【AirDrop】フリーランサーのための分散型エコシステムを作る「Blue Whale」(400BWX、所要時間3分)

0
31

Blue Whaleはフリーランサーのための分散型エコシステムを作ろうとするプロジェクトです。エアドロップでは400BWXが貰えます。所有時間は3分

働き方の多様化によって、一人の雇用者に雇われるのではなく、複数の仕事を持ったり、プロジェクトを掛け持ちするような働き方が一般化してきました。そうした中で、その働き手の評価や報酬を透明化し誰でもアクセス可能とすることで、より働き手に力を与えようとするものです。そのネイティブトークンがBWX(Blue Whale eXchange)です。

現在、BWXのエアドロップ(無償配布)が行われています。イーサリアムのウォレットアドレスを保持していれば、Telegramへの参加のみで貰えますので、是非チェックしてみてください。

エアドロップへの参加方法

ウェブサイトにアクセスして、エアドロップのためのフォームを記入します。

・名前
・メールアドレス
・ウォレットアドレス(ETH)
・Telegramのユーザー名

その後、Telegramのグループに参加するだけです。

Blue Whaleのロードマップ

2018年のQ2にはパブリックなトークンセールが行われる予定で、Q4にはアルファ版のサービスが米国、カナダ、シンガポール、日本でローンチする予定。

トークンは50%がトークンセールで販売され、20%をプロジェクトが保有、18%がコミュニティリザーブ、12%がチームとアドバイザーに配分されます。使用用途として、47%を開発に、20%を戦略的パートナーとの連携に、13%をマーケティングとビジネス開発、10%をグローバル展開に、10%をリザーブとする予定。

BWXのエアドロップに参加する