仮想通貨の歴史の中でも大事件!「TheDAO事件」とは?

0
15

仮想通貨は現在の落ち着いた環境が出来上がるまでに様々な歴史がありました。もちろん、良い事件もあれば悪い事件もあります。そういった歴史を踏まえて、様々な改善して現在の形があると言えるでしょう。

今回はそんな仮想通貨の歴史に欠かせない事件である「TheDAO事件」を紹介します。

TheDAOとは

「TheDAO事件」を紹介するには、まずその元となっている「TheDAO」について説明しなければいけません。「The DAO」はドイツのスタートアップである「Slock.it」によって始められたプロジェクトです。この「The DAO」は新しく生み出した仮想通貨である「DAO」を使って非中央集権型の投資ファンドを構築することを目指したものとなっています。

仮想通貨が元々ブロックチェーン技術を利用して、法定通貨のように第三者の管理がなくても成り立つものですが、「DAO」はイーサリアムのブロックチェーンを利用しており、さらにイーサリアムのスマートコントラクトを利用したプロジェクトになっています。

一般的な投資ファンドもファンドマネージャーという第三者が管理しているものとなり、中央集権型となっています。

The DAOの性質

それでは「TheDAO」はどのようなシステムを持っていたのでしょうか。「TheDAO」は仮想通貨としての性質よりファンドとしての性質が強い仮想通貨となっていました。基本的に管理する第三者がいないため、資金を集めたり、投資先を決定する人はいないということになります。

主な報酬獲得までの流れ

DAOトークンを購入することによって、投資ファンドへの参加が可能となっており、DAOトークンを購入して得られた資金は「TheDAO」の資金プールへと送られるようになります。

その後mDAOトークン所有者が投資先を議論する権利があります。議論の結果決まった投資先には資金プールから一定金額だけ投資されるようになります。もちろん、投資先は事業やプロジェクトを行います。

この結果に応じて、還元された報酬をDAOトークン所有者に分配するという流れになります。

キュレーターの存在

決定権を持っている第三者がいないという状況で投資先をどうやって決めているのでしょうか。「TheDAO」には決定機関がいない代わりに、キュレーターという存在がいます。

キュレーターはDAOトークンの所有者が「The DAO」に寄せた提案を管理する役割を担います。なお、キュレーターはDAOトークン所有者たちの投票によって選ばれるので、安心できます。

提案内容はキュレーターが情報を整理したのち、「The DAO」のネットワークに共有されます。

投資対象の選定

投資対象はDAOトークン所有者によって選定されるということは先ほど述べましたが、選定の議論はどのように行われているのでしょうか。

共有された提案内容に関して、DAO保有者達は2週間の頻度で議論が行われています。

議論終了後、投票に移行します。投票する権利はDAOトークン保有者全員が所持しています。投票を行わなかった場合は棄権と判断され、最も票数を集めたプロジェクトが投資先として決定します。投資額に関しては、提案が決定された時点で決められます。

報酬について

報酬についてはリワードトークンを利用して支払われることになります。個人に対する配当は自分が資金プールに対してどの程度、投資したのかということが基準となってきます。

例えば、100DAO所有しており、資金プールに対して10%の投資を行った際には10DAO相当の投資を行ったことになります。これによって、10DAOに見合ったリワードトークンがが配布されることになります。

また、DAOはスプリットを利用してイーサリアムと交換することも可能です。その分かなりの利用幅はあるでしょう。

TheDAO事件とは

それでは肝心な「The DAO事件」の概要について説明します。

2016年の6月に360万ETHがハッキングによって盗み出されるという事件が起きました。原因はハッカーによるハッキングでした。調達した資金がハッカーの手によって不正送金されてしまったという事件です。当時の金額にして43億円程が不正送金されてしまったこの事件はかなり大きな事件として取り上げられました。

ハッキングにあった原因としては、先ほど軽く紹介したスプリット機能が原因だと言われています。

TheDAOの開発コードのセキュリティがそこまで高くなく、その脆弱性をハッカーに突かれてしまいました。ハッカーはスプリット昨日を利用して約364万ETHをDAOの資金プールから切り離し、別のアドレスに送金したのです。個人で分離させた資金についてはその個人で自由に動かすことができるため、ハッカーの自由自在というわけです。

しかし、スプリットで自分の資金を別のアドレスに分離した後、28日間はそのアドレスから資金を移動することはできないという機能があります。そのため、ハッカーも28日間以内に資金を動かすことはできません。つまりこの28日の間にDAOをどうにかしてハッカーの手から離さなければけません。

DAOの所有者たちはこの28日間で対策方法についてかなり考えました。長い議論の末に3つの方法がリストアップされました。

ソフトフォークを行う

ソフトフォークを行うことによって、既存のルールを変更することで資金を回収しようという案がとても有力でした。

しかし、その脆弱性が元となった起きた事件でソフトフォークを行ってもまたその脆弱性が元になりハッキングされるなど懸念点が見つかったため、このソフトフォークは却下されました。

ハードフォークを行う

ブロックチェーンの記録を360万ETHが送金される前まで遡らせ、この不正な取引がそもそもなかったもののようにする方法です。これによって、起こった事件をなかったことにして、抹消しました。

