仮想通貨の「Gox」とは?仮想通貨のリスク管理が鍵!?

0
10

仮想通貨業界には多くの用語が存在します。その用語は重要なものもあれば、意味さえ覚えていれば良いくらいの重要度のものもあります。しかし、知らなければ思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあるため、仮想通貨に関する勉強を怠ってはいけません。

そこで今回はそんな仮想通貨の用語でもある「Gox」という単語について説明します。

Goxとは

Goxという単語は見たことがあるのではないでしょうか。仮想通貨の歴史の中ではかなり大きな事件として、「マウントゴックス事件」というものがあります。名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この事件はMt.Goxという取引所が不正ハッキングによって、大量のビットコインを盗まれた事件です。詳細は後ほど説明しますがこれが語源となり、Goxという単語が生まれました。

この事件から分かるとおり、Goxはハッキングによる不正アクセスなどによって、所有している仮想通貨を紛失してしまうことです。

第三者による不正ハッキングなどによって仮想通貨が盗まれることをGoxと言いますが、仮に仮想通貨を所持している側のミスによって、仮想通貨を失ったことはセルフGoxと言います。

送金アドレスをミスして送金をした場合などはセルフGoxが起こりうるので注意が必要となります。

マウントゴックス事件とは

「マウントゴックス事件」というワードは聞いたことがあっても、その具体的な内容や原因などを知っている人はあまり多くはないでしょう。

マウントゴックスという取引所は最初は仮想通貨の取引所ではなく、トレーディングカードの交換所として誕生しました。まず、トレーディングカードの交換所から仮想通貨の取引所になったという意外な経歴を持っている取引所はそうそうありません。

2010年からビットコイン事業を開始しビットコインの売買を盛んに行っていました。2011年にTibane社を経営していたマルク・カルプレスに買収されました。この人がマウントゴックス事件が起こるまでマウントゴックス社を率いる存在になります。

2013年には世界のビットコイン取引量の70%を占める取引所にまで成長しました。仮想通貨業界の中でもトップを走っているビットコインの所持率がここまでたかい取引所となると、かなりの儲けが出ていたことでしょう。

ですが、2014年に事件は起きます。マウントゴックスのサーバーがサイバー攻撃を受け、ハッキング被害にあったことが原因となり、マウントゴックスが所持していたビットコイン約75万BTC(約480億円)と顧客がビットコインの売買の資金として預けていた現金28億円が消失してしまいました。

ビットコインと預かり金の消失によって、元々あったマウントゴックスは負債額がさらに増加し、債務超過に陥ってしまったため、マウントゴックス社はこの事件を機に経営破綻してしまいます。

マウントゴックス事件の真相はサイバー攻撃によるものとされていました。見ず知らずの第三者の人がハッキングをして、ビットコインと現金が抜かれたと言われていました。しかし、2015年にマウントゴックスの元社長であるマルク・カルプレスが自身の口座残高の水増し容疑で逮捕されており、さらに顧客からの預金を着服したとして業務上横領の疑いで再逮捕されました。

第三者の容疑となっていましたが、身内によるしかも一番偉い人による容疑だったのです。

マルク・カルプレス容疑者が逮捕されることで、ビットコインと現金の消失はカルプレス容疑者の関与によるものだと明るみになりました。

その後、被告は保釈保証金1千万円を納付し、2016年に保釈されています。

マルク・カルプレス被告の初公判が2017年の7月に行われました。東京地方裁判所で開かれており、カルプレス被告は「多くの顧客に多大な迷惑をかけたことを心からお詫び申し上げる」と謝罪していますが、起訴事実は否認し無罪を主張しています。

カルプレス氏は現在新しい企業を作成しており、すでに新しい人生を歩み始めているようです。

この事件を機に仮想通貨の管理などに大きな問題があることが分かり、多くの投資家たちに資産管理に対する疑問を持たせました。

仮想通貨はあくまで資産であり、その資産はネットを介して管理されており、サイバー攻撃によって攻撃を受ける可能性もありますし、ハッキングによって資産が奪われる可能性もあります。その管理方法などを今一度考え直す必要もあるとなり、現在のハードウォレットなどが登場し始めました。

さらに、この事件後に改正資金決済法が新しく生まれており、仮想通貨利用者の保護が強化されました。この事件がある意味で仮想通貨のターニングポイントとなったと言っても良いのではないでしょうか。

マウントゴックス事件から学ぶ仮想通貨の管理

マウントゴックスで仮想通貨の管理状況の脆弱さはかなり浮き彫りになりました。これは企業での管理のみならず、個人の投資家たちも自分の仮想通貨の管理状況を気にするようになりました。それでは仮想通貨はどのように管理すれば良いのでしょうか。

セキュリティの徹底管理

仮想通貨を管理する際には必ず、IDとパスワードが発行されることとなります。これをしっかりと自分で管理するようにしなければいけません。このIDとパスワードが他人に漏れてしまうと自分の資産が自由に操作されてしまうため、注意が必要となります。

IDとパスワードはできるだけ複雑にしておき、ほかのところでは利用していないようなIDとパスワードを利用するようにしましょう。

また、IDとパスワードにハッキングされてしまい、抜かれてしまう可能性があるため、自分が使用している媒体にはウイルスセキュリティソフトなどをダウンロードしておくようにしましょう。ウイルスバスターなどがセキュリティソフトというものです。

管理場所を分散

仮想通貨を管理する場所を一ヶ所にまとめておくと、その管理場所がハッキングされてしまった際に全ての自分の資産が抜かれてしまうことになります。今まで様々な取引を重ねて、得てきた利益もハッキングを受けて全て抜かれてしまった場合、水の泡になってしまいます。

