ビットコインを配布できるカード型コールドウォレット「Wodcaカード」サービス開始

0
330

ウォッカは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのトークンに対応したカード型コールドウォレット「Wodcaカード」の配布を開始し、サービスサイトを公開しました。

Wodcaカード」は、企業がイベント来場などのインセンティブとしてユーザーに配布できるキャンペーンツールです。ユーザーがWodcaカードをアクティベーションすると、インセンティブとしてビットコインやイーサリアムを受け取ることができます。なお、カード配布時点では、トークンがウォレットに入っていません。

アクティベーション後は、ビットコインやイーサリアムをWodcaが提供するアクションプランに参加・登録することで継続的に貯めることができます。カード配布後にユーザーと企業が繋がり、ユーザーに付与したウォレットアドレスをユーザーのコンタクト先と合わせて企業が取得できるため、継続的なコミュニケーションにより、インセンティブを追加付与していくことが可能です。

アクティベーションされたカードデータは、Wodcaのウェブサイト上で確認できます。所有するカード数が多くなっても、自分が保有しているトークンの一覧をWodcaウェブサイトにて確認可能です。

Wodcaカードの配布は、東京都内を中心に順次拡大していくとのこと。配布情報は、WodcaのTwitter、Facebookなどを通じて行ないます。