ライトコイン(LTC)の特徴、購入方法、チャートや将来性について解説

0
5

ライトコイン(通貨単位:LTC)は、ビットコインの決済システムの弱点を補うことを目的に開発された決済通貨で、ビットコインをゴールドとするとライトコインはシルバーのような立ち位置になるのではないか言われています。

2018年2月現在、仮想通貨市場全体では時価総額5位の取引量を誇る仮想通貨となっています。

ライトコインはLitecoin Associationが普及を促進しています。

ライトコイン(LTC)の買い方(購入方法)

ライトコインは2018年2月現在、国内の取引所ではビットフライヤー(bitFlyer)、ビットバンク(bitbank.cc)、GMOコイン、コインチェック(現在取引停止中)などの主要国内取引所ではもちろんのこと、BitTrade(ビットトレード)やBTCBOX(BTCボックス)など幅広い取引所で取引することができます。

購入方法としては

1.各取引所に登録
2.取引所に日本円を入金
3.ライトコインを購入する

となっています。

口座開設には身分証明できるものが必要です。

また住所確認ではがきが届くものが多いため、それらが完了するまでは取引ができません。

特定の取引所の閉鎖などのリスクや取引所によって価格差が生じることを考えると、主要取引所は取引の予定がなくても登録をしておくと良いと思います。

ライトコインの取引量が多い仮想通貨取引所ランキング

ライトコインは2018年2月現在、海外では中国のOKExやBinance、香港のBitfinexなどで取引量が多いですが、取引量第3位にアメリカのCoinbaseが運営する取引所のGDAX入ってることや同じくアメリカの取引所のBittrexも上位に入ってきているためアメリカで比較的人気の通貨であると言えます。

出典 https://www.coingecko.com/en/coins/litecoin/trading_exchanges#panel

ライトコインを購入できる国内取引所

海外の取引所も良いのですが、まずはとりあえずライトコイン買ってみたいという方は国内取引所をご利用されることをおすすめします。

ライトコインを扱っている国内の主要取引所をまとめると

取引所 特徴 公式サイト
bitFlyer 日本最大の取引量を誇る仮想通貨取引所 公式サイト
bitbank 高機能な取引ツールが特徴、セキュリティも安心 公式サイト
GMOコイン GMOグループが提供する仮想通貨取引所 公式サイト
BTCBOX 仮想通貨融資にも対応した取引所 公式サイト
BitTrade スマホにも完全対応した仮想通貨取引所 公式サイト 
コインチェック 使いやすいアプリで利用者が多い取引所(現在取引停止中) 公式サイト

があります。

ビットフライヤー(bitFlyer)

日本最大の仮想通貨取引所ですが、アルトコインを買う場合には価格差(スプレッド)が生じるので注意が必要です。とはいえ流動性は高いので登録しておいて損はないと思います。

ビットバンク(bitbank.cc)

中国系の取引所OKExと提携し世界規模の取引流動性を確保した取引所です。

扱ってるアルトコインの数も多め、現在取引手数料無料キャンペーンを実施中のため、今アルトコインを買いたいという方にはお勧めできる取引所となっています。

※手数料無料キャンペーンの期間は2018年6月30日00:00までとなっております。但し変更の可能性があるので、取引の時は調べてください。

GMOコイン

ビットコインFX向けの取引所となっています。

アルトコインを買う場合は基本的に販売所のためGMOコインから売買をする形になり、市場価格に上乗せされた価格差(スプレッド)を支払う必要があります。

今後のサービスに期待する形となります。

BitTrade(ビットトレード)

アルトコインも国内取引所の中では多めに扱っている取引所です。販売所ではないのでユーザー同士で取引を行うことができ手数料も安めに抑えられています。

ただし取引所同士を比較した時にそこまで手数料は安いわけではないのと、bitbankと同じトレード機能が使われているため目立った特徴がないのが現状ですが、

今後のサービス拡大に期待して開設しておいても良いかと思います。

 

