マイニングで本当に稼げるのか?現在のマイニング事情と今後の展望

0
40

仮想通貨を調べていると良く目にする「マイニング」とは一体何のことなのでしょうか?多くの仮想通貨は、「マイナー」と呼ばれる人たちが、ひとつひとつの取引の整合性があるかどうかを確かめながら仮想通貨の取引を助け合っているのです。私たちが送金などの「手数料」として払っているのはこの代金なのです。また、果たしてそれは、誰にでもそれはできるのでしょうか?マイニングについてご紹介します。

「マイナー」とは誰なのか?

仮想通貨は銀行や証券のように中心とする組織がなく、世界中に分散する個人や企業が「採掘」することで、生み出されています。よく仮想通貨業界で聞く「マイナー」とは、「採掘をする人」という意味です。なぜ金融なのに「採掘」なのか変な感じがしますが、世界的にこの作業を「マイニング」と呼ばれており、洒落やジョークを込めた言葉で日本語に直訳すると「採掘」となります。

この仮想通貨の「採掘作業」をしているマイナーたちは、特定の一箇所に集結して作業をしているのではもちろんありません。採掘作業とは、仮想通貨の取引が不正でないかどうかを調べる作業なのです。これはとても地道な作業ですが、不正がないと判断されると通貨が「採掘」されたということなります。またマイナーたちはこの作業をボランティアでやっているのではなく、送金する人たちから「手数料」を貰います。これが、マイナーたちの報酬になります。

今のようにビットコインが多くの人に取引される前は自宅の普通のパソコンを使って事足りていたマイニングですが、徐々にビットコインの時価総額も上がり仮想通貨取引をする人も増加してきたので、より高性能でスペックが高い高額なパソコンでないと対応しきれなくなりました。 その上、常にダウンロードする必要があり、パソコンの電源は24時間切ってはいけないというパソコンにとっても過酷な環境となります。とても安物のパソコンでは太刀打ちできません。

さらに日本を始めとする電気代の高い国では、スペックの高いパソコンを用意して電気をつけたままで作業をしても、それほど高い収入を得ることは不可能となりました。現在では日本においては個人でマイニングをする人はほとんどおらず、電気代が安くてパソコンを冷却する必要がない寒冷地などの海外企業がマイニングに参入するケースが大多数となりました。彼らは「リグ(=中身だけ)」と呼ばれる剥き出しのパソコンを何十台もラックに並べ、電源を24時間付けたままマイニング作業を事業として行っています。仮想通貨の特集番組や雑誌などでその様子を見た人も多いでしょう。

また、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)と呼ばれる、特定の通貨に特化したマイニングを行うための機器も登場しています。大々的にマイニングを行うとすると、こうしたASICを大量に並べて展開することになります。その分、投資金額も増える傾向になります。

中国のビットコイン向けASIC大手のBitmain社のASIC

「マイニング」の仕事内容とはどんなものか?

それではこの「マイニング」とは具体的にはどんなお仕事なのでしょうか?前述したように、マイニングとはビットコインなどの仮想通貨の「取引内容の確認」を行うことにより「報酬」を受け取ることができるものです。 最近ではお手軽にスマホのアプリでできるマイニングや、一般的なパソコンで出来るマイニングなども登場してきました。

もっともポピュラーな仮想通貨がビットコインのため、ビットコインを例に挙げてみます。 ビットコイン使われている技術はご存じ「ブロックチェーン」という技術です。よくブロックチェーンの図解で表されるように、一つ一つのブロックには取引内容の情報が書き込まれています。その取引が正しいかどうかが確かめられて、確認が取れるたびにもうひとつ新しくブロックが作られます。これらのブロックは古いものから順番にチェーンで繋がれており、新しく出来たブロックには一つ前のブロックの取引情報も書き込まれるしくみになっています。

「マイニング」作業のしくみは?

前述したブロックチェーンの一つ一つのブロックの内容には、数字とアルファベットの組み合わさった長い桁の羅列が使われますが、これは「ハッシュ関数」というれっきとした関数なのです。ただランダムに数字を打ち込んでいるように見えますが、前後のブロックの文字が1文字でも違うと整合性が合いません。これはその取引が不正であり、承認できないということを示しています。

マイニングはこの前後のブロックの関数の辻褄が合っているのかどうかを確認することを言います。それには高性能のパソコンをフル稼働して膨大な数の計算をしなくてはならないのです。 その確認作業をして手数料を貰うために、「私のパソコンをどうぞ計算に使ってください」とマイナーたちが待ち構えています。

