行うならここしかありません。しかし、QASHはかなりの有望株でもあるため、国内の取引所にもそのうち顔を出してくる可能性は十分あります。

もし国外の取引所でもしすでに取引所に登録しているのであれば、そちらに国内の取引所から仮想通貨を送り、取引をしても良いかもしれませんね。

もし、QASHに将来性を感じているのであれば、いずれかの仮想通貨取引所に登録して購入することをオススメします。

QASHの今後

QASH今非常に熱くなってきている仮想通貨とも言えるでしょう。それはここ1~2年で様々な動きがあるからです。

まずは2018年の7~9月にQUOINE LIQUID公式リリースと行うとされており、公式がリリースが近づいている現在はかなり注目が集まってきています。

2018年の7~9月のQASHのブロックチェーン開始となります。これが開始されると本格的にQASHの価値がグッと高まり、チャートも上昇するのではないでしょうか。

2019年の10~12月には正式な銀行免許取得を目指しています。ここまでくればたくさんのユーザーがプラットフォームを利用していくことでしょう。

まだ、QASHが2020年の仮想通貨の時価総額のランキングのTOP10に入っているのではないかなどという予想もされているため、多くの人が購入して長期的な目で投資を行っているようです。

まとめ

今回は日本発のICOであるLIQUIDを紹介しましたが、将来性も高く日本のみならず世界中から注目されているプロジェクトとなっており、かなり期待が持てるのではないでしょうか。

世界中の取引所が利用できるとなれば、それらの取引所のメリットを利用してより自分なりの仮想通貨の取引がしやすくなります。

また、海外の取引所でしか扱っていない仮想通貨も日本円を利用して気軽購入できるようになるため、より多くの仮想通貨に手を出しやすくなることでしょう。

LIQUIDを利用することでさらに仮想通貨経済が進歩していくことでしょう。

ISC CISSP Study Material : Certified Information Systems Security Professional

After he picked me up from the rails, the two of us separated for the first time. They ISC CISSP Study Material exchanged their eyes and did not know what the mother was CISSP Study Material going ISC Certification CISSP ISC CISSP Study Material Certified Information Systems Security Professional to do. When her colleagues left, she stood up and took a deep CISSP Study Material breath and walked into Tong Yang s office. I still had his anger in my heart.

Liu cross his mouth attached to the CISSP Study Material ears of Zeng Guofan quietly said often Zhongcheng disease, not seen off. Zeng Guofan murmur, the big bodyguard http://www.examscert.com so and ISC Certification CISSP green camp ISC CISSP Study Material officers and how Unhappy, alone called breakfast, carrying a few two silver also closed behind. Certified Information Systems Security Professional To open the people s wisdom is to allow people to understand the law.Democracy ISC CISSP Study Material is not open, the people are ISC CISSP Study Material bound to ignorance, local law and order break the good.

101. Hello. Lunch baked ham and cheese. Baked ham Cheese. Certified Information Systems Security Professional This is ISC CISSP Study Material a milestone and as one of them CISSP Study Material you should be proud. We are really a ISC CISSP Study Material http://www.testkingdump.com/CISSP.html group of narcissists. He paused and asked me Why ISC Certification CISSP do eyebrows grow on the eyes Why In order to stop the sweat. There was only a ISC CISSP Study Material large group of people walking on the zebra crossing with umbrellas.