プライバシーを保護するブラウザ「Tenta」日本語版が公開

0
142

セキュアブラウザカンパニー「Tenta」は、次世代ブラウザ「Tenta」日本語版をGoogle Playにて公開しました。

Tenta」は、ユーザーのプライバシーを守ることに特化したウェブブラウザです。VPNと完全な情報の暗号化によって、ユーザーを保護するとのこと。仮想通貨イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービン氏のキャピタルファンド「ConsenSys Ventures(コンセンシス ベンチャーズ)」より非公開出資を受けて開発されました。

ユーザーの情報を収集して収益化を行なうのではなく、情報を保護するとのこと。グローバルネットワーク上で動作するビルトインのVPNブラウザを兼ね備え、デフォルトのユーザーエキスペリエンスを保護して情報を全て暗号化、送信中と保管中の両方のユーザデータを保護します。

セキュリティを高めるために、プライベートブラウジングのための閲覧情報とVPNネットワークという二つの構成要素を分散化。集合サーバにもユーザーの閲覧ヒストリーとパスワードキーが保管されず、ビルトインブラウザのVPNのロケーションへの接続、所有するVPNへの結束を選択できるとのことです。

Tentaについて同社CEOのジェシー・アダムス氏は、「全てのデータの暗号化、内蔵型VPN、TLS上でのDNS、広告ブロッカー、トラッキングブロッカー、HTTPS Everywhere、decentralized DNSやMetamask、RightMeshなど、いくつかのブロックチェーンプロトコルと関連サービスをサポートします」と述べています。