コインチェック(Coincheck)で仮想通貨の取引履歴をダウンロードする方法

0
18

確定申告のシーズンを迎え、準備に追われている方も多いかもしれません。仮想通貨でも年間20万円以上の利益があれば申告し納税する義務があります。

仮想通貨で利益確定(利確)とみなされるのは、仮想通貨と日本円との交換、仮想通貨同士の売買、仮想通貨を使った商品購入など多岐に渡るのですが、特に仮想通貨同士の交換でも利確とみなされるという点で、頻繁に売買していた方にとっては計算が困難になります。

また、仮想通貨には取引所が複数あり、複数を使っている方にとっては、それらの取引を合算していく必要があり、それも難しいポイントなります。そのため、様々な計算ツールが用意されています。しかし計算ツールでは各取引所の履歴データが必要になります。ここでは代表的な取引所であるコインチェックから取引履歴をダウンロードする方法を紹介します。

仮想通貨の税金計算ツールおすすめ8選、それぞれの特徴をチェック 確定申告の心強い見方

コインチェックの取引履歴データ(csv)のダウンロード方法

コインチェックではCSVで取引履歴のデータをダウンロードすることができます。ただし、データは購入、売却など項目別に分かれているため、それぞれ入手する必要があります。

購入履歴のダウンロード

まずは購入履歴です。コインチェック販売所における、日本円での仮想通貨の購入の履歴はこちらから行います。「コインを買う」という画面を開きます。

画面の一番下までスクロールすると「コインの購入履歴」という場所があります。ここに、これまでの履歴が表示されています。

非常に分かりづらいのですが、右にあるアイコンをクリックするとCSVをダウンロードすることができます。ファイル名は「buys-年-月-日.csv」です。(ダウンロードする際にファイル名は変更しない事をオススメします。後述しますが、データ構成が購入と売却で同じになっていますので、ツール利用時にはファイル名を見ている可能性があります)

税金計算ツールを利用する場合は中身まで確認する必要はありませんが、CSVには以下のようなデータが含まれています。

左から取引ID、数量、合計金額、購入した通貨、元の通貨、状態、時間です。例えば、以下のキャプチャは

・12月1日にXRPを100円で100枚購入
・12月10日にXRPを200円で100枚購入

した際のデータです。

売却履歴のダウンロード

売却履歴のダウンロード

続いて売却履歴をダウンロードするには「コインを売る」https://coincheck.com/ja/sells というページを開きます。こちらも一番下までスクロールして、右にあるボタンからCSVファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロードしたファイルは「sells-年-月-日.csv」というものです。以下のような取引の場合の中身です。

・12月30日にXRPを250円で200枚売った

前述の購入履歴のデータと項目は変わりません。

クレジットカードでの購入履歴

コインチェックでは日本円を経由せず、クレジットカード払いで直接仮想通貨を購入できるようになっていました。ただし、現在は制限されており「クレジットカードで購入する」のページを開いても履歴を確認することができません。

現状ではクレジットカードの取引履歴は自力で作成するほかなさそうです。履歴自体は「ホーム」の一番下にある「最新のアクティビティ」という部分から確認できますので、クレジットカード購入と記載されている取引を入力していきましょう。

・12月1日に384.84XEM(ネム)
・12月1日に156.41XRP(リップル)

を購入していた場合を考えます。残念ながら、ここでは単価と総額が記載されていません。この場合、「取扱い通貨の終値一覧」を参照します。12月1日のXEMの終値は26.106円、XRPの終値は27.556円、だったようです。それぞれ購入価格は数量をかけて、10,046円、4310円だったようです。

CSVは以下のように書きます。

IDの欄は数字で適当に。Progressの部分はcompletedにしておきましょう。

ファイル名は「buys-2018-02-18.csv」などが良いでしょう。

ビットコイン取引所での約定履歴

コインチェックではアルトコインの販売所だけでなく、ビットコインの取引所も用意されています。こちらの履歴は「あなたの約定履歴」というページからチェックできます。

 

以上、コインチェックでの取引履歴のダウンロード方法でした。便利な仮想通貨の税金計算ツールは以下の記事も参照ください。

仮想通貨の税金計算ツールおすすめ8選、それぞれの特徴をチェック 確定申告の心強い見方