ビットコインから新たにハードフォークするBCCとは?

0
1768

NTPは、ハードフォークにより、ビットコインキャッシュ(BCH)が「Bitcoin ABC」と「Bitcion SV」に分裂したことを受け、ビットコインキャッシュクラシック(BCC)についての解説を公開しました。

ビットコインには、ビットコインネットワークの処理能力が制限されていることから、取引の拡大による未処理の取引が溜まり、平均処理速度が低下して処理手数料が高騰する「スケーラビリティ問題」が存在していました。

BCHは、この「スケーラビリティ問題」を解決させるために、ビットコインより2017年8月1日に初めてハードフォークされて誕生した通貨です。BCHは、容量の拡張、トランザクションの高速化、低い手数料を主な機能として有しています。

ハードフォークを経て誕生した「Bitcoin ABC」と「Bitcion SV」は、これまで1つのまとまりとして機能していたBCHがコミュニティ諸共に2つに分かれてしまったことを意味します。

このハードフォークによる騒動を受け、BCHが本来備えている容量の拡張やトランザクションの高速化、低い手数料といった機能の追求と、民主的なコミュニティ形成を目的に、ビットコインキャッシュクラシック(BCC)として、ビットコインからのハードフォークを目指す構想があります。

ビットコインからハードフォークしたBCHをはじめ、これまでハードフォークにより誕生した通貨を見ると、BCCはビットコインからハードフォークすることがわかります。2017年8月1日にBCHがビットコインからハードフォークしたブロックまで遡り、ハードフォークを実施するとのこと。

処理速度を比較した場合、BCCはビットコインABCの10倍、SVの5倍を誇ります。こうした機能を高い次元で備えることは、BCHの後継に成り得、市場でビットコインと競うことが可能となると考えられるとしています。