ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」がモバイルウォレット「IndieSquare Wallet」で配信開始

0
3

IndieSquareは、セレスとグッドラックスリーが共同開発した仮想通貨イーサを扱ったブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」と提携し、初の国産Dappsゲームとして「IndieSquare Wallet」での配信を開始しました。

「くりぷ豚」は、豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配による新種の誕生やユーザー間での取引を楽しめるブロックチェーンゲームです。Dappsとして構築され、イーサリアムのブロックチェーンを活用しています。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、カウンターパーティー(XCP)の3種類の暗号通貨に対応するモバイルウォレットサービス「IndieSquare Wallet」では、2018年6月より配信されている同ゲームの配信を開始。IndieSquare Wallet上で配信することで、既に暗号通貨を持っている層だけでなく、これまで暗号通貨自体に興味がなかった層に興味を持ってもらうきっかけを作るとしています。

今回の提携により、IndieSquare Walletとくりぷ豚にて特別企画を予定しているとのこと。詳細は、決定後に告知される予定です。