モナコイン(MONA)の買い方・購入方法、広がる使い道、将来性を占う

0
3

モナコイン(モナーコイン、Monacoin、通貨単位MONA) は、2013年12月に日本のユーザーによって開発された日本初の仮想通貨です。2ちゃんねるで生まれた有名なアスキーアート「モナー」をモチーフにしたアイコンは世界の仮想通貨マーケットの中でも異彩を放っています。

2ちゃんるから誕生したいという経緯もそうですが、モナコインの大きな特徴はコミュニティ主体で発展を続けている点です。コミュニティのユーザーによるサービス開発、神社の建立、語呂合わせの投げ銭など他の仮想通貨には見られない使い方が次々と提案されていっています。

開発プロジェクトの公式サイト。和をイメージしたデザインが印象的。

モナコインの開発はMonacoinprojectによって進められています。ただ、モナコインを入手する方法はマイニング(後述します)しかなく、Monacoinprojectはモナコインを保有していないとのこと。一部の仮想通貨は発行元が大きな割合を持っていて、その放出による下落が懸念されるケースもありますが、モナコインの場合は安心できます。

今回はこのモナコインの購入方法やその将来性について説明していきます。

モナコイン(MONA)の買い方(購入方法)

モナコインは現在、国内の取引所ではbitFlyer(ビットフライヤー)、Zaf(ザイフ)、bitbank(ビットバンク)、Fiasco仮想通貨取引所の各取引所に上場しています。これらの取引所に口座を解説すれば、モナコインを日本円で購入することができます。

購入方法は以下の通り

・bitFlyer、Zaif、bitbank、Fiscoなどに登録
・取引所に日本円を入金
・モナコインを購入する

取引所に口座さえあれば、数分でモナコインの購入ができるはずです。

モナコインを取り扱っている国内取引所

モナコインは現在のところ日本の取引所では、bitFlyer、Zaif、Bitbank、Fisco仮想通貨取引所の4つの取引所で購入することができます。それぞれの特徴は以下の通りです。

取引所 特徴 公式サイト
bitFlyer 日本最大の取引量を誇る仮想通貨取引所 公式サイト
Zaif 取り扱い仮想通貨が豊富、手数料もマイナス0.05% 公式サイト
Bitbank 高機能な取引ツールが特徴、セキュリティも安心 公式サイト
Fisco仮想通貨取引所 金融情報でおなじみのフィスコが運営する取引所 公式サイト

さらに、モナコインは複数の海外の仮想通貨取引所でも購入することができます。

取引所 特徴 公式サイト
Bittrex 多数のアルトコインを扱う米国の取引所 公式サイト
Upbit 韓国最大の取引所、カカオトークの関連会社 公式サイト
Livecoin なんと300種類もの仮想通貨を扱っている取引所 公式サイト
CryptoBridge 日本人のユーザーも増えている分散型取引所 公式サイト
EXX 中国の新興取引所 公式サイト
Bluetrade フランスの取引所。手数料の安さも特徴 公式サイト

モナコインの取引量が多い仮想通貨取引所ランキング

これらのモナコインを取り扱っている仮想通貨取引所を海外も含めて、取引金額で並べてみました。日本の取引所だけで殆どのシェアを占めていることが分かります。

 取引所 取引金額(24時間) シェア
Zaif 2,058,987ドル 39.0%
Fisco仮想通貨取引所 2,025,710ドル 38.3%
Bittrex 618,098ドル 11.7%
Bitbank 453,505ドル 8.6%
UpBit 70,818ドル 1.3%
Livecoin 29,020ドル 0.5%
CryptoBridge 23,247ドル 0.4%
EXX 5,710ドル 0.1%
Bluetrade 640ドル 0.0%

この取引量のデータはCoinMarketCapを参照し、2018年2月7日の取引データとなっています。なお、同サイトのデータにはbitFlyerが含まれていないため参考程度にお願いします。bitFlyerを含めると日本の取引所の寡占度は更に上昇するものと思われます。

モナコインが購入できる日本の取引所

モナコインを購入できる日本の主な取引所を紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

日本最大の仮想通貨取引所であるbitFlyerでもモナコインが上場しています。取引額も多いと見られますが、bitFlyerではビットコイン以外は取引所ではなく、販売所となっていて、ユーザー間の取引ではなくbitFlyerから購入する形となります。筆者が確認した時点の、売りと買いのスプレッドは41円で約10%と大きくなっています。

Zaif(ザイフ)

数多くの仮想通貨を扱っている大手取引所のZaifにもモナコインが上場しています。こちらは取引所であり、比較的スプレッドは小さくなっています。取引量も多いため、モナコインの取引ではZaifはオススメできます。また、Zaifでは月々一定を入金していく「積立」の機能もあるので、そちらも検討してみてもいいでしょう。

bitbank(ビットバンク)

豊富な取引ツールと強固なセキュリティを売りにしているbitbankにもモナコインが上場しています。同社ではモナコイン資産の大部分をコールドウォレットで保管しており、かつコールドウォレットではマルチシグの運用も行っているとのことです。

モナコインの特徴

モナコインは2013年末に誕生した仮想通貨です。正式にリリースされたのは2014年1月1日で、2ちゃんねるユーザーのワタナベ氏(Mr.Watanabe)という人物によってリリースされました。ウォレットなどの周辺技術も2ちゃんねるのコミュニティをベースにしながら開発が行われていきました。

