トッパンフォームズとZEROBILLBANKが協業…スマートコントラクトを活用した企業間の情報連携サービスを開発

0
53

トッパン・フォームズとZEROBILLBANK JAPAN(ZBB)は、トッパンフォームズのデータ流通プラットフォームとZBBのブロックチェーン、スマートコントラクトの技術を連携させた新しい情報連携サービスを共同開発すると発表しました。

共同開発するのは、ブロックチェーンの利便性を確保しつつ、パーソナルデータや機密情報を高いセキュリティ環境で保管・管理する企業間の情報連携サービスです。これまで煩雑だった契約手続きなどの効率化・自動化に貢献するスマートコントラクトを活用した仕組みとなります。

トッパンフォームズのデータ流通プラットフォーム、ZBBのブロックチェーンとスマートコントラクトをAPIとして使用できるプラットフォーム「ZBB CORE」という両社が提供するサービス基盤を連携し、開発を行うとのこと。PDS(パーソナルデータストア)とブロックチェーン技術の連携により透明性と信頼性の高いデータ流通を実現するほか、高度な暗号鍵技術を共同開発し、ID管理やデータ連携などができるプラットフォームを構築します。

今後、実証実験などを通じてデータ流通の安全性や実効性を検証し、サービスの提供を目指します。