ブロックチェーン型ラーニングポートフォリオ「Joinny」を大学・大学院が採用

0
7

まつりばは、大阪大学大学院工学研究科とグロービス経営大学院の共同講座にて2018年10月より、ブロックチェーン型ラーニングポートフォリオ「Joinny(ジョイニー)」が採択されたことを発表しました。

Joinny」は、アクティブラーニング型の学びの深化を目的に開発されたブロックチェーン型のラーニングポートフォリオです。生徒本人の学びの振り返りの記録、生徒同士のピア・フィードバックをオンラインで記録・共有でき、その内容を踏まえて先生(学校)が修了書を発行できます。

授業が終わった後もオンラインにて、教員・ファシリテータが参加者のその後の活動にどう活用されたかを確認し、コメントをつけるなど評価・フィードバックすることができます。

ラインアップは、ラーニングポートフォリオとして目標や日々の活動を画像とともに記録できる学校・スクール向けの「Joinny for Learners」と、ポートフォリオ部分をOKR(目標・振り返り)に活用できる法人向けの「Joinny for Business」。

「Joinny for Learners」は、チーム内に共有が可能で、ピアフィードバックの内容もすべて個人のポートフォリオに蓄積されていきます。「Joinny for Learners」は、Joinnyメンターと1対1の専用メッセンジャーを通してチャットでメンタリングが受けられるとこのと。社外メンターの後方支援により、従業員のエンゲージメントを高めます。