ベラルーシ、仮想通貨セクターで事業を展開する企業に向け追加規則と保護措置を導入

0
78

ベラルーシのIT経済特区Hi-Tech Park(HTP)は、ベラルーシ政府が仮想通貨セクターで事業を展開する企業にとってより有利な規則を制定したと発表しました。

規則の制定は、仮想通貨ビジネスの世界で魅力的な地域の一つとしての位置付けを強化するために実施。行政命令第8号「デジタルエコノミーの開発について(On the Development of the Digital Economy)」を基盤に、追加規則と保護措置を導入しました。

ベラルーシはこれにより、仮想通貨とその関連ベンチャーに合わせて調整された世界初の専用の法的枠組みを有する国となり、トークンとスマートコントラクトのための法的地位や、仮想通貨のマイニング、保有、購入、販売、配布、交換に関連する事業運営を提供。ベラルーシでの仮想通貨関連ベンチャーの成長促進、不正行為や金融犯罪を防止する対策を確立します。

具体的な規則には、2023年まですべての仮想通貨取引とICOへの免税措置、クラス最高のマネーロンダリング防止とKYC(Know Your Customer:顧客確認)措置の導入、個人データを保護するために欧州連合(EU)一般データ保護規則(GDPR)と同レベルのデータ保護を保証する構造、適格従業員の雇用、厳しい財務安定基準の遵守等の一定の運営要件を満たすことなどが含まれています。

HTPは2005年に設立され、IT企業に有利な財務制度、法的制度を設けた経済特区です。行政命令第8号によって、HTPの法的枠組みが更新され、IT企業の大部分のVAT(付加価値税)と所得税が免除されています。