それぞれの取引所で登録、本人認証を済ませても良いかと思いますが、

2018年2月の時点ですと、取引手数料が無料で流動性もあるbitbankをメインで使うのが良いと思います。

また慣れてくればアメリカで人気のある通貨となっており取引量も多いため、GDAXやBittrexへ国内の取引所から送金してトレードしてみても良いかもしれません。

ライトコインの特徴

ライトコイン(通貨単位:LTC)冒頭で触れたとおり、ビットコインの決済システムの弱点を補うことを目的に開発された決済通貨で、開発者のチャーリー・リー氏は『ビットコインをゴールドとするなら、ライトコインはシルバーを目指す』としています。

具体的に見ていくと、ブロックチェーンの承認アルゴリズムはビットコインと同じPoWを用いていますが、ビットコイの発行上限量が2100万BTCに対して8400万LTCとなっており、ブロック生成サイクルはビットコインの約10分と比較して約2.5分とビットコインの4倍の発行上限と4分の1の時間の周期でブロックの承認がされることが分かります。

これによりビットコインよりも少額決済に向き、流通も幅広く、マイニングや取引自体もより楽に速くすることが期待されています。

しかしこのブロック生成周期が短いことはビットコインと比べるとハッキングがしやすいことも表すため、ビットコインとの共存が望まれます。

先進的な技術も導入

またライトコインが注目された理由としてはSegwit技術があります。

Segwit技術とは、仮想通貨全体の問題として取引量が増えた場合扱うデータが膨大になりすぎるスケーラビリティー問題があるのですが、Segwit技術は取引履歴データを圧縮してデータ量を小さくする技術です。既存のマイニング用のパソコンをSegwitに対応したものに変えないといけないため、マイナーの同意を取るのが難しいと言われている中、マイナーの同意を得ていち早く実装したのがライトコインで、そこから注目を浴びるようになりました。

またライトコインは初めてLN(ライトニングネットワーク)に成功したコインでもあります。

ライトニングネットワークとはオフチェーン(ブロックチェーンの外)で取引を行い、一定期間の取引の最終結果のみをブロックチェーンに追記するシステムでブロックの生成を減らすことができ、これは少額決済に向くシステムと言われています。

概要

名称 ライトコイン(Litecoin)
通貨コード(シンボル) LTC
発行開始 2011年10月8日
承認アルゴリズム Scrypt
マイニング報酬
発行上限 84,000,000 LTC
現在の流通量 55,453,533 LTC
ブロック生成時間 2.5分(平均)
公式サイト https://litecoin.com/ja/
取引履歴 http://explorer.litecoin.net/chain/Litecoin
ソースコード https://github.com/litecoin-project/litecoin

ライトコインの利用方法

ライトコイン基本的に決済に特化した通貨となっていて、2018年2月にライトコイン決済のLitePayの決済端末が販売されることが予定されています。

ビットコインでもすでにbitpayが導入されていますが、BTC決済は手数料が高くなってしまったため少額決済に向くライトコインに期待が集まります。

現在Eコマースの分野での導入の実績も出始め、日本ではあまり知られていないですが、大きいところではアメリカでamazonなどと並ぶくらい有名な大手オンライン小売業者となっているOverstock.comでもライトコインを支払い方法として採用しています。

LitePayに続き、オンライン決済システムPaypalのライトコイン版といったものも開発が予定されています。

ライトコインのチャートと将来性

参照元https://coinmarketcap.com/ja/currencies/litecoin/

参照元https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/

上がライトコイン、下がビットコインのチャートです。

ビットコインの方が時価が高いため、ライトコインほど値動きは激しくはないですが、

おおむね値動きが似ている印象を受けます。

昨年の値動きで言うとライトコインの価格が上がるきっかけになったのは5月のSegwit技術の実装があります。

またビットコインのハードフォークの影響でビットコインへの不安視からライトコインへの退避がされ、7月中旬から8月にかけて価格が上がり、9月のライトニングネットワークの試験的送受信の成功が後押しになり、年末には仮想通貨全体の過熱感から高騰しました。

現在は海外の仮想通貨規制の発表、コインチェックのNEM盗難事件、TetherのUSDT空発行疑惑などが重なり、仮想通貨全体の悲壮感により暴落して今のチャートに至ります。

 

ビットコインの決済手段を用いたサービスが浸透している一方、ライトコインは知名度が低くまだまだ浸透していない状況ですが、逆にこれは成長の伸びしろとなる可能性があります。

また同じような立ち位置に現在なっているビットコインキャッシュとどのようなすみわけをしていくのかには注目の必要があるかもしれません。