仮想通貨を簡単に管理するポートフォリオアプリ4選

0
4

仮想通貨の取引を行っていると、その管理はなかなか大変です。仮想通貨・トークンの種類、取引の仕方によっても取引所が違うため、一元的に管理できるツールが欲しくなりますよね。

そんな時にポートフォリオアプリを利用するとかなり管理が簡単になります。アプリなのでスマホで現在の資産を確認できるのも良いですね。

今回はそんなポートフォリオアプリを紹介したいと思います。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)

まずは手軽に管理してみたい人向けのアプリ

 ①日本のサービスなので日本語対応

下のアプリや一般にポートフォリオアプリは対応言語が英語のものが多いですが、クリプトフォリオは日本のサービスなので日本語が対応言語となっています。

②円グラフで通貨保有率を確認できる

どれくらいの比率で現在自分が保有している通貨があるかを手軽に管理することができますが、よく記事などで紹介されるブロックフォリオはこの機能がありません。

③自分の資産を日本円表示できる

これも日本発のサービスなので日本円で現在自分がどれくらいの資産を保有しているかを手軽に確認できます。

CoinStats(コインスタッツ)

少し慣れてきて方や現在Blockfolio(ブロックフォリオ)を使ってる方

①Coin market capから時価総額を確認できる

時価総額や取引量を調べるのに使うCoin market cap と連携しており、時価総額の確認が簡単にすることができます。各取引所の取引量もリンクから飛ぶ形になりますが、確認することができます。

②お気に入り機能

一般のポートフォリオアプリなかった機能になります。

チャートの動きが気になる通貨・トークンをお気に入りに入れることで、価格を追いつつも、保有通貨とごちゃごちゃになりません。

 ③アラート機能

ブロックフォリオにはない機能となります。

特定の値段になったらポートフォリオアプリから通知を入れることができます。

 ④円グラフで通貨保有率を見ることができる

円グラフで現在保有している通貨の比率を確認することができます。

 ⑤日本語対応

クリプトフォリオ同様日本語対応されたアプリとなっていて、日本人でもとても使いやすくなっています。

ブロックフォリオに機能は似ているのですが、お気に入り機能やCoin market capとの連携などブロックフォリオにない機能がついているので、ぜひこの機会に乗り換えてみても良いかと思います。

Tabtrader(タブトレーダー)

Private APIを利用した取引をしたい方(iOSは未対応の可能性)

対応通貨数こそ少ないタブトレーダーですが、他のアプリと違う点としてはPrivate APIに対応しているため、以下のことができます。

①取引所のウォレットなどと連動した取引や出金

他の管理アプリと違い、管理と取引をこのタブトレーダー上で行うことができます。

 ②取引履歴の確認

いくらで買っていくらで売ったのかの履歴を参照することができるため、

納税の時や収益の計算などの時にとても便利になります。

 ③アラート機能

当然アラートを飛ばすことができるため、自分が保有・気になっている通貨・トークンの値動きがあれば逃すことがなくなります。

問題点としては日本語対応されていない点と対応している取引所が比較的少ないことがあげられます。

CoinTicker(コインティッカー)

複数のポートフォリオを管理したい方

基本的には複数のポートフォリオを管理できるだけでその他のアプリに比べてこれと言った特徴がないのですが家族で仮想通貨を保有している場合や複数人のもつ仮想通貨・トークンを一元管理することのできるアプリとなっています。

 まとめ

ポートフォリオの中でも比較的便利なのを場面別に紹介してみました。現在の取引環境だとどうしても管理が大変になってしまうので、自分が管理しやすいものを探してご利用されるとよいかと思います。