仮想通貨がタダで貰える「AirDrop」(エアドロップ)その背景と仕組みを解説

0
301

取引所で扱われている数多の仮想通貨。中には高騰するものもあり、それによって億万長者になったという人もいます。そんな仮想通貨がタダで貰えるとしたらどうでしょうか? 僕なら喜んで貰いに行きます。それが「AirDrop」です。

AirdropAlertのようなウェブサイトも整備され、何重という仮想通貨プロジェクトが無料での配布を行っていて、仮想通貨投資家の間でも注目する人が増えています。なんといっても、タダですからね。

なぜタダで仮想通貨が配られるのか

皆さんの疑問は、なぜタダで仮想通貨を配る必要があるのか、ということでしょう。AirDropを実施している仮想通貨プロジェクトは駆け出しのものが多いのですが、中には既に取引所に上場しているものも存在します。既に値段が付いているものを無料で配布するというのはますます怪しく見えます。

しかし、一般的なAirDropはマーケティングとして行われています。現在、仮想通貨の数は1500を超え、日々増加しています。それぞれ何かしらの目的を持って開発がされていますが、成功するためには、プロジェクトに関わる人を増やし、利用してくれる人を増やさなくてはなりません。まず世間の注目を集める必要があるのです。仮想通貨の数が増えるに従って、マーケティングの重要性が増しているのです。

AirDropで少額の仮想通貨を配布することで注目が集まり、実際にその仮想通貨を持っている人を確実に増やすことができます。貰った人は、その仮想通貨を持っていてもいいし、上場しているものでしたら売ってもいいわけですが、一度は手にしたという記憶は残り続けるはずです。タダで貰ったとしても、値上がりは期待できるのか、将来性はあるのか、気になっちゃうはずです。これがマーケティングとして重要なわけです。

これらの仮想通貨プロジェクトではICO(Initial Coin Offering)を行って、資金調達をしてから、完成に向かっていくというものも多いです。そうした際に初期の投資家に気づいてもらうためにAirDropを行うケースも多くなっています。

どうやったら貰えるか

前述のAirdropAlert のようなAirDropをまとめたウェブサイトを参照に、現在AirDropを行っている仮想通貨プロジェクトを探しましょう。

「Upcoming」はこれから開始のプロジェクトです。1 Days leftというのはあと1日で開始されるという意味です。基本的には「Active」の欄にある現在実施中のプロジェクトから探していきます。プロジェクト名をクリックすると詳細が表示されます。

大抵のプロジェクトでは、イーサリアムのウォレットアドレスが求められます。多くの仮想通貨がイーサリアムベースで開発されているためです。

他の条件としては、Twitterでのフォローやシェア、Telegramへの参加が求められるケースが多いです。TelegramはTwitterが提供しているチャットで、仮想通貨プロジェクトではTelegramの部屋が用意されていて、開発状況などが共有されている場合が多いです。ぜひインストールしてみてください。

Airdropの注意点について

メールアドレス・パスワードは新しいものを使うこと推奨

ただの配布ではなく広告目的であったりするため、広告メールが送られてくるケースが多いです。

またその他のサービスで使っているメールアドレスやパスワードを使いまわすと運営側がメールアドレス・パスワードを収集して、その他のサービスでハッキングに使おうと考えている場合に被害に合います。

必ずメールアドレス・パスワードは他のところで使っていないものにしましょう。

秘密鍵(Private Key)や取引所のパスワードの入力はしない

Airdropで希望者に仮想通貨やトークンを配布するには、ウォレットのアドレスがわかっていれば送ることができます。

その上で秘密鍵や取引所のパスワードの入力を求められるのは取引所から不正出金する詐欺の可能性が高いです。

 

Airdropは無料でもらえるためそれを求めて片っ端から登録していくのも良いですが、ICOと違い無料で仮想通貨・トークンを配ることは通貨・トークン保有者が損をしない構造となっており、先に配布を受けることで健全なコミュニティ形成を目指すところがあるように思えます。

そして開発者側は無料で配布を行ってしまうため、上場や実用化がされないと利益が出ません。受け取った通貨・トークンがどのように発展していくのか進捗を見守ると更なる投資の機会になるかもしれません。

Designed by Freepik