価値一定の仮想通貨「ステーブルコイン」とは何か?

0
51

ボラティリティ(価格変動)の大きい仮想通貨ですが、価値が一定の仮想通貨が出てきました。そうしたコインを「ステープルコイン」(Stable Coin)と呼びます。

ステーブルコインの先駆けとして米ドルに対して一定の価値を持つTether(テザー)が有名ですが、最近では1種類のステーブルコインに依存することはそれ自体リスクとなるという指摘があります。

ステープルコインとはどのような特徴を持つ仮想通貨で、どのように利用されているのか、解説します。

ステーブルコインとは?

現在ステーブルコインには以下の3種類があります。

法定通貨に連動した仮想通貨

法定通貨と連動しているため、ビットコインの上下など仮想通貨市場の動きによる価格変動の影響を受けせん。

例としてはTether(テザー)や三菱UFJ発行予定のMUFGコインがあります。これらは中央集権的な管理者が存在するという特徴があります。

ビットコインの価格が落ちた時にリスクヘッジとして持つことが考えられますが、このような通貨は中央集権的な通貨となり発行元が潰れた場合に価値がなくなるため、発行組織が信頼できるかが問われます。

テザー社が価値の裏付けとなる米ドルを十分に持っていないのではないかという疑惑が上がったときに仮想通貨市場が下落したのはこのような理由からです。

1つ以上の仮想通貨に連動したコイン

1つ以上の仮想通貨の価格に連動したコインも存在します。このような方法をバスケットといいます。複数に分散されているため、一般の仮想通貨に比べて価格変動の影響を受けにくい利点はありますが、大きな価格変動があったときには相場全体が動くため、どうしても影響を受ける可能性が懸念されます。

例えばMulti-Collateral Daiというコインがあります。ただし、こちらは現在はイーサリアムだけに連動していて、今後数ヶ月のアップデートで追加の通貨との連動にも対応する予定です。

Multi-Collateral Dai
https://makerdao.com/

スマートコントラクトで発行したコイン

仮想通貨の価格変動リスクの影響を受けず、中央集権的なリスクを受けにくい、これらの利点を掛け合わせたステーブルコインが出てきています。

TrustTokenが発行元のTrueUSD(TUSD)はイーサリアムのスマートコントラクトを用いて、保有者の米ドルを安全なアカウントに保管しています。

運用にあたっては信託パートナーと連携し米ドルの返還にすぐに対応できる仕組みとなっています。

米規制当局のMSB(マネー・サービス・ビジネス)へ登録の手続きをしていると発表がされており、今後TrueUSDの信頼性が高まると言われています。

ステープルコインはどのようにして利用するのか

ステープルコインを意識するのは海外の取引所を利用する際でしょう。主要な取引所ではUSDペアが用意されていますが、実際にはこのUSDというのはTetherだったりします。

どのような場合にステープルコインは利用されるのでしょうか?

仮想通貨取引所としてのメリット

Tetherがあれば、仮想通貨取引所としては実際の米ドルを確保する必要性がなくなります。Tetherは仮想通貨であるため、取引所間の送金や、国境を超えた送金が容易です。これが実際の米ドルであればそうはいきません。手数料や送金時間といった、仮想通貨が解決しようとしている現実の通貨ならではの問題点が浮上してきます。Tetherがあれば、最終的にユーザーに返金する部分だけ米ドルを確保すれば良いということになります。

ユーザーとしてのメリット

仮想通貨相場はボラリティが大きく、これを使って積極的に取引を行い、鞘を抜いていこうというスタイルの投資家も多く存在します。

そうした投資家にとっては、一時的な退避場所として価格が一定のステープルコインは有効です。

仮想通貨市場全体が下がりそうな場合にも例えばTetherは下がりませんので、一時的な避難が可能です。仮想通貨はビットコイン価格に連動する傾向が強いため、そうした動きと無縁の仮想通貨が重宝されるわけです。

なぜステーブルコインは複数必要なのか

では、米ドルと連動したステープルコインが一種類あればそれでOKかというとそうではありません。

法定通貨や複数の仮想通貨の価格に連動していて、一見安心できそうなステーブルコインですが、中央に管理者を置く場合、発行元の信頼がなくなった場合には価値がなくなってしまう点があります。

現在のステーブルコインは中央集権的なものがあるので、ただ1つのステーブルコインだけが存在している状態では、価値が0になるリスクという観点ではリスクヘッジにはならず、大量保有することは危険となります。

まとめ

決済通貨として期待されるステーブルコインですが、テザー疑惑により法定通貨と価格がベッグされているとはいえ、中央集権的なステーブルコインにおいても危険性があるのではないかという指摘が現在されています。

しかし非中央集権的で広く分散化されたステーブルコインの場合、ステーブルコインとしては価格が動かない方が良いのですが、価格が動かないことで保有者が増えるためのインセンティブが働かず、DEXと同じように分散した分だけ流動性は下がり保有者が中央集権型と比較した場合に相対的に少なる点もまた指摘されており、期待の反面課題もまだ残っている状態と言えます。

一部ではステーブルコインとは言えども、年数パーセントでも価格上昇させた方が保有者は増えるのではないか、などの指摘もあります。今後のステーブルコインに期待が集まります。

価値が一定の仮想通貨「ステーブルコイン」の巨大な可能性
https://forbesjapan.com/articles/detail/20494