マルチシグベースで仮想通貨の送金管理ができる「GMO SigNeD」が提供開始

0
4

GMOシステムコンサルティングは、マルチシグベースで仮想通貨の送金管理ができるサービス「GMO SigNeD」の提供を開始しました。

GMO SigNeD」は、仮想通貨の送金を行いたい事業者専用のマルチシグアドレスを作成することで、そのアドレスを通じて行う仮想通貨の送金管理ができる特許出願中のサービスです。事業者とGMO SigNeDでマルチシグアドレスの秘密鍵を分散管理するため、仮想通貨の不正流失や誤送金、秘密鍵の紛失による凍結といったリスクを低減できます。現在、ビットコインの送金に対応しており、今後アルトコインへの対応も予定しています。

マルチシグアドレスは、GMOシステムコンサルティングが作成した秘密鍵1つと、事業者側で作成した1つ以上の秘密鍵を組み合わせて作成するとのこと。お互いの秘密鍵は共有せず、GMOシステムコンサルティングが作成した秘密鍵はGMO SigNeDサーバーで管理します。事業者側の管理が簡易でも、GMOシステムコンサルティングからは持ち出しすることはできません。

送金を行う場合は、事業者側の送金担当者がGMO SigNeDの送金アプリで送金先と送金額を指定するだけで、自動で送金情報(トランザクション)が作成され、GMO SigNeDに「送金申請」が登録されます。その後、事業者側の承認担当者は、GMO SigNeDの送金アプリで申請された送金情報を確認し、申請された送金の「承認」または「否認」を行います。この一連のフローは、GUI上での操作が可能です。

ワークフローは、単純化または厳密化するような細かな条件設定ができるとのこと。月の送金額の合計が一定金額以下の場合は「承認」を不要とするなどの設定が可能です。なお、マルチシグアドレスへの入金は、事業者が契約している取引所等のウォレットから行うことができます。