ビットコインと同じようにブロックチェーン技術によって成り立っており、ウォレット(財布)というクライアントプログラムを実行することでユーザーがネットワークに参加し、P2Pで取引が完了し、中央の管理者は不在です。ベースとなったのはオープンソースのライトコイン(LTC)です。マイニングによって徐々に流通量が増えていきます。ブロックの生成ペースは約90秒で、ビットコインの約10分と比べて6.6倍のスピードを誇ります。また、「Segwit」という最新技術にいち早く対応をしています(Segregated Witness、ブロックチェーンの1ブロックに含むトランザクションを増加させるための技術)。

もともと、2ちゃんねる内の「投げ銭」のような用途で使われ方を想定していたことから、発行上限枚数はビットコインの2100万枚に対して、1億512万枚と非常に大きくなっています。発行枚数が多く、単価が低いことから、使い勝手の良い通貨となっています。

2018年1月にはアトミックスワップに対応したことが発表されました。アトミックスワップは、取引所を介さず、ユーザー間で異なる通貨同士の交換を実現するという技術で、今回モナコインはビットコインとのアトミックスワップが実現しました。取引所不要で、ユーザー同士の交換が促進されることで、使い道も増えていきそうです。

概要

名称 モナコイン(Mona Coin)
通貨コード(シンボル) MONA
発行開始 2014年1月1日
承認アルゴリズム Lyra2RE(v2)
マイニング報酬 25 MONA
発行上限 105,120,000 MONA
現在の流通量 57,272,725 MONA
ブロック生成時間 90秒
公式サイト https://monacoin.org/
取引履歴 https://mona.chainsight.info/
ソースコード https://github.com/monacoinproject/monacoin

モナコインの利用方法・使い道

徐々に仮想通貨の現実社会での応用が広がってきていますが、モナコインはメジャー通貨にも引けを取らないくらい使い道が広がってきています。

モナコインが利用できる主要なサービス

Bitcoinmall 家電などが購入できるショッピングモール
Ark 秋葉原の老舗パソコンショップ
Tipmona Twitterで簡単にモナコインをチップとして渡すためのサービス
AskMona 投稿するとモナコインが貰える掲示板
FREAK 新潟の同人誌専門の印刷会社
Monappy モナコインでデジタルコンテンツを売買できるサイト
JIT Holdings モナコインで不動産投資ができる

オンラインショップでは、パソコンやデジカメなどデジタル機器を中心にとり揃えているBitcoinmallではビットコインと並んでモナコインでも決済が可能となっています。

また、秋葉原のパソコンショップであるArkでもモナコインの決済に対応しています。

ARKでは現在、8月までの期間限定で、雪モナコインちゃんと痛板のコラボジャックも行われているようです。

Tipmona」はツイッター上でモナコインの投げ銭を簡単に行うことができるサービスです。ツイッターで@tipmonaにメンションを送ることで、入金や送金が簡単にできてしまいます。ちょっとした感謝の気持ちを示すのにぴったりです。

AskMonaは投稿するとモナコインが貰える掲示板です。良い投稿に対する感謝を示すという意味で、モナコインの最初の精神に合致したサービスと言えます。ノリは2ちゃんねるですが、比較的活発に投稿が行われているようです。

「モナコーヒー」という可愛らしいコーヒー豆も発売。

一般の店舗でもモナコイン決済を導入する店舗が増えていっているようです。「Monacoinご利用できます」というイラストも可愛らしいですね。

モナコインのチャートと将来性

2014年1月1日にリリースされた当時のモナコインは1MONAあたり約2.5円だったモナコイン。コミュニティで盛り上がりが醸成されていくにあたって徐々に価格が上昇していきました。

2014年7月にはホリエモンもモナコインのウォレットを作成したとツイート。テレビ番組等にも取り上げられました。

2017年10月3日にはbitFlyerへの上場を果たし、加熱していくことになります。bitFlyerに上場した際の価格は約120円でしたが、12月にかけて加速。12月初旬には一時2500円を記録しました。しかしその後は軟調となっています。2018年1月末にはビットコインとのアトミックスワップに対応したことが発表され、一時900円を超えましたが、すぐに下落してしまっています。

モナコインは現在1MONAあたり397円で取引されていて、時価総額は227億7860万円、仮想通貨の中では85位の規模となっています(2018年2月8日現在)。一時は2500円を超える値段を付けましたが、大幅に下落しています。

 

グーグルトレンドの人気度推移を見ると、価格上昇と軌を一にして12月初旬に大きく伸びていますが、その後は低下しています。一方、11月以前と比較すると高い水準を維持しているとも言えそうです。

 

 

CoinMarketCapのデータから、日本と海外の取引所での売買比率を算出すると、モナコインは圧倒的に日本での取引が活発な仮想通貨となっています。ほぼ全ての仮想通貨は日本での売買比率が低く、海外投資家の心理によって大きく変動します。また、BTCペアで取引されるものが多く、BTC価格の上下に引きづられるケースがありますが、モナコインはJPY(日本円)ペアが大多数なため、リスク分散としても良さそうです。

冒頭に記した通り、モナコインはMonacoinprojectによって推進されていますが、XRPの大部分を所有しているリップル社のような存在ではなく、彼らはモナコインを保有していないと明言しています。モナコインの増加はマイニングのみとなっていますので、今後の価格の上昇はコミュニティの盛り上がりや、それによる利用の広がりにかかっていると言えます。