そこで資産を分散して管理するという方法があります。1ヶ所の取引所だけに資産を任せるのではなく、2~3ヶ所の取引所に登録して、自分の資産をそれぞれの取引所に分散して管理するという方法です。

これなら仮に1ヶ所の取引所がハッキングなどの被害にあったとしても、ほかの取引所が無事であるならば自分の資産はまだ残っており、被害は少なく済みます。

また、取引所を複数持つ事のメリットはほかにもあります。それは取り扱える仮想通貨の種類を増やすことができるということです。取引所では取り扱える仮想通貨取引所の種類が決められており、一つの取引所だけでは全ての仮想通貨やトークンを売買することはできません。もし、お目当ての仮想通貨があるのであればそれに合わせて取引所を選んでみるのも良いのではないでしょうか。

ウォレットの分散

仮想通貨を管理する場所をウォレットと言います。このウォレットを分散させるのもリスクヘッジとして有効です。ウォレットの中にはネットから離れて管理するコールドウォレットとネット上で管理するホットウォレットというものがあります。

コールドウォレットはネット上から離れて管理できるため、安全性で言うとかなり高いと言えるでしょう。実際に、コールドウォレットであるハードウォレットは現在、その需要がとても高まっており、品薄状態になっています。

もし、自分が多額の資産を仮想通貨で所持しており、安全に管理したいというのであればコールドウォレットを利用することをオススメします。

また、ウォレットの種類はとても多いです。紙媒体で資産管理を行うペーパーウォレットやウェブに自身のウォレットを作成するウェブウォレットなど多くの種類があるので、自分の管理方法にあったものを選ぶとよいでしょう。

Goxは頻繁に起きている

本来、仮想通貨が盗難被害にあっているなんてことは避けなければいけない問題でもあります。しかし、ネットを介して資産を管理している以上はこういったことは避けられない問題でもあり、現に頻繁にGoxは起きています。

先日、日本のニュースで持ち切りになったコインチェック社の資産が第三者によって、大量に奪われたという事件もGoxです。世界に目線を向ければもっと頻繁にGoxは起きていますし、これに対する対策をどのようにおこなっていくかが重要です。

いかに自分での仮想通貨の管理の方法を思考して、自分の資産に対するリスクヘッジを行うかがとても重要です。

リスクヘッジを行う方法はいくらでもありますし、仮想通貨に関するリスクヘッジはこれからもたくさん生まれてくることでしょう。仮想通貨に関していうのであれば、取引というポイントに目が行きがちですが、資産管理の方も見逃してはいけません、

しっかりと資産管理の方法なども検討しておく必要があります。自分自身で自分自身の資産を守るというのが資産管理のコツとも言えるでしょう。

まとめ

今回は仮想通貨の「Gox」について説明しましたが、これは仮想通貨投資を行う上では避けられない問題です。現在もGoxを起こる可能性も十分有り得ますし、備えておけばある程度の被害を避けられるものとなっています。

いまや仮想通貨で投資を行っていく上では、資産管理と資産のリスクヘッジは必要不可欠の知識となりました。もし、知らないのであれば知識としてしっかり頭に入れておき、自身の資産を自身で守るようにしましょう。

また、資産管理について勉強するのであれば、ウォレットの勉強も必要不可欠なります。ウォレットは調べれば調べるほど奥が深く、簡単に作成することができるものもあるため、調べて作成してみることをオススメします。

Real Cisco 640-692 Exam Dumps

There is no way to help me find the ideal job. Don Supporting Cisco routing and Switching Network Devices t think Cisco 640-692 Exam Dumps about it, Advanced Routing and Switching 640-692 Exam Dumps I will wait for you Cisco 640-692 Exam Dumps to come back here. She suddenly realized Cisco 640-692 Exam Dumps that the meaning of the father s other child to the mother was secret and huge I looked Cisco 640-692 Exam Dumps up and saw Advanced Routing and Switching 640-692 her 640-692 Exam Dumps smile when I looked up.

Zhong Chubo Cisco 640-692 Exam Dumps said I am a murderer, the deer is a hostage. Cisco 640-692 Exam Dumps Advanced Routing and Switching 640-692 Does he not repeatedly encourage us to innovate and Cisco 640-692 Exam Dumps set a high record That is 640-692 Exam Dumps to say, you occasionally do the best results, give everyone a look, prove 640-692 Exam Dumps your ability, you can maintain the upper level Supporting Cisco routing and Switching Network Devices in the future, but you keep the first place in the sales department for three Cisco 640-692 Exam Dumps consecutive months. I know that you can become a big thing today.

The father and son went to the Chengda home in tandem. Zuo Tao Waving, bending over and grabbing the black water pipe that poured the trees. How can she become the object of being cleared The little known things she did in the War of Resistance Against Japan should be praised However, this list has been Cisco 640-692 Exam Dumps reviewed by http://www.testkingdump.com/640-692.html many leaders. Da Zhi and Li Shi also turned their eyes to Xiao Yan. I have eaten three in a row. It Cisco 640-692 Exam Dumps s really fun I also bought gifts for my relatives Supporting Cisco routing and Switching Network Devices and friends, and I bought you a Advanced Routing and Switching 640-692 pair of leather boots, which 640-692 Exam Dumps is very good We are going back to China, Grandpa, I miss you Grandson When Dazhi wore reading glasses and read the last letter sent by his son and grandson, the carriage of Lishi and Changsheng had already slammed into the Nanyang City with a pleasant bell.