そしてビットコインをはじめとした仮想通貨の取引が行われると、一斉に複雑な計算がはじまります。計算をいち早く終えた人が、12.5BTCを受け取る仕組みになっています。例えば1BTC=80万円の相場で計算すると、80万円×12.5BTC=875万円ほどを「手数料」として貰えるわけですから、ものすごい収入です。

しかしながら、複数いるマイナーの中で一番に計算を終えなくてはいけないこと、また一番に計算を終えたとしてもそれにかかる電気代や労力などのコストが見合うかなど、日本のように電気代や機器の代金を計算をしてみると割に合わないこともあります。 時価総額が増えてビットコインに投資をする人が増えた現在では、この計算を一番で終わらせることが出来て事業として成り立つような収入を得るには、とてつもなく高性能なマシンが何十台も必要となります。

そのため、企業ぐるみで高性能なパソコンを安く売っている台湾や香港に買い付けにくる人もいるそうです。 ビットコインが出始めのユーザーが少なかった頃には個人が家のPCでマイニング作業することも可能だったのですが、仮想通貨元年と呼ばれる2017年以降、爆発的にユーザーが増加した今では一個人のマイニング力ではほぼ事業として成り立たなくなっています。物価や電力料の安い中国や、かつてはオイルパワーで資金力があったものの今となってはさらなる新事業を模索しているサウジアラビア、寒冷地なので冷却施設を揃える必要がないアイルランドなど、自社の事業としてマイニングを行っている企業が参入しているケースが増えています。

GMO・DMM・SBIらが参入、仮想通貨のマイニング事業の現状とこれから

個人でのマイニングは本当にもう不可能なのか?

電気代が高く高性能なパソコンも高価な日本のような状況では、個人ではマイニングは難しいのでしょうか?高性能のパソコンを秋葉原に行って一式揃えてみたところで、諸外国に比べて蒸し暑い環境や電気代の高さから、日本ではすでにフル稼働のPCと冷却器を維持することができず、マイニングには向いていないと言われています。 ざっと計算しても、パソコンや冷却器の維持費が高くついて赤字になってしまうのが現状のようです。これではなんのために高性能のパソコンを買ってまでマイニングに参入するのか、その意味がわからなくなってしまいます。

まだ個人参入の余地がある仮想通貨のマイニング

アルトコインのマイニングはビットコインに比べるとなだ参入する人も少ないため、個人が参入できる余地があります。 まだマイナーが少ないアルトコインを狙い、さらにアルトコイン自体の将来的な値上がりがあれば、更に収益率は高くなります。目利き力が問われることになります。

クラウドマイニング

専門の知識や機材がなくても、「投資感覚」で参加できるものがあります。これはマイニングを事業としている企業に投資をし、コインを掘り当てた場合に配当金があてられるものです。 その投資方法が株式にも似ています。しかし、アルトコインの投資となるため相場の変動がジェットコースター並であり、肝心の投資をした企業の倒産など、懸念材料はまだまだ多いです。また信じられないことですが、中には顧客の投資したお金を持ち逃げし、連絡がつかなくなる企業もあるのも事実です。このように、まだ黎明期と言える仮想通貨にまつわるビジネスには不安定なところがあるのも否めません。

ASICでのマイニングを拒否する仮想通貨

マイニングが大規模に行われるようになると、仮想通貨のブロックチェーンを支えるパワーが少数のプレイヤーによって担われるという状態が起きます。ビットコインは中国でのマイニングのシェアが大きいと言われます。そして過半数のノードを独占するプレイヤーが現れると「51%攻撃」の懸念が起きることになります。51%攻撃とは、分散型台帳であるビットコインを特徴付ける、真正ノードを決定付けるアルゴリズムがより多くのノードが支持するものとする、という点を付いた攻撃です。

匿名性の高い仮想通貨であるモネロ(XMR)ではASICを大量に利用するような巨大なパワーにマイニングを独占されることは分散型で民主的な仮想通貨の理念に反するものであるとして、ASICでのマイニングを無効化するようなアップデートを継続的に行っていくと表明しています。

この流れは他の通貨にも広がりを見せており、個人でのマイニングや、マイニングに依存しないブロックチェーンの維持方法が注目を集めていくことも考えられます。

仮想通貨マイニングに特化した「ASIC」の特徴と懸念される点とは?

まとめ

ここでは「マイニング」に関しての概要や具体的な方法についてご紹介致しましたが、いかがだったでしょうか?アルトコインのマイニングであればまだまだ個人が普通のパソコンで参入する余地があるので、一度挑戦してみられてはいかがでしょうか?

漫画村での強制マイニングの概要とその仕組みとは?