ブロックチェーン技術で不動産をデジタルトークン化する「VEstateプラットフォーム」が開発スタート

0
3

アルクスは、ブロックチェーン技術で不動産をデジタルトークン化する「VEstateプラットフォーム」の開発を10月22日より開始することを発表しました。

VEstateプラットフォーム」では、ブロックチェーン技術で不動産をデジタルトークン化し、低コストな分割所有とグローバルな取引ができます。発行するデジタルトークンは、ERC223規格に準拠する価値のトークン「VESTトークン」、ERC721規格に準拠する意思決定のトークン「APPTトークン」の2種類。APPTトークンを所有する多くのプレーヤーによって不動産の清算金を原資としたVESTトークンの買い戻しが決議され得ることで、VESTトークンが不動産の価値を帯びます。

APPTトークンに書き込まれるのは、不動産経営に関する主要な意思決定のログとなります。APPTトークンはブロックチェーン技術を活用し、分散保有されているため、改竄が現実的でなく、デジタルトークンの保有者に代わって不動産を運用する主体はAPPTトークンによって強力に統制されることになるとのことです。

デジタルトークンの販売で集まった資金は売上として認識され、売上によって利益が生じた際は、それを頭金とした不動産取得の借入を起こせます。これにより、レバレッジをVESTトークンに効かせることが可能です。