しかし、ハードフォークを実行するには、イーサリアムコミュニティの過半数の賛成が必要となっていましたが、事件発生から約3週間でイーサリアムコミュニティの過半数の賛成を得て、ハードフォークが実施されました。

つまりはイーサリアムのブロックチェーン上ではこの事件はなかったことになっています。

ハッカーの言うことを聞く

「なんの対処もしない」という意見もありました。今回のハッキング被害に関してはイーサリアム自体の問題ではなく、The Daoというサービスの脆弱性でした。

このようなプロトコル以外の問題に関して対応策を講じるというのは、『非中央集権的なイーサリアムプラットフォームの理念に反する』という考えを持つコミュニティも存在していたため、こういった声があがりました。

ハードフォークのその後

事件の収束を迎えた「TheDAO事件」でしたが、ハードフォークが行われたことによって、新しい仮想通貨が生まれることになりました。それは、「何も対処をしない」と唱えていた陣営が古いブロックチェーンをそのまま利用して作った「イーサリアムクラシック」となります。

イーサリアムクラシックはDAOの跡取りとして非中央集権型の仮想通貨の実現を目指しており、登場してから現在まで根強い人気を誇っています。

TheDAO事件から学ぶこと

この事件で覚えておかなければいけないのは「イーサリアムがハッキングにあったわけではなく、DAOがハッキング被害にあったということ」です。

あくまでDAOというプロジェクトに利用されていたのがイーサリアムという仮想通貨であるだけであり、イーサリアムのブロックチェーンになにか欠陥があったというわけではありません。

そこを勘違いして、イーサリアムを卑下する人もいますが、決してそういうわけではないので勘違いはしないようにしましょう。しかし、この事件でイーサリアムの価格が下降気味になったのも事実です。

また、この事件で仮想通貨の管理の仕方やICOに参加するリスクなどについても考えるきっかけになりました。仮想通貨はインターネット上に関わることである以上、ハッカーの標的にされることは避けられない事実でもあります。

もし、ハッキング被害にあってからでは遅いため、しっかりとまずは対策をする必要があります。自分の資産を一ヶ所にまとめて保管していると、その場所がハッキングにあった際などはすべての資産が盗まれてしまいます。

自分の資産はしっかりと分散して管理するようにしましょう。それは複数の仮想通貨取引所を開設して、それらに分散させて管理するのも良いですし、ハードウォレットのようなコールドウォレットを購入して、それらに分散して管理するのも良いです。

ハードウォレットは先日のコインチェックの事件以降、さらに売上を伸ばしてきており、仮想通貨資産の管理の重要性が日に日に高まってきていることが明らかになってきています。インターネットと切り離して資産管理ができるハードウォレットは中でも安全性の高いウォレットとしてとても有名になっています。

どちらにしろ、自分が管理しやすく安全面が高い管理方法で管理することが大切です。

まとめ

今回は仮想通貨の歴史の中でも大きな事件であった「TheDAO事件」を説明しました。一つのICOプロジェクトが狙われたことによって、多くの人の多額の資産が盗まれたという事件でしたが、仮想通貨を運用している人からすれば他人事ではないでしょう。

仮想通貨はインターネットとは切っても切り離せないものであり、ハッカーから狙われるリスクと常に隣り合わせといっても過言ではないでしょう。

いかにしてそういったリスクとうまく付き合っていくのかという点においては仮想通貨業か全体のこれからの課題とも言えるでしょう。まずは自分ででいるリスク対策を徹底的に行い。自分のリスクは自分で守るということが大切なのではないでしょうか。

Latest Release Adobe 9A0-385 Dumps

At the Wuhan Conservatory of Music, I am afraid 9A0-385 Dumps that I will not be Adobe 9A0-385 Dumps able to perform several performances in 9A0-385 Dumps my life. He was only responsible Adobe 9A0-385 Dumps for providing them with living expenses Adobe Experience Manager 6.0 Architect and not going to live. The child ACE: AEM 6 Architect 9A0-385 was so angry that he couldn t care Adobe 9A0-385 Dumps what he was saying.

Everyone is enjoying a drink in the Adobe 9A0-385 Dumps scream of ghosts and wolries outside the yard. At this time, ACE: AEM 6 Architect 9A0-385 the self blame and Adobe 9A0-385 Dumps tension that the lying person has to 9A0-385 Dumps bear may be far Adobe Experience Manager 6.0 Architect more intense than the pain actually Adobe 9A0-385 Dumps obtained. My citizen s style has always been awkward, and I have to deal with heavy injuries almost every night. Even though his body ACE: AEM 6 Architect 9A0-385 Dumps is suffering from great pain, he is still unrelenting. After climbing 2 or 3 meters, Wang Luoguo Finally, I didn t move

His salary is ten times less than that of a normal engineer Not to mention living in villas and vacations. I only ACE: AEM 6 Architect 9A0-385 have to die. Last night, Adobe Experience Manager 6.0 Architect I 9A0-385 Dumps was still cheering on Li Wei, Adobe 9A0-385 Dumps so that he tesking should not be pessimistic. How do you look at me like this Make money, Adobe 9A0-385 Dumps what are you going to do This is still asking, opening a factory. I don t know if I was hungry or not.